大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ザリガニ釣りだワーイ。 





ザリガニ釣りにお誘い頂いた。


なかなか良いスポットがあるそうで、おチビたちでも釣れるそうだ。


おいおい、ザリガニ釣り?

ザリガニ釣りいうたら、道具から作るのが醍醐味だろう?








匠の工房からゴソゴソと針金やテープなどなどを。

台所から排水溝のところに着けるネットを。





ちょちょちょちょーーーいっ!


ホイッ!!






お母ちゃんがちいちゃい頃にはハンガー解体して作ったけど。

なかなか良い出来映えであるー。

お母ちゃんの経験上、ザリガニ釣りには大きい網よりもこのくらいのサイズがベストである。



自転車で行くのにでっかいバケツは持って行けぬ。

おお。ハロウィンにもろたお菓子ケースを持たせよう。

これならリュックに入るぞう。










えさは賞味期限が切れた煮干しと、

釣り竿は庭に生えてる棕櫚の枝をとってきて、

あとは糸があれば準備万端だ。







…………





天候にも恵まれ、手作り網も大活躍。

無事にザリガニ釣れまくったのだが、

いかんせんお母ちゃんのテンションが上がりすぎて





気づいたら周りに息子たちがいなかった。







あーーーー、

ザリガニ釣りってめっちゃおもろいわ!!






スポンサーサイト

ひどい母と優しい息子 






「今朝、突然ピザが食べたくなって焼いたの〜。良かったら食べて〜。」




突然ピザが食べたくなってすぐに焼いてみたりしてみたいものです。

すぐにピザが焼けるってすごいなあ……。

しかも超多忙なおっかさんやのに早朝からピザ……すごすぎる…。


というわけで、頂いたピザを食べやすいように4等分し、

今日は金曜日ですから、

例によってチューハイをグビグビ飲みながら晩ご飯の支度をしておりました。


おなかすいたからピザをつまんじゃえー!と

1枚食べたら美味しくって!

うっかり2枚目までぺろりっ!


食いしん坊代表の白玉くんはもう寝てしまったし、

残りの2枚はお母ちゃんと長男で食べちまおう!


(……4等分したのに庭師は初めからカウントから外されてます。)







そして夕飯の時間。

ひとりで遊んでいた長男がテーブルにやってきてピザを発見、大喜び。


「わ〜!ピザだーー!美味しそうーーー!

 あ〜〜〜、

 ほーちゃん(次男)にも食べさせてあげたいねえ〜!」







……………。








母、あなたの目がまっすぐ見られない…………






おっ…おっ…おおおおおまえはなんて優しい子だあああああよおおおおおおおっ

なんて兄弟愛だあああああよおおおおおうっ

それに比べてお母ちゃんはひどいやつだよおおおおおおおっ

なんて…なんて…なんて食い意地のはったずるいヤツなんだよおおおおおおおおうっ


あほうっ!このお母ちゃんのどあほうっ!!

息子を見習いなはれっ!!このっ!!このっ!!






……まあ、

目の前の優しい息子に感動しつつ、お皿にのっけた1枚も食べたんやけど。








お礼に紐を。 




今日、とてもうれしいことがありました。




「体調がとても悪いときに何にも食べられなくて、いただいた梅干しだけが食べられたの。」

 
そう言って、梅干しのお礼にこちらの手作り組紐をいただいたのです。







竹の子つながりの友達だったので「入園祝いも兼ねて」

わざわざ手作りして、届けてくれました。


こんな鮮やかな色の組紐はうちにはなかったので、子どもたち大喜び。

特に青色は取り合いです。

長男はカゴも気に入ったよう。



母は自分が作った梅干しが役立てたことがうれしくてうれしくて胸いっぱいでした。

ここ一年ほど、梅干し効果を自分で試せるほど体調をくずすことがなかったもので…



やっぱりすごいんやなあ、梅干しの力。先人の知恵。



今年は気持ちの余裕がないし、

漬けるのやめよかなあなんて思っていたのですが

俄然モチベーション上がりましたっ!






