大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

大福畑産のサツマイモ 





ハピ ハロウィーン。

特に参加するイベントも仮装する予定もないけど

冷蔵庫にかぼちゃがあるからなんかつくりまひょか?

あー 今仮装するならオソノさんだったのにな。

…わかりにくいか。

普通の半袖のおばちゃんになっちゃうか。

隣で庭師にあのパン屋さんの旦那さんの格好してもらったらいけるんちゃうか。






…………いや、

ハロウィンのことはもうよいのだよ、

明日になったらもうクリスマスに向けてのデコレーションに変わっちゃうんだし。



そうそう

サツマイモ!





大福畑でほったらかしだったサツマイモ!

小さめだけど割とたくさん収穫できたんです!

お味噌汁にいれるのに丁度いいサイズでとーっても甘い!

今年食べたサツマイモの中で一番美味しかったんです〜。

収穫してからしばらくねかしておいたのもよかったんかな?



子どもたちもおかわりするぐらい大好評だった大福畑産サツマイモのお味噌汁、

肌寒い季節には最高ですねー。






スポンサーサイト

大福屋、ちょこっと開店。 






いらっしゃいませ。

2014年開店予定の大福屋、内輪向けには開店できそうです。

山登る前に電話くれたら豆ひきながら待ってます。


ちょっと山を散歩したあとに寄るから珈琲煎れといてねって。

これからあっという間に秋の装いになる大福庭の紅葉を眺めながら

あったかい珈琲を一杯、いかがでしょうか。







椅子を並べて

看板をつけて

カウンターを設置して

ちょっとした屋根もつけて


って、ここでテイクアウトにしたら庭師の書斎で珈琲入れることになっちゃうけど。







ちなみに仮でのせたカウンターの板は

日光東照宮で結婚式を挙げた時に東照宮からいただいたものです。

なんていうんでしょうね。

2人の名前がかいてあるんやけど…お札?

……捨てられないけど飾れない……どうしたらいいのでしょう。

お正月とかに神社に持って行って燃やしてもらうのかな?

いや、でも、持って行くのもちょっと恥ずかしい大きさでー…。


そうこうしてるうちに匠にリフォーム材料として使われてそう。







大福屋、ちょこっと開店。


留守の時はごめんなさいね。







花丸にんぷと冬支度 





およよー

気づけばもう8ヶ月目……

え?

なにが?


毎日慌ただしいのですが

お母ちゃん一応にんぷなんですよー。


もう言っとかないと忘れちゃう。

自分も忘れちゃう。


先週は早くも中期検査を受けてきまして、

今日は検査結果を取りにレディースクリニックへ。


はい、もんだいなーし。

貧血もだいじょぶー。

花丸。花丸。花丸げんきにんぷ。


それにしてもまだわからないんです、 姫か坊か。

さくらバースではなかなか教えてもらえないので

中期検査の時行くレディースクリニックに期待していたら

もんのすごく見にくいモニターが出てきましてですね。

お楽しみのエコー画像もさっぱりわけわかんなくてですね。

……あー…こんなおもんない健診もないわー……ってもう姫か坊か以前の問題でしてですね。

妊娠初期に使ってくれた鮮明なエコーのモニターが出てくると思っていたので

いやもうそりゃあがっかりですよ。

おじいちゃん先生もあれで見えて判断してんのが逆にすごい。


にんぷになりたての頃は

男だったら…女だったら…うっふっふーと色々妄想して楽しんでいましたけど

ここまでわかんないと


もうほんまにどっちゃでもいい。


一応どっちの名前の候補も上がってきていますし

どっちでもいいから元気に産まれてきておくんなまし。



さて、大福屋は冬支度。 

赤ちゃんを迎える使用に冬支度。

これからお兄ちゃん達も使ったベビーベッドをリビングに置きたいので

和室におこたですよ。


今年のお正月は極寒の大福邸にて迎えますからね、

おこたの準備をしましょうね。

お正月っていったらテレビとこたつでしょ?

それからファミコンもね。


子どもたち、

テレビもテレビゲームも家族の団らんの中でならオッケーというのが我が家のルールです。












まだ少しあったかいからこたつ布団はあとでね。



このおうちで過ごす初めての年越し。

お雑煮と年越しそばくらいは臨月のおなかでも作れるけど

おせち、注文してみようかな。











雨戸もらいました。 





ご近所さんがいらないものを処分してらしたところに通りがかり




雨戸もろた。







もちろん「捨てるならいただけませんか」っていう交渉はお母ちゃんの役目。

お父ちゃん、「あれほしい」って言うたあとは車の中かくれとんねん。



さあて、どこにどんなふうにつかいますか?


パーティション? 扉?






