大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

自給自足に焦がれて 




自家発電と平衡して勉強していかねばならないのがこちら。








こちらもお母ちゃんの知らぬ間に庭師がご注文。

土曜日の朝にア●ゾンさんがピンポンでした。

見つけた瞬間に中古で探すのも忘れて即買いしたそうです。


限りなく自然に近い状態から、雑草と呼ばれている草たちもそのまんま。

結果的に害虫や病気の被害が防げるので

農薬も肥料も必要ないという「自然農法」です。


だけどだけどね、

いくら自然農法やオーガニックで育てたと言っても

農薬を使用された土がもとの状態に戻るのには何年もかかるそうで……


今の日本に何も気にせずに種蒔きが出来る健康な土はどのくらい残っているんでしょうかー。

次の子孫を残せないようになっている野菜の種が当たり前になっていますが

そんな不自然なもの……食べてても大丈夫なんでしょうかー。

わたしの世代は大丈夫でも、子どもやその子どもは大丈夫なんでしょうかー。



庭師、くわをお買い上げ。





「これでおまえたちを食わせてやるぜ。」のポーズ。




がんばるニャス!









スポンサーサイト

お引越しとオモチャ会議 




さてさて、

すでに靴下ナシでは居られなくなってまいりました、

大福屋の1階フローリング。


さっさと暖かいお2階へ引っ越ししちゃいましょう。


お引越しといえば、要るものと要らないものを仕分けるよい機会。




どどーん。





廃棄処分のものも含めて、

リサイクル業者さんに引き取ってもらいます。

サヨナラ蛍光灯!!



要らない物もまとめたところでさくさくっとお引っ越し。

以前にも2階のリフォームが終わったときに画像を載せましたが

アイフォンで撮ったらいつもの一眼カメラよりも広い範囲が撮れたので

再び引っ越しお披露目ーーー!

























特にレイアウトは変わりませんが

カメラ違うといつもと違って広く見え……



…うーん…絵本とオモチャが増えたな……

サンタがやってくる前にスタメンとベンチ入りを子どもたちと会議せねばな……



残念ながらベンチ入りオモチャは1階の押し入れの奥深くにしまわれてしまいますが、

ちっちゃい赤ちゃんが来たり、お友だちがたくさん来たときなどには

監督からお呼びがかかるのです。



ちょっとトイ・ストーリーの世界を思い出してしまうけれど

本当に遊ばなくなったら、遊んでくれる誰かにもらわれていったらいいな……








ザッツ DNA 





ニャス。








髪が伸びると

ほんとにてっぺんがさびしく見えるから

髪を切れ髪を切れと

ちょっと庭師がイライラするくらい

言い続けておりました。




ようやくスッキリした庭師。

短くなったら頭の骨格がはっきり。




どう見ても長男のどアタマと同じ形がそこに。




遺伝ってすげえ。









どんぐり拾いと桜の木 





竹の子ようちえんバザー といえばどんぐり風呂にどんぐり詰め放題。



ぷっくりでっかいどんぐりが拾えるスポットは

竹の子で代々受け継がれてきたどんぐりマップに書き記されておりまして

今年はここのスポットだぜあそこはもう無いぜなんて教えてもらいつつ

母達が一生懸命拾い集めるのです。




ぷっくりどんぐりーーー。






子どもたちにも手伝ってもらって、

きゅぴん。




この子、最近カメラを向けるとかわい子ブリッ子なカオするんです。

なんでやろ。




すでに来年のバザーに向けても収穫が始まっております。




お山で剪定中だった立派な桜の木の枝、

危うく捨てられてしまうところだったのでもらってきました。


ここから上手に乾燥させるのがむつかしいんだって。


ちゃんと乾燥出来たら

シュタイナーではお馴染みの木の形をそのまま残した積み木の材料になります。

うまく乾きますように〜。




バザーの予約受付、締切が迫っております。

みなさん、お忘れ無きよう〜。ごきげんよう〜。






自家製のお味噌で 





朝と夕方

山の上は肌寒く、

温かいお味噌汁が欠かせなくなってきました。








年明けに霜焼けた手で仕込んだ自家製お味噌解禁です。



お味噌レシピはわたし考案のものではないけれど

「お母さんの味」になるといいな。




お風呂であったまってもすぐに湯冷めするようになってきて

長男が「早く2階に引っ越そうよう。」と言います。



明日あたり引っ越そうかお父ちゃん……



大福屋の冬支度、早々と始まっております。







お昼寝中です。 




誰も昼寝から起きてこないので、

どんどん大福屋物語書いちゃいます。



めったにふたり揃ってお昼寝しなくなったけど

こんなどんより空の日は別やね。


ぐうぐうぐう。





あ。

白玉の頭からぴょーんと飛び出てる緑の物体が気になりました?



