大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

河川敷ノスタルジー 





幼稚園への通学途中の河川敷はいつでもノスタルジック。









幼少期は川のすぐそばの家で育ったし

思春期を過ごした家からの通学路には綺麗な河川敷があった。



自転車と河川敷はいつもワンセットでついてきて

なんだかもう儀式っぽい感じだ。

車の運転が苦手なこともあるけれど、

通学というとこの組み合わせがしっくりくるから

出来るだけ自転車で通いたい。



どれだけ慌ただしく家を出ても

河川敷をちゃりちゃりこいでいると呼吸が整ってきて

幸福感でいっぱいになる。









河川敷のそばには春夏秋冬色んな植物が自生していて

こんな宝石がフェンスに絡まっていたりする。

お父さんが作ったリースにぐるぐる巻き付けたら素敵になるんじゃない?









鳥だね。


新幹線だね。


魚釣ってるね。


飛行機雲だね。




そんなことを言い合いながら毎日毎日みんなで幼稚園に通ったこと

たぶんすぐに忘れて生意気な年頃に突入してしまうんだろうけど

君たちが子どもを育てるようになったら嫌でも思い出すと思うんだよ。








スポンサーサイト

大福一家のママチャリ事情 





どもー。











衝撃的なことに

我が家のママチャリはノンアシストです人力です。

山の上に住んでいるというのにノンアシストです人力です。

非電化ライフに憧れる以前に購入したというのにノンアシストです人力です。


なぜって気に入ったママチャリがノンアシストだったからです。

(今は同じモデルでアシスト付きも販売されています。)




ヒトは文明が進化するにつれて退化するといいますが

並サイズの5歳児と大サイズの3歳児を乗せて坂を立ちこぎする時には


お母ちゃんの肉体の進化を感じられずにはいられません。


増え続けるアッパラパーたちの体重と比例して成長を遂げているお母ちゃんの脚力に拍手を!!

子育てはスタミナ勝負ですから!!


アシストママチャリが当たり前の昨今ですが、

レッツ非電化!

ノンアシストで全国のお母ちゃんのスタミナ強化!

あなたのポテンシャル信じてみませんか?!











…………えーーーと、別にそんなことを書きたかったわけではなくー……うーん?






くま!

そうそう、くまくま!

白玉はくまさん背負って幼稚園に通ってまーす♡









がまんできる子できない子 




長男が

「お弁当にデザートつけないで。」

と、言い出しまして

「え? これからはもう果物いらないの? どうしたん?」

と、母が聞きましたところ

「おなかこわすからもういいの。」

だそう。



確かにゆるくなりがちな長男のおなか。

幼稚園でも度々おなかをこわすことがあったのは知っていました。

母は長男のお弁当にはあまり果物は持たせたくなかったのですが、

本人たっての希望で小さな小さな入れ物に入れて毎日持たせていました。



寒くなってきたからでしょうか。

あんなに毎日毎日楽しみにしていたのに、

突然のデザート要らない宣言。



先生に何かきっかけがあったんでしょうかと訪ねると

「おなかがゆるくなるからーと言っていました。」

あら、家で言ってたことと同じ。

自分の経験から学んだということかしら。

「でも、隣のお友だちのお弁当の果物をじーーーーっと欲しそうに眺めていて

 ひとつ分けてあげたらと言ってその子が分けてあげても

 『ううん。おなかこわしちゃうからいい。』って断るんです。」


だそう。



………5歳にもならないどっちかっていうと食べるのが大好きな少年が

大好物を目の前にして我慢できるってすごいな………


こういうストイックなとこは庭師のDNAか………?


庭師もおなかピーピーやニキビになるので牛乳や卵は食べないのです。

味は決して嫌いじゃないのに食べない。


良い風に考えれば長男や庭師の体は

『要らない物は全部出す』っていう仕組みなんですよね。

君たちお腹が弱い人たちーって思っていたけれど、

実は胃腸が強くてセンサーが敏感で高性能なわけです。

オートマティック デトックス ボディ。

ワオ。ブラボー。




…………





イエーイ!!

俺たちぜんぜんおなか壊さないぜーーーーー!!