ちゃんと活かされる喜び。 





竹の子ようちえんに入ると

お母さん達には色んなお仕事がありますが

わたしの場合は担当の係以外にも絵を描いたり、印刷物のお仕事をよく引き受けます。

長男が出来て仕事をやめたときには

絵を描くのもパソコンで何か作るのもものすごく億劫でしたが

もともとは大好きなこと。 

それを竹の子の「お仕事」が思い出させてくれました。


描いた物、作った物が必ず誰かの役に立ったり、

喜んでもらえたりするというのは私にとってとても幸せなことだったのです。


働いていたときは

何日も何日もかけて描いて、何度も何度も修正して、

最終的に使われなかったとか

自分の力不足もあったと思いますが

そのお仕事自体が流れてしまうということもよくありました。


お給料をもらっているんだからしょうがないじゃないかと割り切れるのかというとそうでもなく

いや、そう思わないと続けてはいけないのですけれど

作った物が、かけた時間が、

いとも簡単に捨てられるということはとてもとても空しいもの。


「竹の子のお仕事は子育ての一部分でお給料はないけれど

 作ったものがちゃんと使われるからすごく嬉しいし楽しいんだよ。」

という話を夫にすると


「ものづくりなんて本当はそれでいいんだよ。」

という夫。



………いつもお仕事大変なのですね……。 涙が出ます。







バザーで使うみつろうクリームのケースにはるラベルたち。

10分くらいで出来ちゃうけれど、みんなが喜んで使ってくれる……


押入ベッドを作ったら、家族みんなが喜んで、毎晩嬉しそうに息子たちが眠る……


嗚呼 ちゃんと活かされる喜び。










子どもの冬ものお買いもの 





どんどん どんどん 寒くなってきましたーーーー。

お洋服もどんどん どんどん 分厚くなってきましたーーーー。



さて

今日は冬用の子ども服いっぱい買ったけど………


6着全部で3000円!!


どどーーーん。






お母ちゃんがんばったわーーー。

もちろんいつものリサイクルショップでご購入です。



お兄さん、細っこいから去年のもいけそうな感じがしていたけれど

お子さまたちの成長具合がそんな甘いわけがない…

破れてしまったのもたくさんあるし、

かろうじて生き残ったものたちもよくずっこける弟に渡った途端、やぶけるやぶける……

弟がお下がりを着る頃には生地がもう弱ってるんでしょうね…仕方ないけど…。


ありがたいことに竹の子にいると色んなところからお下がりが回ってくるので

今年も衣替えの時期にはたくさんのお洋服を頂きました。


ここ数年はこの竹の子衣替えツアーが一段落してから

足りない物をリサイクルショップで買い足すシステムです。


だけど

周りからお下がりが回って来にくいものは当然リサイクルショップでも見つけにくい…。

特にスウェットの長ズボンや長袖Tシャツは血眼になって探すけれど

ないーーーーーー。



うーーーーん、おなかも重くなってきたけれど…どこで買い足すかなあ……。









丸くてぐるぐるするものが届いたよ。 





ピンポーン。

宅急便でーーーーっす。



なんなのなんなのーーー。

お父ちゃんってばまたなに買うたのーーー。





ビリバリビリバリーー。



なんだこりゃーーーー???







ここを開けるのーーー?







ぱっかん。







ここ回すんかーーー???







はい、丸くてぐるぐるする……なんでしょーかっ??




チッチッチッ……………ぶぶーーー。

時間切れーーーー。





答えーーー。 

手回し洗濯機でーーーーす!!




大分前から庭師が欲しがっていたコレ。

……まあ、ほんとに緊急時に家族五人分のパンツと靴下くらいは余裕で洗えます。




ああ……ほんとに買っちゃったんだね(嫁の本音)……









押入ベッド、完結編。 





IKEAに行ってマットレスと布団カバーをこうてきたよーーーー。



わーーーーーい!!






兄、めっちゃごきげーーーーーん!!

いいないいなーーー!!







押入のサイズを測ったところ、

IKEAのキッズサイズのマットレスが丁度だったのです。

日本製のものは畳サイズを基準にしているからか若干幅が広いのですよね。


枕カバーと布団カバーは丁度良いサイズ。

兄さんはキツネさんのカバー、

弟さんはワニさんのカバーです。

シーツはもともとおうちにあったもので合わせました。







最初、IKEAでカバーも買いたいって提案したとき、

庭師は 「え……こんなポップなもんを大福屋でかぶせんの?」 っていう反応だったけど

お母ちゃんの希望でこうなりました。 すいません。


リネン素材や無地で大人っぽくもいいけど、

たまにはこういうのも楽しいじゃないのよーーーー!