万病に効く大福屋梅干し、がんばって作るぞ!









バジルとトマトの冷製パスタ・2013 





バジルを植えるようになってから毎年作っています。



バジルとトマトの冷製パスタ。








先週の金曜日やったかな?

暑くて暑くて…

今年最初の冷製パスタとなりました。


オイルとニンニクとトマトとバジルと塩こしょうにちょっとコンソメ…

いつも適当にざかざか作ります。



適当に作っても美味しいのです。



まだまだトマトが旬のお味ではなかったけれど

こちらも初夏の定番大福屋レシピでございました。



ごっつぁん。






カモさん・2013 





どうも、カモさんの季節です。

去年は苗を買ってきてそれなりに収穫し、それなりに楽しみましたが、

今年のカモさんはちょっとすげえんだぞ。










わっさーーーーーーー!!







逆から、ハイ、わっさーーーーーー!!!!





おーひーさーまーーーーて、言うてはりますーーーー!!


庭師、今年は苗でなくて種を蒔いたそうで

大福畑はもうカモさんだらけーーー!!

アスパラとか埋もれてしもてるしーーー!!


もう、おっつかない、おっつかない、収穫なんて全然おっつかない!!


ネット調べによると、

カモさんはドライよりもフレッシュの方が香りが豊かだそうなので

贅沢にわっさーと摘んできて、フレッシュハーブティーにしましょう!





庭で順調に成長しているスペアミントも入れれば

なんだかとてもかわいらしいではないですか。


おー。

朝どれのフレッシュカモさん&ミントハーブティーで朝ごはんなんてなんと贅沢なー。



……幼稚園がお休みの日はこのくらいの心の余裕があるんです…。



残りは冷やして。





冷水を足して、キンキンに冷やして頂くと

とても美味しいフレーバーウォーターになりました。



これはいい!

夏場、とてもいい!!



種を蒔いてくれた庭師に感謝!

これだけたくさんあれば

初夏限定、カフェでも提供出来るカモ!!




万能ハッカ 





そろそろやつが出てきます。

やつですよ、やつ。


「蚊」ですよ。「蚊」。


あーーーー。やだねーーーー。

昨日の夜にもプインプイン飛び回ってうるさいったらかゆいったら!




さて、今年の虫除けはこれで行きまする。どどん。





ハッカーーーーー!!!!



50mlの水道水に5〜6滴のハッカ油を垂らして完成!!





エタノールを混ぜるレシピもありますが、もう、簡単に簡単に。

その代わり、水と油だけなので作ったら早めに使い切ります。



こちらブヨにもゴキブリにも効くのだとか!


消臭剤としても使えるのだとか!


夏はこのハッカ油をお風呂に垂らすと超爽快!だとか!



万能〜。



今年の夏は虫も暑さもこいつで乗り切るぜ。


たのむぜハッカ。

よろしくハッカ。









ハンチョリーナ大福屋 






ハハン♪ハハン♪

ハンチョリーナ大福屋でございます♪


こりゃどうもどうも!

今年度の町内会の班長に任命されました、大福屋の母でございます!

まこも会・第13班の班長です!

わーっパチパチパチ!

え?どうでもいいですか?!ワッハッハ!


先日は初めての班長会議でございました。

会議は近くのお寺の敷地内にあるお座敷で行われるんですが

このお寺、夜めっちゃ怖い。

外灯が少ない上に、森に覆われたお墓が雰囲気満点じゃわーい。

子ども中心の生活になってから夜出歩く事なんてそうそう無くなってしまったので

暗闇が怖いのなんのってもう…

か…かんべんしてくださいよ~。

と心の中で叫びつつ、行きも帰りも小走り気味だった母です…。


それはそうと、ご近所さんに顔見知りが増えるのはなんだか嬉しいです。

初めましての人はもちろん、

あー、このおっちゃん知ってるわ~。とか、

あー、このおばちゃんが会計してはったんか~。とか、

わー!この人町内会長さんやったんか!!とか。


そして、母が、この日一番びっくりした事実…

なんと…


外灯の維持費は町内会費から支払われていた!