「ちっちゃいワニくん」です。





ここんところ「くまさん」と「ちっちゃいワニくん」を離さない白玉くん。

寝るときは必ず2匹を抱きしめてふとんに入っています。


ウフフ…かわいいなあ……と思ったのは最初だけ……



「おかああさああんっ!!ちっちゃいワニくんがいないよおおお…!!」


抱きしめてるのなんか眠りに落ちるまでなので

夜中に突然泣いて起こされるのが日課になりましたとさ。トホホー…

これね、自分で探しなさーい。お母さん知らんよう。とか言っても無意味で

さっさと探して白玉に投げつけてやるのが一番こじれない方法です。

もちろんくまさんバージョンもありますよ。


「おかあああさああああん!!くまさんがいないよおおおお!!」


くまさんはね、割とおっきいからすぐ見つかるんですけどね、

ちっちゃいワニさんはもーふとんの隙間とかまくらの下とか窓のサッシのとことかにはさまってて…



もーー……


くくりつけて寝ろや!


お母ちゃん子育てで何がつらいって夜中に起こされるんが一番イヤじゃーーー!!




ふう……まだ起きてこんわー…コーヒーでも飲も。

ほなさいなら〜








冷蔵庫ハウマッチ 




写真が逆さまなのではなく、

コンセントの位置の都合でこんな状態ですが、









我が家の冷蔵庫がどんだけ電力を食ってお金がかかっているのか調査中なのです。


え? あ、ハイ。そうですそうです。

庭師の節電自由研究の一環です。

え? いやいや全くいつ注文したのか知らないです。

突然ア●ゾンがピンポン♪ですからいつものパターンです。


一般家庭の中では24時間つけっぱなしの冷蔵庫が一番電気を使うそうなので

電気の自給自足をする場合、

うちの冷蔵庫はどんだけ電気が必要なんやろかな?という調査なんです。


今は省エネ家電の発展が目覚ましいので、自家発電ライフに切り替えたとしても

そんなに節約節約と頑張らんでも普通に暮らせるようです。


オフグリッドの本、とても分かりやすくて面白かったので夫婦揃ってオススメです。


電気には限りがあること、カラクリがたくさんあること、

目をつぶらないで、次にどうするかを考えていきたいと思います。




スペーシーなアイツ 





今朝、

ゴミ捨てに行くときに踏んづけそうになったスペーシーなアイツ…



気がつくとこんなところに。





大嫌いだったモソニョロにも大分免疫がついたお母ちゃんですが

もうここまで奇抜な風貌だと気持ち悪いを通り越して関心してしまいますよね。


は…はじめまして!カカカカメラ…カメラ持ってきます!!

近くで撮ってもいいですか?!


って嬉しくなるくらい、ほんとに奇妙キテレツな格好ですわ〜。


なんで前から3番目までの足だけ茶色なんすか?!

その背中の角とお尻の角、イケてると思ってつけてるんですよね?!

いやー、下っ腹のラインなんかめっちゃオシャレですもーん。

そんでもってファー?!ちょっとだけツンツンしてますよね?!

こんなお茶目な格好でまさか毒をお持ちなのですか?!


………時間を忘れてしばらく観察してしまいました。



こんなに姿形違うのに、地球に生まれて、太陽がないとだめで、

わたしたち、一歩宇宙に出れば、ひとくくりですよ。


不思議やなーーー……




あ、K先生、明日お山でこの子の名前教えて下さい。




笛師 





昨晩、庭師と夫婦ゲンカしました。

庭師もお母ちゃんも、俺は、わたしは、悪くない!と言います。



………そんなこと言い合ってる限り、たぶんふたりとも悪いんだと思います。



え?なんでケンカしたかって?