おそらく体が丈夫な分、鈍感な胃腸をお持ちのおふたり。





そして、



間違いなく大好物を目の前にしたら我慢出来るはずのないおふたり。














ついに俺たちアレ買うてもろたー! 




ピコピコピコピコーーー








ええーーーー!!??

ついにPSPーーーーーー!!??

竹の子ではサタンのおもちゃと呼ばれているがーーーー!!??




まさか。






形はPSPでございますが、

中身は昔から良くある水中輪投げゲームでございます。


お福分け市でお手伝いを頑張ってくれたご褒美に

百均で食いついて離れなかったこちらをお買い上げ。

なんでもない日にお母ちゃんがおもちゃ買うてくれるなんて槍が降るでーーー!

っていうくらい喜んで、抱きかかえて一緒に寝てました。


兄の方はゲーム機に憧れがあったのか

「まだごはん出来ねーの? じゃあおれゲームやっとくわ。」

って…、口調変わっとるやんけ!


なんだか『ゲームをやってる「おれ」かっこいい』みたいなのがあるようで

ゲームしながらめっちゃ違和感のあるかっこつけかたするんです。





輪投げやのに!!





ピコピコピコピコーーー!












本格的に粘土 






信楽焼に使われる粘土は

シュタイナーの教育芸術でも使われます。



油の入っていない「土」なので

大人が触っていても本当に気持ちいいもの。



こねこねこねこね。





























小さな手が一生懸命動いて

土の造形が変わっていくのは


宇宙とつながっているようで 神秘的。









おひさまたんけんたい 






先日、ずうっと行ってみたかった「おひさまたんけんたい」に行ってきました。









おりがみ大先生・Nくんの前で固まる兄弟。


「おひさまたんけんたい」というのは地域のお母さんたち主催の

月に一回公園で遊びましょうという集いなのですが

この日は地域の子育て支援室「どろっぷ」との共同企画で

子ども服の交換会も開かれていました。


今年度はミエルさんで知り合ったお友だちママ・Kちゃんが企画していて

一度行ってみたいと思っていたのですー。


Kちゃんはこれ以外にもとても精力的に活動されていて

ミエルさんでも月1で「朝活カフェ」を開いていたり

なんと出産直後に一級建築士の資格も取ったというツワモノ……そして美女……

なぜかわたしが知り合う大倉山の美女たちはがんばりやさんでパワフルな人が多いのです。

お母ちゃんたちが元気な町はいい町だ。うんうん。






12時になるとパン屋さんが来てくれたり、有機野菜の販売があったり……盛りだくさん〜!

「喫茶大福屋」さんも飲み物出店しない?と以前からお声がけしてもらってますが

いつも竹の子ようちえんのお山の活動日とかぶっていて行けないのですよね……ゴメン。



それにしても天気が良くて気持ちのいい日でした!

最初は緊張していた子どもたちも最後は笑顔で走り回る回る〜。

新しいところに足を運ぶとたくさんの発見があって

前進するエネルギーに変換されますね。



Kちゃん、また今度カフェの内装についてゆっくり相談させてくださいましね〜!


どもどもありがとう!!









おれおれ。 







朝、

一番日当たりのいい場所でコーヒーを愉しんでいたら











おれもおれも。


あ。おれもおれも。




近頃長男が「おれ」とか言う。

わざわざ言い直して「おれはー、」とか言う。



「おれって誰やの。なんでおれって言うん?」と聞いてみたら

「だってかっこいいもん。」とか言う。





こんなにひっつきべそなくせに可愛いやつめ。













お福分けた1日~おもったこと~ 








今日もピクミンズサービスに精を出したわお母ちゃん。

最後は遊び疲れすぎたピクミンズが

うだうだと晩ご飯にいちゃもんつけまくってきやがったから

雷落としまくってやったけどなっ!!


もうお弁当もごはんも作らん!お父ちゃんに作ってもらえ!!

晩飯食わんと出てけーーーーー!!