えーーー!!横浜市じゃないんですかーーーー!!

税金からじゃないんですかーーーー!!


勉強になりますわーーー!

いやー、世の中知らないことばかりっ。

こんなに近くでも知らないことばかりっ。


今年度の町内会費は「いつも深夜帰宅の夫がお世話になっております。」と

心の中で呟きつつ、ありがたく、支払わせて頂きました。

ほんと、駅からひたすら山の中を通って帰ってくる夫…

外灯が一つ消えてても困ると思うんですよ…ヨヨヨ…

今の時期ならへびやでっけえひきがえるに遭遇することもありますから、

ううむ。とっても大事ですねっ。外灯はっ。

外灯が消えていたら直ちに班長までご連絡くださいませっ。


そんな大事な町内会費を集めて回っている最中なのですが

こんなに近くに住んでるのにみんなの顔って知らないもんなんだなあと…


うん。今班長を務める機会が回ってきて良かったです。





ウフフ。

このおちゃめな袋には班長の引き継ぎ資料一式が入っておるのですよ。

かわええやろ。


そういや2週間ほど前、

初めて大福屋スタートの回覧板を回したのですが、


まだ我が家に戻ってきません…。


ど…どこのお宅で止まってますか~??

外に出る度にご近所さんのポストを観察する日々です。





えっ!そんな!

何もあやしくありません!班長です!




かえるちゃん 






かえるちゃんが描けたよ と言うので見てみると












意外にもほんまにかえるちゃんだった。











おともだちにわたす「おてがみ」にはかえるちゃんばかり。



気づけば5月も下旬になっていて



そろそろ梅雨ですか。



かえるちゃんは旬ですか。



ケロケロリ。















はだかん坊ちゃま 





暑くなるとうちのお坊ちゃまたちは

お風呂上がりになかなかパジャマをお召しになりませんの。

オホホ。








おひとりはパズルに夢中だし

もうおひとかたはカメラを向けるとぷりけつでお逃げになりましたの。

オホホ。







ひとりでいくから。 




竹の子ようちえんは金曜日がお休みです。

そのかわりに隔週で土曜日の午前中に音楽の時間があります。







いつもは「お父さんと行く!お父さんとじゃなきゃ行かない!」とごねる長男ですが

現在お父さんはめちゃんこ忙しいお仕事の真っ最中。

日曜日もお仕事に行かなくちゃいけなくて、

土曜日は唯一のお休みだったので母が一緒に行くことに。


最初はお庭に咲いたラベンダーを先生に渡すことが出来たので

とってもご機嫌な長男でしたが

途中で遊びが自分の思うようにうまくいかなくなって、

この日は1ミリも母から離れず大変な土曜日となりました。

次男はお父さんとお家にいたので、

待ってましたと言わんばかりのお母さん独占甘えんぼちゃんタイムだったのです。


お母ちゃんはそりゃあもうぐったりでしたけど

長男は好きなように甘えられたので

帰りの車の中では「あー楽しかった!!」て、スッキリした顔で言うてました。

よう言うわ!!ってつっこんでしまいましたよお母ちゃんは。


今日もなんだかくっついたり離れたりで

離れたと思ったら「ぎゅうしてー」ってもどってきたり

週の真ん中で疲れてるのかな〜と思っていました。

わたしと2人で椅子と座布団で家を作って遊んでいたのですが

(長男とわたしの時間をつぶさないように気をつかってくれた先生が横で次男坊とじゃれていましたが。)

