大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

タッパウェア祭 





ずうっと欲しいと思っていたタッパウェア。


欲しい欲しい欲しい~っ!

と、思っていたら……






どどどーん!

ギャアーーー!!

頂いてしまったーーーーー!!




ご近所のAさん宅には

お祖母様から受け継いだというたくさんのレトロキッチン雑貨が保管されていて

この度、なんと大福屋の為だけにガレージセール(無料)を開催して下さったのです!!

もうアンティークショップ並の品揃え!

ほとんど未使用!

ありがたすぎてひざがガクガクしました……


ご覧下さいませ……









もうほんとにステキすぎるので、

いつかちゃんと飾ってあげたいです。




こちらもタッパウェアのもの。




カフェ用に頂きました。



ああ~。ニヤけるわ~。



おばあちゃま、Aさん、

ご縁合って我が家に嫁いできてくれたステキな子たちのこと

大事に大事にしますっ


ありがとう~♡






スポンサーサイト

モーニング551 





どーも。キヨシです。







見て見てこれー。

蓬莱のぶたまん~♡

ええやろー?

昨日お父ちゃんが大阪出張でな、おみやげにこうてきてくれてん。

お母ちゃんの大好物やねんて~。

お父ちゃん優しいわ~。



パカ!




ほら!

よっつもあるねんで~♡



おやつタイムまで待てませんので

モーニング551や~♡








あっ!にいちゃんっ!







ハフハフぱくり。








あ、共食い。





…って、だれがぶたまんやねん!

ノリツッコミはたこつくで!


ハフハフおいしわ~♡





ごちそうさまペロリ。

また早ようお父ちゃんの大阪出張あらへんかな~。





匠の壁掛けリンゴさん 





匠、悩んでいます。




こっちにしよかな~






あっちにしよかな~





匠の大事なリンゴさん、

なんと壁掛けになるそうで、この度このような姿に。




あれまー。あんよがとられちゃってまー。






そしてある朝、目覚めると壁掛かってました。


どーん。




…匠、本業のほうも超多忙やというのに

ど平日の夜中にせっせと壁掛けたご様子。

アッパレ。


「新しいやつ(もうすぐ発売)だともっと薄いんだけどな~。」

っていう匠の大きなひとりごとが聞こえたような気がしましたが、





空耳だな。うん。







まだキーボードとマウスを置く棚を設置していないので

「膝マウス」。チュー。





こちら「壁マウス」。チュー。




朝ごはんを食べ終わった匠は庭で一枚の板を拾ってきました。





ほっほう。

それがそうくるわけですか。



ほっほう。



ちなみに匠は食べるリンゴも大好物です。





紐で遊ぼう。 







以前、ようちえんのバザーで購入した組紐

遊んでますよ~。




先ずは定番、

おうち~。













こちらは新しい遊び。

唐突に息子たちからリクエスト。



「ライオンのしっぽして~」





















がおがおぶー!






ステキッチンへお引越し 







それは先週の火曜日の夜に突然始まった……






ステキッチンへお引越し!!





あ?

匠は何をかかえていらっしゃ…ああ。イスか。






ハイ、ではみなさん準備はいいですか。

匠の努力の成果をたっぷりとご覧下さい。





ビフォアアアアアア!!↓







アフタアアアアアアアアア!!↓







こちら朝です!!








こちら匠がめげそうになったつやつやフローリングです!!







ついつい写真もかざっちゃいます!!









おつかれさまっ!!




カフェ開業が近づいたっ!!








犯人はあいつだ。 









もうそろそろ柿の季節も終わりです。




が……、














犯人は黒い風貌のあいつだな。





食べるならちゃんと全部食べなさいよ。





残したらあかんわ。お母ちゃん怒るよ。











カベのお色直し 




匠、お次はリビングの壁のお色直しです。

スチームクリーナーで汚れを落としたら水性ステインで仕上げます。







水性ステインはオイルステインに比べると臭いが気になりません。





ビフォアア↓








アフタアア↓





うっふっふ。

しっとりつやつややろー?




え?弟子は全く手伝ってませんよ。

子守と飯炊きとキャメラとブログ係ですよ。

アハ−。あーいそがしー。



「しっとりつやつや」つながりで小話をひとつ。

乾燥が気になる季節になってから、

顔にぷつぷつがいっぱい出来たのでとにかくオイルを塗りたくってます。

ぺたぺたするのが嫌いで去年までは化粧水と乳液しか使ってませんでした。


でもそんなことは言ってられない。

乳液では追いつかない、そんなお肌の曲がり角。

もはやS字カーブ。



どなたかオススメのオイルがあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。





匠のアイアンアイデア 





まだまだステキにステキッチン!