ってな雷をな。落としまくってやったよ。へっ。

※大福家族ではごはん関連が一番きつく叱られます。
 胸ぐらつかんで「じいちゃんが作った米やどーーーー!!」とかよくあります。



そしたらピクミン兄はへこへこと

「おいしいよおいしいよ!お母さんおいしいよ!ほらほら全部食べれちゃうよ!」

って食べたけどな。

ごますりまくりで余計に腹立つけどな。

ほんなら最初っからおいしいっつって食べとけよっちゅう話やで。

白玉は白玉で

「お父さんに怒られない?!ねえ、今のことお話しない?!ううう…ごめんなさああああ…!!」

って泣きながら食べてたけどな。

ちなみにお父さんはこのブログ読むけどなっ!!


ごちそうさました後には2人して

「な…仲直りしたい~」

とこたつから頭だけ出して曇り無きまなこの上目遣いでお母ちゃんを見つめて言うので




みんなでぎゅうして仲直りしました。










…………






あれっ!!何の話!!



おいおい、お福分けの感想文のはずだったのに前置き長いこと書いちゃったよう。

こんないつものお母ちゃんの雷の話はいいのよう。

そう、お福分け。

お母ちゃんの夢、1個叶ったんです。


市に来て下さったお客さんの1人が

「私、大倉山駅の近くに住んでいるんですけど、

 会社と家との往復で梅林公園の方まで来たことが無かったんです。

 今日ここにくるまで歩いたらとても気持ちよくてすごく気分が良かったです。」


おおおおお!!!

大福屋をきっかけにお山散歩に導けたーーーー!!!


そうでしょそうでしょ?!

天気のいい日のお山スーーーーっとするでしょ?!

雨もいいんですよこれから紅葉するのもいいんですよ

梅祭りも春の桜並木も夏の命はじける緑もまたいいんですよーーーー!!

自然が人にとって気持ちいいのは当たり前ですが、

都会に住んでてもこんなに近くにある環境で足を運ばないなんて勿体ないと思いませんかーーーー!!


そう、こんなに四季を感じられて気持ちがいい散歩コースなのに賑わうのは梅祭りの時くらい。

喫茶大福屋を開店して大倉山散歩コースに導けたらというのは

カフェを始めようと思ってからずうっと願っていたことです。


こうやって少しずつ、お山のファンが増えていったら嬉しいなあ……



うん。がんばろ。


嬉しいことにたくさんの方が「次はいつーー?」と聞いてくれました。

次回のお福分け市はもう決まってます。

大倉山梅祭りの日です。

毎年梅の咲く時期に合わせて開かれるので2月の終わりか3月の初めか

日程はおそらく年明けにならないと決まりませんが

一番山が賑わうところにぶつけてやってみたいと思っています。


今回は一番身近な存在の息子たちと同年代の親子を対象に開催しました。

「次世代につなぐ」というところでローフードやペイフォワード、

物を大事にする手仕事には共感してくれるお父さんやお母さんが必ずいる、と考えたからです。

なので、初めてお会いする人やチラシを見てたまたま来て下さった方もいらっしゃいましたが

竹の子つながりのお友だちがほんとうにたーっくさん来てくれました。



方向は変わりませんが、次回はまた色を変えて企画します。

また詳細告知しますので楽しみにしていて下さい!









センキュー!















お福分けた1日〜お福分ける〜 





さあ、いよいよお福分けます!!


フライングで10時に来てくれたお友だちもいたのですが、

11時開店してからどどどどどーーーーっと!!



いきなり大盛況でした!!








日曜日だしゆっくりスタートだよ〜と言っていたのに

食べ物系に数に限りがあるというのを言いふらしすぎたのか12時までが大忙し!!


焼きおにぎりすぐに売り切れてしもた〜!!

買えなかった人ごめんなさ〜い!!

写真すら撮れてない〜!!


ハーイ! こちらも即完売しましたRAWケーキ!!

作者は「ゆこゆこ食堂」さんでーす!!






キレイーーー!!





乳製品ゼロ、添加物ゼロ、もちろん メッチャウマイ!!



……え?すすすすすいません。

お母ちゃん、予約して庭師とこっそり食べましたーーーー!!

だって自分が食べたかったから出店してもらったようなもんなんだものーーーー!!


もうおわかりでしょうがこちらのRAWタコスバーガーも……





メッチャウマーーーーー!!!!


なにこれなにこれ?!!なんでこんなうわうそウマーーーーー!!!!