どうやら押し入れをお家にしている男の子グループが気になる様子。

最初はその男の子たちとままごとをして遊んでいたので

その遊びに戻りたくなったようです。

でも、こういう時になかなか言い出せない長男。

言い出したいのに言い出せない時もあるけれど

遠くから眺めて心の中で遊びに混ざっていて、

ひたすらそれを楽しんでいるときもある長男。


今回はどうやらもう一度混ざって遊びたいご様子。

「あっちであそびたい〜…」もじもじもじ…。

「いいよー。行こかー。」と手をとったら



「ううん。ひとりで行くからいい。」



長男はそう言って、わたしから離れてみんなに混ぜてもらいに行きました。

その瞬間、ああ、こういうことかもしれない。と思いました。



「自分がいていい世界」というのは

「あなたが好きだよ。大事だよ。ここにいてもいいんだよ。」と

言葉で言われても体には染みつかず、心にもとどまらないことで

子どもはずっと周りの大人を試しているかのように

「いつもそばにいるのか!受け止めてくれるんか!

 こんなんでもこんなんでもこんなんでも愛してくれるかー!」と

絶えずぶつかり稽古を挑んできます。


でもその受け止めてもらえた安心が自分の中にあればどこにでもいけるし

どんなつらいことがあってもまた立ち上がれるようになると思うのです。


「自分がいていい世界」……「自己肯定感」というのかな。


目には見えないけれど、

生きていく上での大事な大事な礎。

その大切な礎が少しずつ築かれている途中なんですね。




順調な今年の年中さん達、6月には待機解除という噂です。

ところが、

「あーやっとだわー。帰れるわー。」と気を抜くと

もれなくお子さまにお呼び出しされるそうで……。

竹の子お母ちゃんの先輩たちによると

「お母さんはいつでもずっとここにいるわよ〜!いつでも呼んでいいのよ〜!」

というアピールをお子さまにしつづけると良いそうです。


うっかりランチの予定とか入れちゃうと結構見抜かれるとか。




おおおおお子さま〜…お手柔らかに〜………。









チャイブの花 





去年の春から植えっぱなしのチャイブ……あさつきの花です。








かわいらしいので一週間ほど食卓の上に飾っていますが、全然しおれません。


さすがはハーブの一種。

とっても強いのですね。



ようちえんが始まったら毎日ほんとに慌ただしくて、一週間もあっという間。


なるべく朝はしゃきっと早起きして

庭の水やりをして 

きれいだなあと思ったら

朝ごはんの食卓にお花を飾るくらい心の余裕を持ちたいです。



昔のひとは心を亡くすと書いて「忙」と表しました。

忙しいと「心」はおいてけぼりになってしまいます。


忙しい時こそ深呼吸、わたし、わたし。

わたしは今日も元気です。

名前も知らないよくわからない大きな大きなものに



「ありがとうございます。」



わたしの心が健やかでなければ

忙しくする必要などないのですから。





母の新ワザ、夏期限定。 






いや〜。あついわ〜。



ぐう。





ようちえんでぐったり疲れて

自転車での帰宅でも疲れて

最後におねんねしてもたこのお方を坂の下から運んだら


もー…

もーーー…

もーーーーーーー

お母ちゃんはムリ!!!!


今日はもーーーー通常モードのお母ちゃん閉店ガラガラーーーー!!!!


まだまだお外は明るいですがっ!!

チューハイ開けさせていただきます!!!!

まだまだお仕事中の庭師にごめんなさい!!!!

そして全国のお母さんお疲れさまでーーーーす!!!!



ぐびぐびぐびーーーーーーー!

ヒャッハーーーーーーーーーーイ!