庭師がとってもとってもおなかが空いてるって言って帰ったのに

帰宅と同時にお母ちゃんの見たいテレビが始まってしまったため

わかめうどんを一玉分しか出さなかったのがきっかけでこじれてもうたっていう……






……プッ…ぷぷぷぷっ



ギャハハハハ! 活字になるとおもろいな夫婦ゲンカ!


この『ごはんがあるからと言われて、いざ帰宅したらご期待に添えなかった』or

『庭師が帰宅した際にお母ちゃんが何かに夢中になっていて

めんどくせえな感をだしながら料理をしたのが傷ついた』パターンのいざこざは

もう結婚してから何度目かわかんないんですけどね。


ギャハハハハ!



さ!前置きはこのくらいにしましてー…


どどん!





これから何を作るかわかりますかー??



でっきるかな♪でっきるかな♪





じーーーーーーーーっ




でっきるかな♪でっきるかな♪





お母ちゃんが小学校時代に使っていた彫刻刀セットがここで役立つとはー。

ガリガリガーリ。




でっきるかな♪でっきるかな♪





じーーーーーーーーーーーーっ




できたーーーーーー!!!!ぴーーーーひょろろろっ!!!!







ぼくもぼくも。ぴーーーーーーひょろろろろっ!!!!






竹の子ようちえんの先生はいつでも縦笛を持っていて、

ささっと腰から取り出し、子どもたちのファンタジーに彩りを添えて下さいます。


それに憧れ、ずっと前から笛を作りたい作りたいと言っていた長男。

行きつけのホームセンターで丁度いい材料が見つからなくて困っていたのです。

ところが、季節は移り変わってホームセンターの商品も入れ替わり、

「ミニくまで」登場!!

これだ!!と閃いた「庭師」改め「笛師」がサササーッと仕上げました竹笛です。





ぴーーーーーひょろろろっ♪


一緒に笛吹いて仲直りでもしませんか〜♪











焚き火台デビュウ 





焚き火台 デビュウ。








焼き芋は焼き芋でも、じゃがいもです。



まだかニャー。









できたニャー。

バターがないのでマーガリンとおしょうゆをたらして…







ほっくほく。


この木の焦げた臭いがたまらないのです。


焚き火の残り香が、キャンプさながらでございました秋の入り口の夕暮れ。





ようちえんで十五夜 




なんだか久しぶりのようちえんネタですが、

2学期始まっても、とっても楽しく通っておりますよ。



今日は十五夜だからお団子作ったのですよ。






………ハッ!!白玉同士!!共食い!!


まあ、夏休み明けで白玉っていうほどでもないけど…。






きなことあんこ。



白玉くんはね、お昼ぐらいまでずううううっとようちえんの遊びに混ぜてもらって

それはそれは楽しいようちえんライフを送らせて頂いております。


お母ちゃんはね、白玉くんがようちえんに混ざって遊ぶもんだから

ずううううっと2階の別室で待機ライフを満喫しております。

バザーのお手伝いをしたり、本を読んだり、退屈はしません。

朝、ようちえんに行ったら長男が帰る時間までいなくてはいけないので

時間の拘束はしんどいのだけれど、それはそれはようちえんが大好きな白玉くん、

連れて帰る方が大仕事。

お兄ちゃんがいなくてつまんなくって

ずううっとお母ちゃんにまとわりついてくるよりはずううっと気楽なのです。


大好きな先生やお友だちとお兄ちゃん、そんでもってすぐにお母さんとこにも戻れる安心感、

………幸せもんだな、白玉よ。



話は変わりまして…、

この記事の写真、iPhone5で撮ったんでっす!

きれいだねきれいだねー!すごいねすごいねーーー!

今まで持っていたスマホがほんっまに使いづらくて

「なんじゃこのアッフォンはーーーー!!」言うてたんですけど、

iPhoneめっちゃ使いやすーーーい!

かしこーーい!スマートーー!!スマフォンスマフォーーン!


庭師の影響でリンゴさんのパソコンや

アイパッドを使っているから、アイコンや操作に慣れてしまっていたのですね。

しかもバリバリバンバン早いわ!

