大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

てだまちゃん。 





みごとに曲がった大根が届きました。








野菜届いたよ、ありがとう と実家に連絡すると

大根折れてなかった? と。

それよりもよく折れずに土の中から掘れ出されましたね、この子。



写真の通り、少し体調崩し気味の次男坊が二重でかわい‥いとか言うと怒るから

かっちょいー。いうとこう。


土曜日に突然、

めずらしくお手玉で遊び始めたかと思うと


「俺のこと、外では名前で呼んでいいけど

 家では てだま名人って呼んで。」


と言いだしました。



…えー? 名人級にお手玉うまないし… 

よび…にくいなぁ…



試しに てだまチャーン と呼んでみたら


「ちゃんはつけるな!」


って怒られるし。



そうそう、てだまちゃん、

ちゃんと流行りに乗って

「ぺんぱいなっぽあっぽーぺーん!」

言うてお兄ちゃんとあそんではって

よくよく歌を聴いていたら


「あっぽーぺーん!あっぽーぺーん!!

 洋梨ーーー!!


ってアレンジ入ってました。




てだまちゃん てだまちゃん

いつも楽しい てだまちゃん♪






スポンサーサイト

青空市を終えて。 





ようちえんの秋の一大イベント、

青空市が終わりましたーーー!!



どーん!

















小人がいっぱいだどーーーーん!!


今年度は少人数だったのでいつも行き慣れているお山にて、野外の出店!

準備期間はほどよく忙しくも充実していて

当日はほのぼのとしていい時間でした。



長男の時から数えて

4年連続で関わったようちえんバザーの集大成が

「青空市」という形で締めくくれて、本当に良かったです。



少し寂しい気持ちもあるけれど

またこのエネルギーを何かに向けてがんばろう。



よし。











男子、米を炊く。 





長男にお願いしてもやってくれないので

つい、次男に頼んでしまう。




が、




気づいたら全員で作業を進めていた。














言うまでもなく

集まった方が

時間がかかる。




三人寄れば文殊の知恵





ならない場合もある。




関係ないけど

お下がりでもらったアディダスジャージを

ものすごく気に入っている次男が

笑ける。







大福的フュージョン 






夏休み中 よく見た光景。








…大福兄弟のフュージョン。









初プールはカチコッチーン。 





夏休みといえばプールでしょう。



まろさんはまだオムツぼうやなので入れませんが

レッツラドーン。













カチコッチーン。







なんやここは。

なんなんやここは。



お友達家族と一緒に行ったので

プール内で子どもたちと遊ぶ係とまろ係で手分けしてたんですが

まろ係いらないくらいカチコッチーン。


一時間くらいは日陰で固まって動きはりませんでした。


三時間たっぷり遊んでもうへっとへと。

来年の夏はオムツとってみんなで遊びたいねー!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。