大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

大福畑の風景 






こんにちは〜。


植えっぱなしラベンダーが今年も満開〜。










大福畑もよい感じにわさわさ〜。







ほどよく手入れされていて、きれいです。


すごいすごい、庭師すごい。


ほめとこほめとこ、庭師ほめとこ。






カモさんもほれこの通り、今年もわさわさです〜。










こちらが噂の新しい開拓地。









ポピーポピーポピー。









下から眺める新緑の層はステンドグラスのよう。







もうすぐ梅雨。

今年は実家の畑の梅がたくさんとれると聞いて

梅シロップに梅干しに梅酒までいけるかな〜と、梅仕事にも気合いが入ります。



裏庭では紫陽花の蕾がたくさんたくさんついていて、

早く出番がこないかと、みんなお空を見上げております。














スポンサーサイト

編みこびと 






ちょこちょこと、竹の子バザーへ向けて作っております。



試作品の編みこびとたち。















細かなところでボツになったので子どもたちのリュックに

お守りとしてぶらさげることにしました。



えんじ色はお兄ちゃん、黄色っぽい方は白玉くんに。

毎日元気に通えますように守ってくださいこびとさん。

よろしくお願いしますね。











ねこちゃんわにちゃん 






似てないけれど 似ているふたり。

仕草がシンクロしたり、髪の毛のそり込みが同じだったり


ふたりだけの世界に浸っているとき 横でなんとなく会話を聞いているのが好きです。







弟 「ねこちゃんかこーっと。」

   (ねこちゃんを描く)

兄 「ねこちゃん、そんなんじゃねーよ!ねこちゃん、かいてやるよ!」

弟 (兄が描くのを見ている)

兄 「できた。ねこちゃん。」

弟 「にいちゃんのねこちゃん見ながら描いてもいーい?」

兄 「だめ。」

弟 (見ながら描いてる)

兄 「いいじゃんいいじゃ〜ん!そのちょーしそのちょーし〜!」(ノリノリ)





また、ある時は………


弟 「ちっちゃいわにさんちっちゃいわにさん!!」

兄 「ちっちゃいわにさんにも名前つけてあげよっか。」

弟 「じゃあちっちゃいわにちゃんね!!ねっ!!」

兄 「お〜!いいね〜!」(ノリノリ)





………色々とツッコミを入れたい……入れたいが入れるまい……


こうこっそりと遊んでるのを眺めててね、白玉さんと目があったりするとね、

「もお!お母さん見ないでよおお!」

と、なんでかニヤニヤしながら怒られたりします。



ええやないか。

お母ちゃんの特権だわい。

げへへ。












母の日に山椒塩 





母の日のプレゼント……というわけではありませんが、

もちろんワルボウズは母の日の存在すら知り得ませんが、

庭師、

庭の山椒の木の若葉を乾燥させたものを、

ちぎるちぎる。









すりつぶすすりつぶす。








もっともっとすりつぶすすりつぶす。








細かくなったら2つに分けて、








お塩を混ぜるのと、山椒だけのと、








出来ました。



山椒の香りは食欲をそそります。

ありがと、庭師。





………まだ一度も食べてません。









西と東のたべくらべ 





カップやきそばっつったらユーフォーやろおおおお。

カップやきそばっつったらペヤングやろおおおおお。



西で育ったお母ちゃん、東に出てくるまでペヤングなんて知りませんでしたけど?!

たまーーーーに食べたくなるジャンクなカップやきそばのお味はやっぱりユーフォーですよー!

ユーフォーなんて食べたことないしっ!というお父ちゃんのために

食べ比べしてみようではないかという今回の企画………




どどん。





どっちも大盛り。笑



んーー?どっちでもええけどーーー。

ぼくらも食べてええのーーー?






こうして見比べると麺の太さとソースの色が大分違うのですよ。








なにこれーーーー?




これが東西カップやきそばやで!!


いざ、食べ比べーーー!!



……んー。

お母ちゃんはやっぱり、麺がもちもちしてるユーフォーの方が好きだなあ…

それよりも久々に食べたソース味の濃さにびっくりしたわい。

白ごはんかおにぎりないとしんどいしょっぱさ〜

カップやきそば、こんなにしょっぱかったですか?!

うーむ…大盛りでがつがついけるのはペヤングの方かもな…

ぶつぶつ言いながら食べる食べるお母ちゃん。

一方、東代表・お父ちゃんは無言でペヤングをほおばっておりました。



結果、

お父ちゃんはペヤング、お母ちゃんはユーフォーが好みという

自分の出身地方の味が好きというのを再確認しただけの企画になりました。

なんじゃそら。




どっちにしても夜中に罪悪感を感じながら食べたくなるお味!