いやもうこれ喫茶大福屋で毎日売って下さい。毎日食べに行きます。

この挟んであるチーズっぽいやつも瓶詰めで商品化しましょう。お願いします。

めずらしく庭師もウマウマウマー!!と連呼しながら食べていたのでまちがいないです。

あ〜…売り切れで食べれなかったおきゃくさま〜

食べちゃってごめんなさい〜…

次回もまた絶対出店を切望します!!



こちらの「ワモノヤトウキョウジョウ」さんブース、

まだ準備おわってへんねんけどお客さん来てます来てます〜!!





アンティーク着物がメインのお店とはまた違ったラインナップで

レトロ好きにはたまらない〜。止まらない〜。

わたしも喫茶大福屋で使えそうなキャニスターを買っちゃいました。

あ、夫婦揃って即決したランプも……

キャニスターとランプはまた後日自慢させて下さい。



自慢と言えばこちらのブースも!

「冨川家」さん!!





バターナイフは現役大工さんのお手製で1本1本手作り。

「寿」や色んな模様の焼き印が入っているのです。

全部それぞれの表情があってほんましゃれてるーーー。

自慢できるバターナイフです!

我が家ももちろんお買い上げ〜!


「冨川家」さんはご近所なのでいっつもいっつもお世話になりまくりなのですが

そりゃあもう、そりゃあああもおおおお、おしゃれ一家なんですよ。

このディスプレイも骨董品のお皿も……もう…しゃれてる〜!!

でしょう?




こちらはワンコイン整体「にじのはな」さんです。





お客さんが来ないときはウクレレを弾いて下さるのですが、

この写真を撮ったあとすぐに絶え間なくお客さんがーーーーっ


そしてちょっとお客さんもお腹が落ち着いた頃に始まりましたウクレレライブ。

「とま&ゼリー」さん。





いつも竹の子でお世話になっているご夫婦のデュオです〜。

毎日見ているだけに、オリジナル曲を聴いているとウルウルしてしまいました…。

ずーっと次女のYちゃんをおんぶかだっこしながら歌いはるんですよ…。

ヨヨヨ…オウ…マザー……。


そんなすてきマザー・のりちゃんは天然酵母のパンも販売してくれました。





いやあもうみんななんでちびっこと一緒でこんなに作れるのーーーー!!

いつ作るのーーーー!! そして上手ーーー!!


上手と言えばこちらのペイフォワード企画で参加してくれた

「まんまるベーカリー」さんも!













素敵……。そして美味しかった……。

わたしも誰かにこの優しさと幸せのおすそわ……お福分けをしよう……。


この「まんまるベーカリー」さんにパンをもらったお客さんの1人が

なんと焼き芋の差し入れを。





いつもお世話になっているお隣のKさんだったのですが、

この日も駐車場を貸して頂いたりチラシ配りに協力下さったり。


ぐるぐるぐるぐると「福」は回っておりますね。


あー。いい話−。







気づけば

ひみつの小部屋で何やら女の子たちが集まってこしょこしょ話………


おばちゃんも入れてー………






〜思ったこと編につづく〜











お福分けた1日〜準備〜 





ピクミンズサービスしまくった今日

いつも通り7時に就寝したのでつづきを書きますね。



えーと…そうそう、

庭師が当日の朝にこしらえたリースベースはこんな感じにディスプレイ。





家の中の配置は大体決まってしまっていたので

エアコンの室外機の上ですが…

ま…まあええやないか…庭師の似顔絵付きの値段表も貼ったことやし…。


横には前回のお福分け市の様子が載った「のんびる」を置いて無料配布。

実は今回ものんびるさんの取材を受ける予定だったので

編集者のHさんが持ってきて下さったんです。

Hさん、電話でも直接お会いするときも

いーーっつも腰が低すぎて、こっちが申し訳なくなります……

大丈夫ですか…ストレスはたまっていませんか……


そんなHさんも一児のパパだそうで!

なんてこった!

取材なんか置いといて(←失礼)奥様とお子さんと来て下さいよ!も〜!