ストレスフリー!

もうすぐiPhoneの新しいやつが出るらしいけど

これ以上スマートなスマフォンてどんなんなんねやろ。おそろしー。




ふう…、そんな十五夜。

今夜の満月はほんとうにほんとうに綺麗です。





出店! ワモノヤトウキョウジョウさん 






ふらり大倉山散歩。

初来城してきました、 ワモノヤトウキョウジョウ さん。




どどん。







どどどん。






どんぴしゃ!!

ステキーーーーー!!


いきなりスイッチが入ったお母ちゃんは鼻息荒く

「七五三の着物無いッスかーーー?!」

……が、店主曰く時々七五三の衣装は出てくるが男の子の着物は数が少ないそう。


それでもステキだったので買おうかどうか迷っておりましたが……

着物以外の袴や雪駄、その他もろもろのオプションを考えると

どう考えても大福屋財務大臣・庭師の首が縦に振られることは無いので

ぐるんぐるん悩んで悩んで………断念しました。


ヨヨヨ……サヨナラリアルアンティーク七五三……




パカッ。





トウキョウジョウさん、ギャラリーも併設されていまーす。



そ・し・て、


大福屋営業担当・お母ちゃん、

トウキョウジョウさんをお福分け市に巻き込んでしまいましたよーーーー!!


なんとお福分け市に出店していただけることになりました!!

一番上の写真にあったようなリメイク足袋や、

ヴィンテージ布、食器、レトロ雑貨なども並ぶ予定!



ちょとちょとちょとーーー!

みなさーーーん、早い者勝ちですよーーー!




大福屋・秋のお福分け市、11月17日、朝11時OPENです!!

ハイ、今すぐカレンダーにメモって!!






カナカナさんと打合せ 





ご縁あってお福分け市に出店していただけることになった

エコと社会貢献を目指す子ども服屋、Kanak-Kanak さん。

打合せのために大福屋に来て頂きました。



Knak-Knak代表の村上さんはとても素敵な女性で、お母さんで、

初対面とは思えないほど話がはずみ、そりゃあもうぶうたれていた次男坊。



しかしこの日は幸いにも土曜日。

ぶうたれ次男坊は庭師に託され、

おかげでゆっくりとお話しできました。



こちらサンプルの子ども服です。

どどーーーん!






かわいくないっすかーーー?!

古布の裏地とかめっちゃかわいいーーー!

うっかり息子に着せちゃいそうだよーーー!


寄付で頂いた古布をボランティアデザイナーさんたちがリメイクし、

売上げは世界の子どもを守る活動へ寄付されるそうです。

ちなみにこちらのワンピースは2000円から3000円での販売予定です。



布小物もどどん。





大福屋にはルームシューズ必須〜!

ほしい〜!ほしい〜!

手縫いな感じがかわいい〜!


赤ちゃんサイズもあったらいいですねって話していたので

当日はサイズ違いがズラーっと並ぶかもです!

やべえ!想像しただけでかわいい!!


Kanak-Knakさんはリメイク商品以外にも

フェアトレードの食品や雑貨を取り扱っていらっしゃいます。

お福分け市でも何点かお願いしているのでお楽しみに!




村上さん、お忙しい中ありがとうございました!

生まれ変わった子ども服が届くのを楽しみにしていますね!