ごちそうさまでしたー。





ひとりでできるもん 







さあ朝だ。


着替えて着替えて。




































ひとりでできるもん


ひとりでできるもん





でも


お母さんにやってほしいんだもん

















うさぎさんになった気分でいただく。 





京都のじいじばあば畑からにんじんの間引き菜が送られてきました。


葉っぱついててかわいいのう。








葉っぱは天ぷらにしたいけど、

根っこの部分はやっぱり……



シンプルにどどん!








きらきら〜。





醤油麹とマヨネーズでどうぞ。



みんなでぽりぽりぽりぽりっ

あっという間になくなりました!



ごちそうさま。









スイカ色 






なんとまあスイカ色の……こたつ…カバーかな??


マルチカバー?と言う方があってるのかな?










こちらも栃木からトツギーノ。





なんだか鮮やかすぎて合うとこがないです!


どないしよどないしよ〜










庭師の畑仕事ぶりがすごい。 





本日の大福畑&大福庭の収穫。







セロリはもうすぐ花が咲きそうなんだって。これでおしまいかな。

いちごはすっぱかったけど、家族4人で一口ずつ味見。

木瓜の実はお酒に出来るそうなので、今年初めて収穫してみたそうです。


気がつけば

庭師がこつこつと畑を耕して、色んな野菜が植えられていてびっくり。


昨日、庭師の「2014年、春夏野菜マップ」メモなるものをのぞき見してみたんですよね。

大福畑にはアスパラ、イチゴ、ポピー(お花ですけど)、セロリ、鈴なりブロッコリー、

スナップえんどう、カモミールがきれいに配置されており、

更にお庭の雑草生え放題地帯だった斜面が開墾され、

枝豆、サツマイモ、ジャガイモの文字が!

更に更に裏庭の端っこにはパセリが!!

更に更に更に控えとして九条ネギとバジルの苗を育成中とのメモが!!


もちろん肥料なし、農薬なしのほったらかし……違った。

庭師の自然農法です。


ヒューヒュー庭師〜!

大福家の食糧自給率右肩上がりですね〜!








コーヒーフィルターの。 






コーヒーメーカーを使わなくなってから

紙フィルターが欠かせなくなりました。



毎日使うものなので、定位置を作ってあげることに。













一年中使えるよう、綿の糸で。


かぎ針にハマッて早半年。

ひたすら細編みと長編みばかりで編んでいますが、

ただ手を動かすだけで出来ていって

編んでる間はなーんにも考えなくて良いので

ちょっと瞑想に近いのかも……と、思ったりします。

もちろん色んな事を考えたり、考えを整理したりもするけれど

編み物をしているのに編み物のことは全然考えていないっていうのがミソ。


なので、1時間ほど集中して編むと、頭がスッキリした感覚になることがよくあります。

2時間以上ぶっとおすと、目はしょぼしょぼするし、手や肩がこってしまうのですが。


そうそう、少しずつ、今年度のようちえんバザーも動き出しています。

今年もたくさんの手仕事教えてもらお。







受け継ぎました、栃木から 






栃木のおおばあちゃんが亡くなってから

庭師の実家では

おおばあちゃんの部屋の物を片付ける日々が続いているそうです。



四十九日に帰ったときに、

庭師がこれとこれは下さいと言っていた品々が届きました。













ボンボン時計と大福屋と、一体どちらが年上でしょう。

長い長い時間を刻んできたと思われるゼンマイ式のこちらの時計、

ちゃあんとボンボンなります。








磨りガラスがかわいらしい小さなケース。

何に使おうかな。 どこに使おうかな。



突然

道ばたの中古家具屋さんで出会うこともあれば

ご縁合って我が家に嫁いでくることもあれば

こうして小さい頃から眺めていたおばあちゃんの愛用品を受け継ぐこともありますが

ある程度年月の経ったベテランさんたちは

還暦を過ぎた大福屋さんと出会ったとき

まるで会話するようにしっくりと馴染んでくれます。




次は息子たちにバトンタッチ出来るように 大切に使っていこうと思います。







朝からちまちま 






例のソーラーおもちゃ



分解して










組み立てて









また 分解して













朝っぱらから ちまちまちまちま ようやるなあ……













アウトドアでもリケパパだから。 





今日もいいお天気ですねー!

……って、おおおお???!!












どーーーーーん!






お庭の地面が斜めでテントもナナメーーーーーー!!

Colemanのテント、ブックオフで探してきました中古ですが、キレイ!

良いお買い物! ヨッ!さすがお父ちゃん!!




…で、今晩テントで寝るわけではありませんが中古なので干してます。




中で何が行われているかといいますとー………







男子会!