話はもどって、急遽準備したものと言えばこちらも。





「庭師の本棚」 ※レンタルオッケー。庭師に相談。

お福分け市の際、

『俺はどうしてたらいいの何をすればいいの症候群』になりがちな庭師へ

みなさんとちょっとした話題の種になればよいかなという思いで設置しました。


結構手に取って読んでるお客さんも見かけたし

ソロー(やっぱり?)話で盛り上がってる庭師とお客さんの姿もあって

我ながら粋な計らいだったんじゃないでしょうか。ねえ?!




さてさて、こっからは布こもの、お洋服のディスプレイですよ〜!


「kanak-kanak」さんブースですー!どーん!





今回は他のイベントと日程がかぶってしまったため委託販売での出店です。

土曜日に小包でどーーーんと商品が届き、お母ちゃんがディスプレイさせて頂きました。

な…なんとですね…とても悲しいことにですね……こんな素敵なお洋服…

全部女子のお洋服だったんですよーーーーー!!

せ…せつない…白玉に無理矢理着せようかしらとちょっと本気で悩みましたよ…

ううう……誰も悪くないです…ええ。誰も。



はい、こちらは準備風景をパチリしたのですが、

同じく布こものとお洋服で出店のお二方、

「Under Ceder」さんと「from mama」さんのブースですーーー!!どーん!!









なんて商品数ーーーーー!!!!

このお二人、何を隠そう『マンガ部ーわたし=手芸部』の方々!!

そうですそうです、みんなマンガも手芸もこよなく愛す男の子2人のママーーー!!

なんでこんなに作れるん? いつ作るん?? そしてどうしてこんな上手なのーーーー?!!


今回は「from mama」さんは姉妹で商品を提供して下さったんですが

いやいや、妹さんも育児まっ最中のお母さん。

もう一回繰り返しますね。


なんでこんなに作れるん? いつ作るん?? 

そしてどうしてこんな上手なのーーーー?!!



手芸部、もといマンガ部、

今回のお福分け市の出店者の中では一番長くお世話になっているお友だちなので

とーーーっても心強かったです涙!

布をリユースするコンセプトにも協力してくれてほんまにありがとう〜!




こちらはちょっと照明が暗くてわかりづらいんですが

今回一番準備に時間がかかった箇所です!


キッズスペース!どーん!






階段下の秘密の小部屋を解禁いたしましたーーー!!


とってもわかりづらいけれど中はこんな感じです。







子どもたちにも好評でしたが、

大人たちも「こ…こもりたい…」発言続出でした。





〜お福分ける編へつづく〜







お福分けた1日~朝~ 





おはようございます。

お福分け市、無事に終わりました〜。


出店に協力してくれたみなさまとそのご家族、

遊びに来てくれたみなさまとそのご家族、

素敵な時間を本当にありがとうございました。


今回は大福屋のお母ちゃんが企画してスタートさせてもらったので

またちがった新たな収穫があり、つながりもあり、

たくさん思ったこと書きたいことがあるのですが……

土曜、日曜とわたしの都合にこどもたちを付き合わせてしまったので

今週は出来るだけピクミンズのご要望にお応えしようと思っておりまして

時系列にちょこっとずつご報告していきたいと思います。




当日の朝、

大福屋の外壁にこびりついていたツタをはぎとり、

もくもくとリースベースを作る庭師の姿。


















庭で何してるんやろかなと思ってのぞいたときには完成品がずらーーー!

じょ……上手やし!

ううむ、クリスマスデコレーションの時期やし、これは売れるんでは?!

というわけで、急遽売り場を作りました。





〜準備編へつづく〜







明日だよ。お福分け。 





さっぶーさぶさぶさっぶーーーーうと、

やべやべやべーーーと、思っていたら


きょうはなんともあったか!!

そして天気予報を見てみたら明日は更にあったかだそうで!!

よかったよかったよかったよーーーー!


記念館や梅林公園の散歩コースはすこぶる気持ちいいと思いますーーー。

ぜひぜひ明日はお福分け市で福をもらって帰って下さいね。


こちらは昨日の雨模様の光で撮ったので暗めの写真ですが

明日つかう予定の食器たちと奥にみえるのがホットワインのボトルです。

「ラプンツェル」というなんとも愛らしい名前のワイン。







透明のグラスおちょこがホットワイン用です。

酔っぱらってもいけないのでおちょこサイズで100円です。






ターコイズブルーのはびわ茶用。

ホット限定ですが今回もびわ茶出します。


プレートもならべてならべて。






準備でもこうやって食器を洗って並べてる時間はとても幸せ。

小さいころのおままごとをしていた時の感覚に似ています……



さて!