匠のアイデアでアイアンフェンスをコンロ下収納スペースの扉にー!

こちらのアイアンフェンス、ヤフオクで3000円ほど。





ウー。サビ具合に心ときめくー。







先ず、よこっちょにニスを塗った木をネジネジ留めます。




ついでに匠のパーツコレクションをお披露目しましょ。

















ハイ、どのパーツにしますー?





コレコレ〜。ガショーン。




完成!ステキ!アッパレ匠!










いらっしゃ〜い。







山茶花、咲いた 






ふと、


裏庭で、











山茶花、咲いた。










白からピンクへとかわる花びら、ふわふわと真ん中の黄色。



誰が決めたんだかこんなウソみたいな花の色。



嗚呼。



たくさんの事が最初から決まっているのだな。



全てはだれかの筋書き通りなのだろな。







誰かの思惑通りだとしても、わたしはわたしで幸せですよ。



今日もいちにち、ありがとう。









男前コンロ 




ステキッチンに向けて妥協できなかったアイテム……

それは…




コンロー!!


どどどーん!!







リンナイの業務用二口コンロー!!LP専用ー!!


火力が強いので要注意ですが、めちゃくちゃ丈夫で長持ちらしいんですよ。


正直、実用的でちょっとかわゆいHOWAROさんにも心揺れていたので

かーなーりー、迷ったんですが、

ペンキ塗りが終わった時点で夫婦揃って「こりゃあもうリンナイだろう」と、決断。



いや〜、迷って迷ってリンナイさんで大正解でしたね!




……えーっと、

……もちろん使用感とかではなくて、



置いたときの見た目が。



オレンジのガスホースとか−、コンロはつまみだけありゃいいんだよっていう男前なところがー、




大好きデース。

末永くよろしくお願いしマース。




※業務用なので家庭で使用するのは自己責任です。
 我が家は底上げして防熱板などを設置する予定です。



和室わくわく 






お二階の和室の障子を開けると、目の前には大きな楓の木。

今まさに紅く染まる準備をしているところ。



揺れる木漏れ日が、早くこのお部屋に引っ越しておいでと誘っているようです。







誘われたら仕方ない。

乗るか反るか迷ったら、



乗りましょ。

さあさあお引っ越しー!


わくわく和室・ビフォアアア↓






アフタアアア↓どどーん。





そう、わくわく和室は子どもが木漏れ日の中で遊べるお部屋。








天井からきれいな布を垂らしたり

花や木や絵を飾ったり




これからがとても楽しみです。






ハハンガハンハン♪ハンガーバー 





ハハンガハンハン♪


ハハンガハンハン♪







ハンガーバー♪

こちらで購入~♪

真鍮のやつか銅のやつか悩んで悩んで…



あなたの落としたハンガーバーは金のハンガーバー?銀のハンガーバー?

それとも銅のハンガーバー?


んんんん…




銅ですっ!

銅にしてくださいっ!!








おおー♡






わあー♡



このピカピカから十円玉色への経年変化を楽しめるわけですね~


ああもう絶対リネンのキッチンクロス集めてまうやん♪



ハハンハン♪







ストールストーレン 





とにかく「首」を冷やさないようにするとよいそうです。

足首、手首、もちろん首も。







こちら庭師が巻き巻きしている青いストール、

ご存じなんでも舎で300円で購入した掘り出し物ですが薄手で軽いのにあったか〜。

春も秋ももちろん冬も大活躍で、ほんとに良い買い物だったのですが

大福夫婦はおしゃれ小物をシェアする方針。

ベルトもよく取り合いになりますが、

この青いストールに関しては夫婦仲に亀裂が入ってしまうほど。


これはもうちょっとお互いが譲歩出来る選択肢を増やさねばなるまい……と、

なんでも舎さんではないですが大倉山のリサイクルショップで見つけてきました。


どどん。



どや。これがほんまのゼブラ柄っちゅうやつや。



はい、こちらもどどん。



こちら「KENZO」の未使用新品で状態がよく、肌触りがすばらしいでーす。

肌触りも良いのですがとってもぬくいでーす。

でもケンゾーさんとか新品とかぬくいとかじゃなくて柄が好きでお買い上げでーす。

あ。リバーシブルで裏は緑っぽくてダンディでーす。


柄好き必見のお品をひとつ。どどん。




どや。柄のキテレツ具合にやられてこうてしもたわ。

実はこれ上下セットのスーツやねんど。

ひくやろ。




あ。こちらのキテレツスーツだけはなんでも舎さんで購入です。


さすが!