あこがれの焚き火台 








庭師、

何ヶ月も前から狙っていた焚き火台を購入。



どどん。






庭で剪定した枝を捨てるのがもったいないので

焚き火をするそうです。




台風一過

空気も乾いた秋晴れの空



……手始めに、焼き芋かな。






西の空へのおやすみなさい 





めずらしく

朝、昼、夕と

台風のニュースを気にして

テレビをつけたり消したりしていた。


朝のニュースを見てすぐに両親に連絡をすると

「避難しています。床上浸水してるから家は悲惨だと思う。」とのこと。

無事でホッとしたのと同時に、まさか! と、いう思い。

川の堤防は数年前に新しくなったばかりで以前よりも高さも幅もあり、

家も立ち退きで新しく立て直され、床下は1メートル以上ある。

不謹慎にも、実家のリビングに並んでいた「火の鳥」と「ブッダ」が頭に浮かび、

……心の中で嘆いた。


わたしの実家は福知山の由良川のそばなので

小さいころにも何度か川が氾濫した記憶があるが

夕方のテレビに映し出されていた空からの映像は

見たことのない村の状態で鳥肌がたった。


ちょうど稲刈りの時期、我が家にも新米がすでに届けられていた。

今年は今ある分しか食べられないかも知れないな、と思った。

自然の力なしにお米は育たないけれど

最後は自然にはかなわない。

こればかりはどうしようもない、しかたがない…みんな無事で何より…

でも

お百姓さんたちの気持ちを思うとやりきれない………


由良川以外にも鴨川、桂川、と馴染み深い川の名前が画面に並んで

どれも茶色く怒り狂って流れていた。

近くにはたくさん親しい人が住んでいる。


一日中そわそわしていたに違いない。

感じとった子どもたちがいつも以上にわがままを言ってみたり、

いつも以上にまとわりついてうっとうしく感じた。


ピリピリ怒ってごめんね。


わざわざ大変な時に連絡は出来なかったけれど

みんな、無事で、眠りについていますように、祈って……


おやすみなさい。







偏った読書の秋 







日が落ちるのも早くなり、秋の夜長には読書、読書。



庭師が次々に買っている本たち。






「電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへ」







「ぼくは都会のロビンソン」







「ぼくはお金を使わずに生きることにした」






内容偏ってるーーーーーー


下の2冊は先人ソローさんへの憧れが感じられますけれど、

庭師も森で暮らしたらムッキムッキになるんかな……

とりあえずいくらビール飲んでも中年太りとかは無縁そうだな……



「愉しい非電化」から始まりました、

わたしたち、大福屋の暮らし方を改めましょうよムードはこんな方向に突っ走っています。

どの本も面白いので、庭師と取り合って読んでいますが………




どうなることやら。




東京オリンピックのころには大福屋を売りとばしていたりして……?














新入り和机 





どっどどどーーーーん








のんびる9月号の大福屋インタビュー記事で

レトロ家具の募集をかけさせて頂いたところ、

「和机を引き取って下さいませんか」というご連絡が!


メールで画像を添付してもらったのですが、

見た瞬間どんぴしゃ和モダーーーーーン!!!!

大正ロマーーーンな香りがぷんぷんします!!

机の前に竹久夢二が座ってそーーー!!





鍵穴鍵穴鍵穴……へそくりし放題ですねー。

この和机、おもしろい作りになっておりまして、

天板と足の引き出しパーツが分かれるような仕組みなのです。

机の足の部分の天井板が両方とも一部分だけ引き板で、

なんとなんと隠し箱が入ってんですよ!!



…………



あっ!言っちゃった!!

もうへそくれない!!




Yさん、こんな素敵な和机、譲って頂いて本当にありがとうございましたーーー!!

早速「お福分け市」のカフェスペースに置かせて頂きまーーース!!






祭りだ祭りだ ワッショイショイ 




日曜日、町内会のお祭りがありました。

お母ちゃんはまこも会の13班の班長さんですから

前日の土曜日から大忙し。



同じ班のみなさんへのおまんじゅう配りも大事なお仕事なのです。







ぱかっ






紅白まんじゅう~。

庭師はいらないというのでワルボウズとお母ちゃんとでぺろっと食べちゃいました。

つぶあんとこしあんと、どっちも美味しいんです~。

引っ越してきたばっかりの時は、

当時の班長さんにいきなり「おまんじゅうです。」って手渡されて

「ありがとうございます……???」でしたけど。


お祭りって地域によって決まり事とか伝統とかあっておもしろいですよね。

ここらへんだと裏年があって本祭りは2年に一度とか

女は御輿担いだらあかんとか……キーッ 差別ー!…とはさすがに思いませんが。

伝統でのそういうルールはなんだか好きです。



当日も朝からお手伝い~。お母ちゃんがんばってるよ~。







お。ねじりはちまきでスタンバッているのは息子たちではないか。





あの山車をひっぱるんだーよー。



上にも乗っけてもらえたんだね。よかったね。







おやついっぱーいもろたー。







ぼくもいっぱーいもろたー。








庭師もビールもろた−。








お母ちゃん、おうちで昼休み中……って休めるかーい!!