今日は天気もいいし、掃除掃除!!

キッズスペースも設営するどーーー!!

うまいこといけば隠し部屋解禁なのです!!



ではでは明日!!


大福屋にてお待ちしてますーーーー!!





注意事項、繰り返しになりますが……

※徒歩、または自転車でおこしください。自転車はなるべく梅林公園に駐めてきて下さい。

※大福屋は底冷えするのでスリッパや毛糸の靴下があると心強いですよ。














コタツで編む編む 






はい。

編んでます。










来年のバザーに向けて、早くも編みぐるみの練習です。

といいつつも、かわいく出来たらお友だちの赤ちゃんや

息子たちのクリスマスプレゼントになればいいな〜と思って編んでいます。

寒い時期の方が編む気になりますし。ね。



先ずはネコの編みぐるみから練習練習。

シュタイナーの手仕事に基づいて作るので目や口はありません。

子どもたちが想像して遊べるように残された余白です。

そうはいっても、

作り手のネコのイメージによって色んな表情のあるネコに仕上がるから不思議。



編む編む……苦手だけれど

苦手だ苦手だと言っていては上手くならないし

上手くならなければ好きにならないだろうと

思って……思って……がんばってます……



お母ちゃんも日々修行修行………








うしろの正面、お兄さん♪ 






兄弟揃ってようちえんで覚えてきた「かごめかごめ」。
















おうちでも2人でやっていて

その時は白玉が当てる役で三角座りで目をつぶってたんですよね。


兄弟「かーごめかーーーごめえ♪かーごのなーかのとーりいはー♪」


おお。めずらしく2人とも音程も言葉も合っておるー。



兄弟「つーるとかーめがすーべったー♪うしろの正面だあああれっ♪」


弟「にいちゃん!」


兄「ええー!!!すごい!!なんでわかったのーーー!!??」


兄弟「キャキャキャキャキャーーーッ!!」





…………。




これ、兄の方、素やからね。ボケでやってへんからね。


端から見ているとコントでしかないので父も母も影で笑い転げておりまする。









どんぐり磨き 





遡ってバザー前のことですが、

家族みんなでどんぐり磨きをしました。


確かこの日は大雨で、どこにもお出かけ出来なかったんだよね。























大きな大きなマテバシイ。


冷凍して、乾燥させて、尖ったところは切って、蜜蝋で磨き上げて出来上がり。


竹の子ようちえんのバザーと言えば

どんぐり風呂やどんぐり詰め放題や木の実セットでおなじみのこの大きなマテバシイ


こうして竹の子の家族みんなにぴっかぴかに磨かれて、やっとお店に並ぶんですよー。






長男の七五三を祝う 







トゥイーッス!!










両家を招いての七五三、無事に終わりました。

心配していたお天気もギリギリ持ちましたね。


お昼ごはんにはとっても美味しいと評判の

大倉山にある老舗のお寿司屋さんの出前をお願いしたのですが

ほんっとに美味しかったーーーー!!

シャリが違う!ガリとか卵焼きとかが違う!ネタもなんか違う〜!

こんな近所にこんな素敵なお寿司やさんがあったとは!

「すし屋の芳藤」オススメです!!


ところで、どの写真でも魂の抜けた漫才師みたいになってます白玉さんですが

兄貴だけがちやほやされる七五三が面白くなかったらしく、めっちゃスネ玉さんでした。

千歳飴を買ってもらえてなんとか機嫌を取り戻したものの、

なかなか出てきません白玉スマイル………

まあ、しゃあないわなー。



反対に

緊張とウキウキが入り交じってヘンなテンションでおちょける主役のお兄さま。

七五三のお祝いだよって言われてもよくわかんないしねー。

神主さん何言ってんだかよくわかんないしねー。



七五三とは 最たるじじばば孝行なのだよ。









七五三、おめでとう!!




スネ玉くん、時が来たら君の七五三も盛大に祝おう!

とりあえずお昼ごはんは「すし屋の芳藤」に決定だ!