実はブックオフでお父ちゃんがテントを吟味している間にこんなの見つけちゃいまして……

どどん。






何でもない日におもちゃを買うことは滅多にない大福一家ですが、

明日はこどもの日ということで大サービス。


組み立てソーラーアクション! 750円也!

リケパパ、オフグリッドエネルギーブラザーズ作戦の一端ですねー……










はてさて、出来上がりましたが動くかな??

もう夕方だから家の前のお庭は日が当たらないんだよね〜と、裏側へ移動です。






ウィンウィンウィン………


おおおー?モーターは回ってるけどおもちゃパーツが回らない〜??

なんでだろねー。また明日お日様がもっと出てるときに挑戦してみたらどうー?








あとでリケパパに聞いたんですが、

箱の外には『6歳から』って書いてあったけど、

中の説明書には

組み立ては必ず大人がして下さい

って書いてあったそうです。






………いらんわそんなオチっ









新弟子と日本昔話 







ウス。









大福部屋の新弟子、白玉丸です。



フリマで百円だった浴衣を白玉さんに着せてみたら

うっかり弟子入りしてしまいました。



タイの修行僧にも着せてみたんですが、

なんだか不調続きだったせいかひどく貧相で、


「ちょっとお母さんのこと『おっかあ』って言ってくれへん?」


と、ついついリクエストしてしまうくらいの日本昔話わらべでした。







ごっつぁんです。






パツパツパンダ 







今年もこの季節がやってまいりましたねっ



いけるかな〜 今年はもう無理かな〜





よいしょっと!

どどん!






あちゃーーーーーー


パツパツパンダーーーーーー


つんつるてんパンダーーーーー




あっ! 逃げないでっ!!









ハイ、頭隠して〜……










尻隠さず!





しっぽさんも健在ですねっ!







「もう〜 とらないでってば〜〜〜。」









ああ切ない…… 


見納めパツパツパンダーーーー………


このTシャツの100センチ以上をもってらっしゃる方、大福屋までご一報を〜…









お父ちゃんのワイルドスウィーツ 






今日は特別にお父ちゃんがおやつを作ったるで











チョコとバナナをはさんで〜









(わざわざ)外で焼くんやで〜







どや。

このホットサンドメーカー。

かっちょいいだろワイルドだろ〜。




チョコバナナサンドできたっ









うま〜








うま〜








うま〜






ぷぷぷ…チンピラがチョコバナナサンド食べてるのおもろい。







うーんと…

こんなこと言ったら怒られるかもしんないけどさー

やっぱりお母ちゃんはパンにはしょっぱいものをサンドしたいんだよねー




ねーーーー。





大福一家、ただでは転ばない。 





タイの修行僧は

レメディーがよく効いて

夜の鼻づまりがなくなった。








それとは別なのか延長上なのかわからないけれど、また週末から高いお熱。

あまり深く眠れていなかったから免疫力が低下して微熱しか出せず、

熟睡できるようになって体力が戻ったからの高熱なのだろうか……

ようちえんもかれこれ一週間お休み…




チンピラもお付き合いでマスクして、お付き合いでお昼寝。







週末には庭師もわたしも倒れていて、

再び昨日から私も発熱。

今も微熱ですが、そこはお母ちゃんだから動けちゃうしブログもかけちゃう。


なんだかな…

本当に季節性のものと新生活の疲れとかだけなのかな……

わたしのカラダってこんなに弱かったっけ?

体調不良の原因なんて結局「これです」ってひとつに断定なんて出来やしない。





わたしは疑っている。




3年前

横浜の上空にとんでもない数値のものが飛んできていたという期間には

わたしたちは丁度京都に避難していたけれど、

横浜に戻って住む限り、わたしたちの体は東の空気と東の土と東の水で作られる。


覚悟を決めて住んでいるわけではない。

頭の片隅に置いているつもりで、ただ忘れていただけだ。


そろそろ放射線の影響が如実に現れてきてもおかしくない。

おかしくないけど大きなニュースにはなることはきっとない。

今年は免疫力の高いヒトとそうでないヒトが二極化する、そういう年になるそうだ。


今、情報を集めれば集めるほど不安になるけれど

動かなければならないときは自然にやってくると信じて

自分たちで決めて自分たちで選ばないといけない。



2014年明けて、

「今年はなんかイヤな感じがするんだよね。」と、

庭師もわたしも口にした。




なにも根拠がなくても第六感が伝えることは大事にしておいて損はない。




目の前でお昼寝中の元気な息子と熱の下がらない息子。

二極化した息子たちが何を伝えてくれているのか

微熱でぼーっとした頭で考え続けています。




弱ったな……













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。