のけのけーーーい!!



この後、庭師と子どもたちはお昼寝。

お母ちゃんは午後からのお手伝いと鉢洗い(打上げ)に参加して来ました。



最後はじゃあじゃあどしゃ降りの雨だったんだけど、めっちゃ楽しかったです。

町内会のイベントって班長とかにならないと

どういうものかさっぱりわからないまま過ごせてしまうから

引っ越してから早めにお仕事もらえた方がありがたいですね。

ご近所さんとも仲良くなれるし、

子どもたちの顔を覚えていてもらえたら防犯対策にもなるし。

小学校の帰りとか悪さ出来ませんし……やるだろけども。



家に帰るとお昼寝し終えてすっきりしたワルボウズたちが、

「お祭りまた行きたい!!」「お祭りもう終わったの?!」

と、子どもたちもとても楽しかった様子。

来年はないけれど、また再来年、みんなで参加しようね〜!



おつかれさまでしたっ!






取り急ぎ バザー告知!! 





どうも!

世間より一週間ほど遅れて2学期始まりまして!!


お母ちゃん、竹の子バザーの瓦版作んないといけないんですけど

締め切りが明後日だってことに昨日気づいて焦ってます。

アッホー。


竹の子ようちえんのバザーは10月の27日、日曜日!

予約制のため、こちらで詳細を確認して頂いてから、こっから申し込んで下さりませー。

予約締め切りは10月の2日でーす。

なんで予約制かというと竹の子ようちえんは普通の民家ですので

ご近所さんにご迷惑をかけないように、との配慮です。

苦情が来たらようちえん存続の危機ですから。

えらいこっちゃー。



ほしたらば

お祭りでてんやわんやだった土日や、

息子たちの京都なまりの話や、

大倉山のアンティーク着物やさんとお知り合いになれた話は……また今度!





久しぶりにフォトショップ開くぜペンタブ使うぜがんばるぜー。


ほな!







遊び紐でけました。 




竹の子ようちえんのバザーのお品もの。

編み物は苦手ですが、先輩お母さんたちに教えてもらって

この夏休みの間に2本の遊び紐が完成しました。  


……すくなっ!

……ごめんなさい…。



どどん。





このあと、先生に検品してもらってからめでたくバザーに出品されるのですが

検品はなかなかキビシイらしいので…合格するかなー……するといいなー…




夏休み、今日で終わりです。

土曜と日曜も夏休みだけど、町内会のお祭りで忙しくなる予定なので

お母ちゃんの夏休みは今日が最後です。

絵本読んだりごろごろしたり

白玉が寝てるすきに長男と2人でおやつタイムしたり

ベーグル屋さんまでお散歩したり………



夕焼け小焼け眺めながら

いい夏休みだったなあーと振り返っていました。



一方、夏休みとは縁遠いまま秋をむかえようとしている庭師。

ありがとう。

いい夏休みでした。





ゆこゆこ食堂さんと。 





竹の子ようちえんの同級生のお母さんのお友だちが紹介してくれました。

ゆこゆこ食堂のゆう子さん。

アジアンなローフードをメインに二子玉川近辺で活動されています。


ローフードって非電化カフェにつながるんじゃあ?!という安易な発想のもと、

ご縁あって「お福分け市」にもローフードを提供して下さることになりました。

こちらは先日の打合せで持ってきて下さったお料理のスケッチです。







元デザイナーさんというゆう子せんせ。

さらさらと描かれた絵が上手いだけやなくてオサレーーー!ステキーーー!



この日はローフードスウィーツとローフードおつまみの試食もさせていただいたのですが

ものすっごく美味しくて予想外にちょぴっとオトナ味…ウフン…。

大福屋提供予定のホットコーヒーやホットワインとぴったり合うかも合うかも……



こんな食べ方もあるんだなー!おいしいなー!と、

みなさんにも楽しんで頂けるよう準備していきますので

楽しみにしていて下さいましーーー!