キノピオな嫁 






お母ちゃん、少し前に髪を切ってマッシュなショートになりました。

そうです。 

秋だから「きのこ」なのです。




コンタクトを外してメガネをかけるとそれはそれはコミカルな風貌になるのですが

庭師に「どう?どう?」ときくと



「ああ。あんまり関わりたくない感じだね。」



と言われました。

オーノー。もうそれ手遅れー。








最近はちょっと前髪が伸びて更にきのこっぽくなり

「どう?イッキアップしそうやろ?」と聞くと




「うーん。どちらかというと減るかな…。」



と言われました。



なんやその上手いこと言うたったみたいな感じっ。

「わわわ〜ほんまやこんなところにキノピオがおるわ〜!!」

くらい言われんかっ。




あまり関わりたくない感じのキノピオな嫁、

七五三はちゃんとお化粧もしますし、おめかしする予定ですが、





頭はキノピオです。






…キノピオではイッキアップしません。念のため。











りんごとサツマイモのパイ 





今年も栃木からりんごが送られてきたので

めずらしくみんなでおやつを作ることに。


もともと手作りのおやつはあまり得意ではないお母ちゃんですが

オーブンが無くなってから更に作らなくなりました。


でも、秋の深まるこの季節、

りんごとサツマイモのパイだけは毎年作っています。


オーブントースターでも簡単に焼けるしね。

パイシートは買ってきたものだから半分手作りなだけなんだけどね。






















りんご1個をマーガリンとシナモンシュガーで炒めて

茹でたサツマイモと混ぜて

パイシートにはさんで15分ほど焼けば出来上がり。





出来たてのアツアツを召し上がれ〜。









目と耳と 







どーん。










ケガをしたわけではございませーん。

自宅で簡易視聴覚検査でーす。

ティッシュで目を覆い、テープで固定しろと指示書に書いてあるのでーす。


後日ようちえんでも検査があるのですが、

先ずはおうちで検査してから、

用紙にいろいろと記入して提出しなければいけないのでーす。


目の検査はお馴染みのCマークで、

2.5メートル離れたところから見てどちらに穴が空いてるか答えるというもの。

耳の検査がおもしろくって、3メートル離れたところから

右耳左耳と5つの単語を小声でささやいて聞き取れたかどうかテストするのでーす。


対象者は幼稚園生の兄だけでございますが、

もちろんこんな楽しそうなことをパツオがだまって見てるわけがありませーん。



ええ、きっちり2人分やらされましたともー。



なんだかんだお母ちゃんも楽しかったけどもー。






お福分け市のチラシ、増刷。 






気づけばお福分けまであと2週間〜。


七五三のことで頭はいっぱいですが宣伝宣伝〜。


配ってます配ってます〜。


ホドホドに配ってます〜。


トウキョウジョウさんにもミエルさんにも置いてありますよ〜。









インクジェット用のクラフト紙に増刷増刷〜。


ほんまはポストカードサイズのアート紙みたいなんに両面印刷したいところだけど、


気軽にお誘いしたいので気軽な感じで仕上げました。


だもんで見開きも気張らずに無地です。


メモなどにお使い下さいませませ。






☆大福屋には駐車場がありませんので徒歩または自転車でお越し下さい。

☆大福屋近辺の道は狭いので、自転車でお越しの際には梅林公園に停めてきて下さると助かります。








今年もパツオの季節ダヨ 





ワルボウズの季節が終わり、



パツオだよ。



うふ。






来週末は両家を招いて七五三のお祝い。


みんなで近くの神社へお参りに行きます。


主役は兄の方ですが、


パツオだっておめかししますからヘアスタイルだってこの通り。









なに見とんじゃコラァ。





とか言ってもちっともこわくな〜い。




ああ〜。かわゆいかわゆい。


今年もしばらくはお母ちゃんの怒りのハードル下がります。










朱い実 







朱い実を見つけました。











プチトマトのようなかわいらしい朱色。


朱い真珠みたい。


このままドライになってくれたらクリスマスリースに飾れるのだけど、


どうなるかなー。







ぎんなん炙る 






「炙」って

かっちょいい漢字だね。























塩をふって召し上がれ。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。