お酒も大分弱くなりましたから一本でなんだかよい気分〜

さっきまでの「もーーーーー全部ムリーーーー!!」な気分はどこへやら〜

ふわふわいい気分で夕食も作れるし〜

なんだか子どもたちにひっつかれなくてもお母ちゃんからひっつきたくなるし〜

何よりワルボウズたちの数々の悪事がどーでもよくなるし〜

アッハー。もーやってろやってろ。お母ちゃんはしらね〜ヨ〜っと。

ぺろぺろぷーーー。



これはもう 


ほら


あれや。



酔拳や。



暑くなってお母ちゃんは酔拳が使えるようになったわ。



どや。



すごいやろ。











徒然ようちえん奮闘記 





ようちえんでの出来事を書き残したいのですが

日々あまりに濃く、それぞれの親と子の出来事が深く、

先生との対話がドラマチックなので


一本のドキュメンタリー映画にでも仕上げて欲しいくらいです………。


なので、なかなか上手く言葉に表せません。

よしもとばななさんが同じ体験をして文章に書き記してくれたらええのにー。







それでも書けることは書いとこう。


最近のようちえんでの長男は匠の影響もあってか「家づくり」にはまっております。

ようちえんのお庭には古い板や古木がたくさん置いてあるのですが

それをなんとなく仕切って「ここがぼくのいえー」とかするんではなく、

土に埋めて柱をつくり、屋根をつくり、

最後にはフローリングを敷き詰めるという本格派お家づくりなのです。

もちろん大人も手伝わされるんですが、

先日はフローリング作りに没頭し始めたところで白玉くんが

おんぶだっこおんぶだっこおんぶったらだっこったらおんぶぶぶぶーーーーっ!!!だったので

(訳すと「ようちえんなんかいやじゃー!わしにかまえーー!!」みたいなところですか?)

近くの公園に逃げました。

母を独占した白玉くんは終始ご機嫌で、それはそれは和やかな時間を過ごしました。

小一時間ほど遊んでからようちえんにもどると、ちょうどお片付けの時間だったのですが

長男が「ぎゅうしてー!」と飛びついてきました。

「2人で公園いってたのー?どうしてー?」

白玉くんがうるさかったからちょっとお散歩してきたんだよー。ごめんね。

「お家ちゃんと作ったの見て欲しかったのにー。」




ドッキューーーンっ!



…かっ…かわいいっ!

こんなに素直に自分の気持ちを言う子だったっけか??!!

ひいいいいい!かわいい!!


その時は10分ほどひっついたら満足したようで、

またみんなや先生のところに戻っていきました。



甘えたり離れてみたり、

赤ちゃんにもどってみたり大人ぶってみたり、

行ったり来たり行ったり来たり、

先生にひっついて心のバランスをとったり、

ある時は友達をより所にし合ったり、

我慢したり、怒ったり、泣いたり、笑ったり、



子どもはほんとに柔軟で優しくて逞しくて 賢い です。







それから、


ずるいし やかましいし めんどくさいし 


おもしろい です。







お弁当の日々 






あれだけおそれていたお弁当生活ですが、なんとかやっております。

余裕がある日はこうして写真に残せたりもします。


























毎回おにぎりなのと、少し少なめの量はようちえんの決まりです。

もう少し慣れたらごはんは詰めるように、量も増やすよう言われます。



しかし旬やったとはいえイチゴ率高いなっ。



いやはやお弁当生活が始まって気づいたことがひとつありますねん。



結婚当初は節約節約〜と思って庭師弁当を作っていたんですけれど

次男が生まれてからあっぷあっぷしだしたわたしを見かねて

子ども達にお弁当作るようになるまで庭師弁当は一時中断しましょうという事になったのです。


ほんでもって、この春からお弁当生活を再開してみたらば!


みたらば!!


なんとっ! 


想像してたよりもあんまり大変じゃないのですよ!


なんだか冷蔵庫を開けたときに浮かぶお弁当用の副菜の脳内レパートリーが増えているのですよ!!


おおおお母ちゃん……お母ちゃん……主婦として成長しとるっ…?!