レコードを聴いてみよう。 




悲しいニュースが続いていて

ピーター・ポール&マリーの

「Where Have All the Flowers Gone」が聴きたくなって

レコードプレーヤーを引っ張り出しました。


母のおさがりです。





数年前までは現役で活躍していたのだけれど、

正しい回転数ではなくなってしまって押し入れにしまわれていました。





そうよ、DJ。それを聴かせてちょうだい。

ちょっとヘンな音でも45回転でまわしてちょうだい。





もちろんレコードもほとんどがおさがりですが、大事にしています。

なんだかめずらしいもんだから、大人しく聴いているDJ長男と、

うどんをすする白玉くん。









次の朝も、「おんがくききたい。」というDJと、

いつまでも朝ごはんを食べる白玉くん。





やっぱり人気の「七ひきの子やぎ」。

お母ちゃんも小さいときによく聴いたよこれー。





ぺらっぺらのおまけレコードだったため、キズだらけでボロボロ。

お話が一番盛り上がるところで

「おおかみのおなかが…おおかみのおなかが…おおかみのおなかが……(エンドレス)」

という自動スクラッチが入り、ちゃんと針を移動させてあげないとお話が進みません。

それでもお母ちゃんの読み聞かせの時よりも真剣に聴いておりました。


……チェッ。








「Where Have All the Flowers Gone」は


花は乙女のもとへ 乙女は夫のもとへ

夫は兵士になり 兵士は荒野に没し

そして荒野には再び花が……


ヒトの繰り返す戦争への皮肉とも思われる内容のフォークソングです。


誰かが大きな利益を欲しがる限り、世界のどこかで戦は繰り返されてきました。

今はもう世界がつながっているので、地球の裏側の誰かの利益に荷担しているのは

私たち消費者だと知って……ショックでした。

今は私も戦の火種の一部なんです。


自分に繋がっていると知ってしまったら

今の生活の矛盾をひとつずつ減らしていかないと……と思いつつも

どうしたらいいんだろうと動けずにいます。

子どもに対して後ろめたさを感じながら死にたくはないのだけれど。




戦火のあとの荒野に

花が広がることもないほどの戦争の道具が

世界にどれくらいあるのでしょうか。




それとも

いくらもがいても

かみさまのすじがきどおりでしょうか。




ピーターさん、ポールさん、マリーねえさん、

お母ちゃんはどうしたらいいんでしょうか………






贅沢な朝ごはん・パン編 





お気に入りのホシノ天然酵母パンを厚切りにして

トマトをスライスして並べて

お隣さんがお取り寄せしているという激うまモツァレラチーズをのせて

トースターで約3分、チーズがとろけたら取り出して

最後に生ハムをのせてちょこっと塩こしょう。








バジルものせたかったところだけど、

残念ながらもう時期を過ぎてしまったので。



それでもおいしい。

とってもおいしい。

ああおいしい。

ああしあわせ。






それでは今日もいってきます、いってらっしゃい。

いってらっしゃい、きをつけて。







タンスツリー 





ある朝、

お母ちゃんがバタバタとお洗濯したり、お掃除したりしていたら

「ねえねえねえ〜」と庭師の呼ぶ声。



お酒も入っていないのに

朝っぱらからそんな陽気なテンションでお母ちゃんに声をかけるなんて

悪い予感しかしない……。



とりあえず呼ばれた方に行ってみると、




どどん。








………庭に転がってた木をタンスにさしてみたらしい。





なんかかわいいから

今年はこのタンスから生えた木をクリスマスツリーにしよっか。







非電化のススメ 





夏の終わり、

庭師の提案で

我が家の電気

40アンペアから30アンペアに下げました。









省エネとか、生ぬるいこと言っててもあきまへん。

日本中の一般家庭がオール電化とかになってもたら

原発はもっともっと増やさんとあきまへん。



NO NUKES と言うからにはどうしたら原発なしで

電力会社に頼らずに生きていくか、考え方をかえんとあきまへん。



「非電化生活」



「不便」というのは「不幸」にはつながりまへん。



自分とこの電気は自分とこで。

掃除機をほうきに、炊飯器をごはん釜とおひつに。

パソコンは晴れた時だけ……

そんな話で盛り上がっております。




喫茶大福屋を「愉しい非電化カフェ」へ計画、始動!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。