何か入ってます。 





子どもたちとお風呂に入っていたら



「お母しゃん…なんか…入ってるー。」



と、不安げな次男。








あなたが手にしてるのは世にも大事な袋でね、


その中に入ってるものは


それはそれは大切な大切なボールでね、


でもほら、ふたつもついてるから良かったね。



大事にね。









ふうん。


大事にするわー。








ステキッチン・その2 






ステキッチン、つづきですー。

ペンキ塗りまっせ!



先ずは匠がせっせとマスキング。








使用したペンキはこちらです。

白っぽいのだけど、ライムグリーンみたいな変な色。






なんとペンキ塗りは弟子と弟子その2で担当いたしましたっ。

弟子その3は昼寝してましたっ。







あら。弟子その2が現場監督風…

「ちゃんとやっとるか〜。」







ポー!!








でけた!!







ワオ!!キレイ!!


弟子の大変なんはこの一仕事終えた後に晩ごはん作らなあかんとこっすよ。

右手首がぷるぷるしてるのにーっ。


ああ…、でも…、

匠に出勤前平日大工アンド平日庭仕事をこなされたらぐうの音も出ないっす。

スイマセン。

まだまだ修行が足りないっす。



ぐう。





ステキッチン・その1 





始まりました、主婦の戦場、お台所。


ビフォアでございます。


どどん。





お二階の台所は収納スペースがばっちりなんでございますよー!

こんなにいらんわってくらいたっぷり入りまっせー!

しかし、上の戸棚はともかく、シンク下のベリベリはやっぱりかっちょ悪い。

扉の化粧板張り替える?扉ごと取っ替えて木目の板にしちゃう?


うーんうーんと考えた結果、弟子(嫁)のアイデアが採用されました。

名付けて「扉は取っ払ってシンク下を見せる収納で生かす」作戦。

めんどくせえから取っちゃえ!っていうなんとも弟子らしい荒療治な作戦。


よし、これでいってみよう!


先ずはお掃除。

換気扇という大ボスは既にやっつけたのであとは君の出番さ、

スチームクリーナー!

ブシュウウウウウ!!



ああー。あんたほんますごいわー。

匠とスチームクリーナーはベストパートナーやわー。



ハイ、取り外しました。



扉「ヒー!俺ら捨てられんのー!マジでー!
  
  今まで開けたり閉めたり、閉めたり開けたり頑張ってきたやんかー!

  このひとでなしー!」


…なんてね。ごめんね扉たち。

今後、なんらかの形で生かす方向を探してみるよ……



ハイ、ここも化粧板が浮いていたのでベリベリはがします。 






匠「やっぱり骨組みいいね…」



……あー。すんません、それ弟子にはわかんない世界っすわ。



こんなんついてましてん。




NAS……ナショナル??


ナント アッパレ 師匠??

師匠アッパレー。アッパレっす師匠−。





匠のオシゴト 




お二階リフォームばかりでほったらかされていたお庭さん。

久しぶりにすっきりです。

紫陽花がつんつるてーん。





うんしょうんしょ。庭師の本職ですからね、お願いします。







…しかし、

なんでもかんでも土日でこなす彼を「庭師」と呼ぶには

いささか失礼にあたるような気がいたします今日この頃……


これはもう某テレビ番組のあの称号で呼ぶしかないような気がします……

呼んでしまいましょう。



大福屋の「TA・KU・MI」と!!



匠、お庭の手入れが終わると

お二階のフローリングを例のスチームクリーナーでブシュウウウ!!!





キッチン周り、なんだか油汚れやホコリでねちゃねちゃ。

ちょいと裸足では歩きたくないきちゃないフローリングだったんですが…





ほらほらー!きれいになったやろー?!


余談ですがこのスチームクリーナー、匠は1Kにひとり暮らしの時に購入したらしいのですよ。

…1Kの1って畳やし、スチームクリーナー使うとこありませんやん。

おかしいですやん。お告げでもあったんかい。ぷっぷー。


いやしかし、今君はこうして輝いている……


見て見てこのご活躍っぷり!!

ごめんねごめんねー!そいつ使う時ないし捨てよとか言うてごめんねー!!


いずれは自分たちでフローリングの張り替えもやる予定ですが、今は予算外。

汚れを落としたら、ワックスでコーティングしましょう!