素敵な夢が見られそうですね。 ウフフ。

押入ベッド、これにて完結!

今のところ毎晩ちゃんと寝てくれてますよーーー!







追いつきたいけど追いつけないの 





お兄ちゃんのことが大好きだから

お兄ちゃんと同じように大きくなりたくて

お兄ちゃんと同じように折り紙が上手になりたくて

お兄ちゃんと同じようにようちえんで遊びたくて。


突然、

「18キロだよ!」

と、よそのお母さんに自慢してみたりする白玉くんこと

我が家の次男坊、「ほーちゃん」。

身長はお兄ちゃんの方が高いけど、体重も足の大きさもお兄ちゃんと同じなんだよね。


「ほーちゃんの誕生日、あと何回でお兄ちゃんに追いつくの?」

「ほーちゃんが5歳になったらお兄ちゃんは何歳?6歳になったらお兄ちゃんは何歳?」


毎日毎日繰り返される同じ質問。

追いつきたいのに追いつけない年の差。

きっといつかはお兄ちゃんと一緒になれると信じている年の差。


「だってほーちゃんが6歳になるまでにお兄ちゃんの誕生日も来ちゃうから

 一緒にならないじゃあああああん。うわあああああん。」


機嫌が悪いお疲れの夕方にはこの年の差プロブレムでしばしば号泣することも。


「どうしてほーちゃんが最初に生まれなかったの?」


うーん。 お兄ちゃんが先にお母さんのところにやって来たから仕方ないよね。

だって、あなたのお兄ちゃんだもの。



でもね、ほーちゃん。


きっとお兄ちゃんが文字を勉強しだしたらあなたの方が早く覚えてしまう。

きっと読む練習をしたらあなたの方が先にスラスラと口に出来るようになってしまう。

お兄ちゃんに追いつこうと背伸びしして、お兄ちゃんよりも出来てしまうこともあるの。

年の差も含めてあなたとお兄ちゃんは同じじゃないんだよ。


難しいね。


それでね、ほーちゃん。

もうしっかりと走る姿のお兄ちゃんと、まだぷりぷり走っているほーちゃんの後ろ姿を見るとね

もう少しこのままでいいよと思うよ。

そんなに早く大きくならなくていいよと思うよ。







お風呂場で自分のオティンティンの皮をひっぱって

「プテラノドン!」って言ってるほーちゃんが

かわいくてかわいくてたまらないのだから。











押入ベッド、柵つきました。 





匠、雨戸に引き続き柵も作っちゃいます。



トントン、ガリガリ、ドルルルルル。








柵の手すり、どっち向きがいいかね。

こっち?







お母ちゃんはこっち向きが好きだな。








ハイ、採用〜。 出来上がったニャンス〜。





※またもやざっくりな記録ですが、強度も考え試行錯誤して仕上げて頂いております。
 



いよいよ雨も強くなってきた頃、雨戸を閉めて準備万端。

これで顔がびしょびしょになることもないし、

夜中にベッドから落っこちちゃうこともないよ。








………台風の夜だけど、ひとりで寝てみる?












雨戸つけました。 





先週に引き続き、

またもややってくるという台風にそなえて

押入ベッドの雨戸を修理〜。


ほんとは新品の板を買ってきて作る予定だったそうですが

行きつけのホームセンターには置いて無くて

泣く泣く一度は解体した60年物の雨戸を組み立てる羽目に……

とほほー。







ペンキはげはげやけどしぶーい。







端っこに3ミリくらいの隙間があいてしまうので新しい木材で補修します。







トントントンっと……







さあて、雨も降り出してきました、風も出てきました、間に合うかなー?







がちゃこーん!!






……っと記録係のお母ちゃんは簡潔にまとめておりますが

解体しながら外した雨戸はもう一度はめようとしてもなっかなかうまくいかなかったそうで…



大変だったみたいです。(ざっくり)









みんなで運動会の巻。 





本日は地区の運動会でした!



イエイ!






地区の運動会って楽しいですよね。

お父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんもわいわい集まって。

参加すれば何かと景品がもらえるし、子どもたちにはお菓子もたっくさん!

いっちょまえにはちまきなんかしちゃって、「緊張する〜」とか言っちゃって、

玉入れ、徒競走、綱引き……と、未就学児でも参加出来る種目に出場できてご満悦のお二人。


去年、私が班長の時には改修工事のために小学校の運動場が使えなくて開催されず、

一昨年までは自治会の方々とあまり面識もないので参加できず…

今年やっと参加できたんですー。


かくかくしかじか竹の子ようちえんに運動会はないので

彼らにとっては何かと初めての運動会。

とっても楽しかった様子です。


………で、

地区の運動会っていったら当然その場にいる子どもの親にもオファーが来ますよね。

お母ちゃんは妊婦なのでお断りさせて頂き、一日中見学サイドだったんですが、


庭師にオファーを断る選択肢などありません。


もともとおじいちゃんやおばあちゃんが多い区域なので尚更です。


元陸上部の庭師、

気づいたら予選まである障害物競走リレーのアンカーを務めることにいいいい!!