ぶるぶる…。


……いやまあ、まあね…、

実際写真に写ってるおかずはかぶってたりしてますし

手の込んだ物は作ってないんですけどもー……


ミエルさんのお手伝いをさせてもらったり、マクロビの本にハマったり、

カフェをやりたいと思い始めてから何かと新しいレシピに挑戦していたので、

なんだかいつのまにか副菜のレパートリーが増えとって

副菜のレパートリーが増えとるって事は

つまり



お弁当スキルが上がったってことですよーーー!!



テレレテッテレー♪

オカンのべんとうレベルが上がったー♪



そんな以前のかわいそうな内容のお弁当を知らないはずの長男ですが、

毎日ようちえんが終わると「お弁当おいしかったよ。」と言ってくれます。



………泣けます。



庭師にはムリヤリ言わせます。


嫁「なあなあお弁当おいしかった?」

庭師「うん。」

嫁「おいしかったやろ?」

庭師「うん。おいしかった。」


はい、言わせた。


嫁「お弁当生活にもどってどう?」

庭師「え。うーん。」

嫁「持って行くの重い?」

庭師「大丈夫。」

嫁「で、どうなん。」

庭師「え。楽だね。」

嫁「ああ。コンビニとかに買いにいかんでええから?」

庭師「うん。」


言って欲しい言葉が返ってこないのでこのへんで切り上げまひょ。


嫁「あのな。息子のように毎日ほめてくれなくていいから時々ほめたほうがうまくいくんやで?」

庭師「え。あ。うん。」



何かとほめとけば丸くおさまるというのにっ

転がせば転がるというのにっ

ちくしょうっ




そう思うと

息子たちはちゃんとお母さんが喜ぶ言葉をその時その時で選んだりしてるんだな、と……







………泣けます。











おさがりファッションショウ 





いとこのおにいちゃんにたくさんお洋服を頂きました。

ハフーン。ありがたやー。



お風呂上がりのワルボウズたち、

段ボールいっぱいのお洋服からお気に入りを物色しておりました。


どどん。





赤が好きな兄と青が好きな弟のそれぞれのお気に入りはこれ。

き…着たいというから着せてみたけど…

白玉くんの野球少年っぽいシャツはあきまへんわ…

腹がぱつんぱつんやでー……



着てみるー。

並べてみるー。








どんどん着てみるー。

どんどん並べてみるー。









………。







なんだか知らないけどいつの間にか青ズボンの取り合いに。


ううむ。

サイズ的には兄仕様なんですけどもー…。





譲らない弟もはいてみました。


兄「おなかが出てるよ。」





弟「(隠してから)出てないよ。」




アンポンターン の ポンポコリーン♪




黄金週間のトチギ物語 





ゴールデンなウィークの後半は

みんなで庭師のふるさとに帰郷しておりました。



お天気もすこぶるよく、庭師のおにいさん家族も集まってにぎやかにぎやか。

いとこのおにいちゃんおねえちゃんに遊んでもらってご満悦のワルボウズたちは、

じいじばあばのお家でお母ちゃんの雷も落ちにくくなっているのを悟り

やりたいほうだいですわ。



はー、やれやれ。どっこらせ。



二日目の朝でしたかね…、

家でなら御法度なので絶対しないんですけども

調子ぶっこいた次男坊がごはん中にどっかいっちゃいまして

とうとうお母ちゃんも堪忍袋の緒が切れまして

追っかけて襟首ひっつかまえて


「おい、今お母ちゃんのことなめてるやろ。お母ちゃんここでは怒らへん思とったら大間違いやぞ。」


って、耳元でささやいてみたらば、

すぐにテーブルに戻っていいこちゃんでごはん食べてました。テヘ。





………ああ……完全に脅している………

子育てしてるとどんどん口が悪くなる気がするけどこれが自分の本性なんやろうか…ぶるぶる……


だけどだけど優しい口調で怒ったところでやつらはうんともすんともーーーー!!!