匠のワックステスト中。

ええ感じになるかしらねー。







…匠は二児のパパでもあります。







ちなみに匠の弟子…嫁ともいう…はお二階キッチンの換気扇を必死で掃除しましたが……




ビフォア写真取り忘れたああああ。この写真じゃ努力伝わり切らぬううう。

ものすごいぎとぎとのねちゃねちゃやったんやからああああ。

うわーん。



……弟子は所詮弟子でございます。


今朝、匠は庭の手入れと3平米ほどお二階のフローリングにワックスを塗るという

日曜大工の枠を超えて出勤前平日大工という偉業をなしとげていました。

平日は通常業務の家事と育児で精一杯の弟子はそりゃあもう感謝感謝なわけですが、

出勤前の少しの時間や、会社から帰ってきても必ず二階に駆け上がる匠の背中に



「わくわく」と大きく書いてあるように見える……。



し…師匠…、とっても楽しいんですね。







匠は今日も元気にサラリーマン。

見えない敵と戦ってます。




明るい家庭 




一階の生活ではほとんど蛍光灯を使用していないため、

二階のリビングの蛍光灯がそりゃあもう眩しくって。

目がチカチカしちゃう。


でもね、イケてるライトとは出会いなので

欲しいと思ってもなかなかすぐには手に入りませんよ。(庭師談)


じゃあ出会えるまではとりあえず電球だけ垂らそう!ってことで…

どどん。




パーツはそれぞれ仕入れて工作工作〜。



こんな風に垂らします。ぶらり。






ぶらり。







点灯!!






点灯!!





うんうん、やっぱりええね。白熱灯の明かり。


これで我が家のお二階も明るい家庭の仲間入りでございます。


ピカリ!