次男坊なんてどんなにこわーい顔して叱ったってちっとも

ちいいいいいいいっとも懲りてませんからねっ!!!!

しゅーんとした顔して「ごめんなさいっ」とか「はいっ」ってすぐに言うけど

あのポンポコリンはほんっまに

ちいいいいいっとも

懲りてませんからねえええええええっ!!!!!



はー、やれやれ。どっこらせ。

えーっと、なんやっけ?

そうそう、お天気もすこぶる良かったので

近くのグリーンパークというところにもお弁当を持って遊びに行きました。















ほらほら、おもしろ自転車にワルボウズ兄弟ご満悦〜。

ここでカブトムシの形をした自転車を見つけた長男が発した歓喜の言葉が


「やべえ!」


だったことに心底驚きました。



えっ……え〜〜〜なんやねんそれ〜〜〜そんなんどこで覚えたんさ〜〜〜

いつのまにそんなイマドキの子なの〜〜〜〜?



なんていう母のとまどいは置いといて

おもしろ自転車のあとはみんなザリガニ釣りへ。



しかしながらひとりだけはしゃぎ疲れちゃったみたいで居残ったひとがこちらに。


どどん。






悪そやなー。




グリーンパーク、都会の方では考えられないくらいひろーい敷地でリーズナブルで

ゆったりのびのびしていて楽しかったです。


山がとおーくの方にしか見えないトチギの空は広いのですよー。

山陰生まれのわたしにはとてもとても開放的に感じられますー。



またみんなで行きたいわーーーーいわい☆






大福庭のとちおとめ 






庭師のふるさと、栃木から帰ってきたら


ななななんとっ!!




どどどんっ!!





いちごなってるーーーーーー!!!





ワルボウズにやられた方もちゃんと赤くなってるーーーー!!!!!






こちら、昨年植えてさっぱり諦めていた「とちおとめ」達。


味の方はあまり期待せずに採って食べてみたらちゃんと甘い!!


がんばって水やりをしていた子ども達もとても嬉しそうでした。





次に赤くなったいちごはお弁当に入れてあげようね。





舞い戻らなくなった長男 





ウィース。

今日も長男の……いや、母と子のようちえん奮闘記、続きます。



順調に舞い戻った長男はそれっきり舞い戻りません。

あの一度きり。

緊張しつつも少し慣れ、以前よりはリラックスして楽しんでいるようです。

「ようちえんでも、母は呼べば来てくれる」という安心感があるのでしょうか。


もちろんこれはうちのケースで

毎日ずっとお母さんと一緒の子もいるし、お弁当の時に呼ぶ子もいます。

当然、呼ばないで我慢している子もいますし、

もう今まで存分に出し切れて、今は先生に頼っているから

母は呼ばないかもという子もいるそうです。







先生曰く、長男はまだ出し切ってないから気長に待ちましょうとのこと。


待つのは覚悟の上ですが、問題は次男です。

お母さんたちでおしゃべりしながら待ってるのは単純に楽しいのですが

彼を連れて3時間近く待機部屋にいるのは結構な拷問。

なんたって次男坊はお兄ちゃんと遊びたくてしょうがないんですから。

わたしも1対1の子育てのしんどさを思い出さずにはいられません。

あ…兄よーもどってきておくれえー……というのが本音です。


でも、今日の父母会で

「しばらくお母さんは呼ばれないと思うから」

と、やっと明日から待ち時間に近くの公園で遊べるお許しが出ました。

やったー!

もちろんお呼びがかかればすぐに戻れる距離の公園ですが

次男坊の気持ちも少しはお兄ちゃんから離れるでしょう。

わたしの体もしがみつかれっぱなしよりはずっと楽!



ふう。



一男さってまた一男。

これから長男が平気でようちえんに身を置くようになったら

次男坊とふたりでどうしたらよいの。



ああ、いやまだ一男去ってへんけど。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。