祈る。 




今日

大好きなともだちのお父さんが亡くなったという訃報が届いた。

わたしが独り身であればまちがいなく今夜新幹線で西に飛んだだろう。


飛んでも 何も出来ないけれど。


話で聞くだけで一度もお会いしたことはない彼女のお父さん。

それでも彼女を通していつもみていたお父さんの空気。


家族に見守られて静かに息を引き取られたそう。


最期の日に家族に見守られること、家族を見守ること

わたしもそうしたいし、そうなりたい。



祈る。

遠くでもここから。



彼女が柔らかなもので包まれるよう、

お父さまが澄んだ秋晴れの空と同じにゆけるよう。







いつぞやの梅を干してみた。 





梅シロップの残りの梅をずうっと冷蔵保存していたのですけれども

干してみました。

去年は梅ジャムにして超不評だったもので悩みに悩んで今頃…

干してみました。


どーん。






しわしわ。ドライフルーツみたいになればいいな。







二階の日当たりの良い場所に干していたら

子ども達に発見され



ぱくり。






ぱくり。






砂糖に漬かっていたわけだけど、梅は梅。

結構すっぱいよこれ〜。

それでもかぶりつく子鬼ども。

どうやらお気に召された様子。



そう。

そうかい。

うまいかい。



それならなんでもええわいな。






お薬バトル 




育児を通して学んだことのひとつに

「お医者さんが言うことが全て正しいわけではない。」

という項目があります。


それは生まれたばかりの長男の乳児湿疹があまりにも酷かったとき、

通っていた皮膚科の先生が言うことと

私が息子の様子を見ていて思うことが違ったときに意見をしたら

「そんなことは絶対にない。」と否定されて学んだこと。


その時からはお医者さんの言うことを鵜呑みにはせず、

「いつも見ている自分の母としての直感も信じること」

を大事にするようにしています。


お医者さんが処方した薬を塗るか塗らないか、

飲ませるか飲ませないかの最終決断はお母さんがしているということも

お医者さんに相談はするけど結局決めるのは私なんだと思い知らされました。


それでも長男の時はいろいろと初めてで恐かったし小児科に行く度に

渡される大量の薬をどこか躊躇しながらも飲ませていました。


「これくらいなら飲ませなくても大丈夫。」


そういった自信が持てるようになったのは次男が生まれてから。

出来るだけ薬は飲ませないようにしようと思ったのも次男が生まれてから。

助産院で出産したことが大きかったのかもしれません。


特別ではない、ただ、そういうこと。


どこかでつっかえてたものがするりと落ちてきて

この子達の体の流れに任せてみよう。と少しずつ思えるようになりました。

普段ちゃんと食べてる、運動している、寝ている、そして時々熱を出す。

ヒトも生き物だからそういう流れなんだ、だから大丈夫、と。

「これは本当にまずい」という時は迷わず直感に従えばいい、

…そんな「本当にまずい」という時に冷静でいられる自信はありませんけど。

…そうなる前に見定めるお母さん力を鍛えている最中でございますけれども。




前置きが大変長くなりましたが、そんなこんなでお薬バトルをしてきました。

先週のことです。

長男が熱を出し、下がった後も咳が怪しく続いていたので

近くの小児科に行ってきました。


時期も時期なので病院はとても混んでいて

「いつもの担当の先生じゃなければ早く診てもらえます。」と言われ

いつもとは違う先生に診てもらうことに。


これが運命の分かれ道でございました。


ひととおり、診察が終わってお薬の説明に。

「体重もあまり変わってないので前回喘息気味だったときと同じだけ出しときます。

 なくなったらまた来て下さい。止めるか止めないか迷ったらまたききに来て。」

は。なんで。今の症状とかとの兼ね合いはどないなっとるんでしょか。

「薬が欲しいって言ったじゃない。」

いや、そら言いましたけども咳がひどくなった時に拡張剤があれば安心かなというだけで

なんでシングレア(喘息を予防する薬)が必要なんですかね。

一昨年よりひどくないじゃないですか。


あまりにわたしが薬の内容に食いつくもんでものすごく怪訝な顔になっていかれる先生…

「なんなの?薬が欲しいんでしょ?」


コラ!聴診器あてて前のカルテ診て同じ薬だすんやったら誰でも出来るやないかっ!!

この忙しいのにうっとうしい保護者でえらいすいませんでしたねーっ!!




…なんて事はまあ言えませんし、

「…じゃあそれでいいです。」

しょぼんとしたお母ちゃんはまた大量のお薬を片手に「絶対飲ませねええ!!」と

心の中で叫びながら家路に着きましたとさ。



あ。その後自然食品のお店でのど飴を大人買いしちゃいました。

大根生姜のど飴とー、塩のど飴とー、かりんのど飴とー、

一番欲しかったれんこんののど飴を予約して帰りました。



世のお母さん方はいかにしてこの葛藤と闘っていらっしゃるんでしょうか。



ああ、今回のバトル、母は敗北感満載でございます…。

早く心から信頼出来るお医者さんを見つけないとだめですね。

ひでぶー。




畳屋さん 





2階の和室、畳をはがされつんつるてーん。








店舗の内装ならこのままでもなんとなく雰囲気ありますね。








近所の畳屋さんを訪ねたところ、

これまたぶっきらぼうだけど人情に厚いおじさま登場。

アフロ先生に続き、パンチパーマでご縁を感じました。

みなさん、くるくるヘアーには情が詰まっているんですよ、ええ。

ほらほら、庭師ももれなくくるくるでしょう?



……。




畳の張り替えって半日で終わるんですって。


朝、取りに来て夕方には届けてくれました。

そしておんぼろ増築部分の大工仕事も手際よくこなしてくれたおじさん。






おっちゃん、かっちょえー。







畳ってびっしょびっしょに濡らしてから張るんですって。

まだ少し乾ききってないところがあるらしいですが






どですかー!





キレイ〜

良い香り〜

早くごろごろしたいでーす。


おっちゃん、ありがとうっ。

また1階の和室の畳を張り替えるときもお願いします。


怪人メメ 





午前中のあたたかい日差しの中でごっこ遊び中の兄弟。

にゃんこのマオさんが居ると

もれなく怪人キャスト設定で繰り広げられます。


その名も「怪人メメ」。







「怪人メメ」。






庭師もわたしもよくわからないのですが

気づくとそう呼ばれていて

「怪人メメが来た!」「りょうかい!」「メメだー!!」

という具合に敵の設定でお話が作られていました。

呼ばれているだけで闘うことのない「メメ」。



心中いかに。

にゃー。





日曜はバザール 





庭師が漆喰を塗っていた頃、

わたしは子ども達と竹の子ようちえんのバザーに行ってきました。



ようちえんのバザーは今年で2回目の参加。

今回はどうしてもこの組紐が欲しくてっ。






どうです?

この後の人たちの事なんて微塵も考えていない買い占めっぷり。


竹の子ようちえんのバザーは一大イベントで

ようちえんで実際に使われているおもちゃを手作りして売ったり

子ども達が遊ぶスペースが用意してあったり

デコレーションもあったかい雰囲気でとーっても素敵なのです。


この一年間、ようちえんに来るたびにこの紐で遊びまくっていた兄弟。

今年は絶対バザーで紐買うぞー!!と意気込んでおりました。


うふん。満足。


おうち作るときにも必需品やし、電車ごっこにも、釣り竿にもなるすぐれもの。

想像力で遊び方は無限大。

しかもこのママ達による手作りの組紐は丈夫で色もやさしくてかわいい。

愛がこもっておるのです−。



そしてこれは完全に母の趣味で……





どんぐり袋ですって。


かわいいっ。






ピーターパンがウェンディにあげたやつみたいやん?

キューン!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。