ひーーーーー!!

子どもらの見るより緊張するーーー!と、


お菓子やら風船やらに夢中で適当に応援している息子たちを横目に


お母ちゃん、スマフォンで必死に動画撮影。


いやあ…だってあのひょうひょうとした庭師が

輪投げしたり網くぐったり、最後はつるされたお菓子を口でくわえたり…

もうこんなレアなものは見られないんじゃないかと思って……


結果、総合優勝は出来ませんでしたが、

もーーーー ほんとにおなかいっぱい…楽しかったーーーー。

ええもん見れたわーーーー。



来年は元気な赤ちゃん産んで、

お母ちゃんもいっぱい参加したい!って思いました!







リース・リース・リース 






どんどん制作しています、竹の子バザー商品用のクリスマスリース!








































無事にお嫁に行ってくれるとよいのですけれど……








台風の日のできごと。 





どうしたズッコケ3人組。







てえへんだーてえへんだーーーー!



心配していた押入ベッドの木枠窓、

案の定、台風のすさまじい雨風には耐えきれず水しぶきーーーー!

どうやら木枠ではなくてガラスがはめ込まれている部分から雨が入ってきているようで…







庭師があわてて応急処置。

ガラスと木の間に麻紐を埋め込みました。







還暦を過ぎた味のある木枠窓ですが、

こちらもやはり雨が入り込んできております。

大福屋に残されている木枠窓は押入ベッドのところと階段の2カ所。

アルミサッシには替えたくないのですが、

木枠窓を残して生活するならちゃんとした雨戸が必要ですね。

もうボロボロ過ぎて……鳥の巣やったしヤモリさんも住んではるし…。

とりあえず、押入ベッドのとこには雨戸が必須ですね。

寝てたら顔がびしゃびしゃってやだもの。



でもね、

困っちゃうけどね、

こういうハプニングが古民家に住む醍醐味ですよね。









台風一過。 





台風で幼稚園がお休みだった月曜日、

夕方にはきれいな空と十三夜のお月さま。


長男が

「お母さん、空がきれいだよ。 お月さまもいるよ。」

と、嬉しそうに教えてくれた。

「ほんとだね。 ピンクと水色が混ざってとてもきれいだね。」

わたしがそう返すと長男は満足げにまた窓から空を見上げた。


めずらしく次男はお昼寝中で

邪魔が入らないわたしとの2人きりの静かな会話に、彼の頬は心地よさそうだった。


たぶん

おもちゃじゃない。

たぶん

お菓子じゃない。

たぶん

遊園地でもない。



子どもの気持ちがふわりと柔らかいもので満たされるのは

ほんの小さなやりとりなんじゃないかと思う。



毎日、毎回、近くで、寄り添って、丁寧に返事することは到底無理なのだけど

突然やってきたお休みの日には家事も育児ものんびりと。


のんびりと。 子どもの横顔を眺めては反省したり、ひっついてみたり。








台風一過、


庭には雨風に振り回された葉っぱがたくさん落ちていて

こりゃあ、あの川沿いのマテバシイ(どんぐりの一種です。)も一気に落ちただろうな……

なんて木の実の心配をしてしまう辺り、休みの日だってどっぷり竹の子母さんなのでした。








編み物男子 





台風の日曜日、午後の部。


図書館で借りてきたクリスマスデコレーションの児童書の中から

「編み機が作りたい!」

と、言い出したお兄さん。


どれどれ… 釘で作るのね。

これはどうみてもお父さんの管轄でしょ。 毛糸はお母さんが用意するから。






台風の日に突然思い立ったって

道具も材料もある程度はお父さんの工房に揃っているのが大福屋のいいところ。

電動ドライバーでドルルルルルーン。








でけました。 お父ちゃんさすがやわあ。







早速やってみましょう。







休憩も挟みつつ…

この日のおやつは京都から送ってもらった丹波栗です。











雨の多い夏だったからお味はどうかしらと思っていたけれど

栗ごはんにしても、蒸して食べても、ホクホク甘くて美味しかったです。



さて、続き!







おとーちゃーん。 なんかおかしーよー。

どれどれどれ。





編み物男子3人衆……




上手上手。







どやーーーー。





この編み機、お母ちゃんもちょっとやってみたのだけど、

あっという間にゴム編みが出来ていくのでおもしろい〜。

棒針が苦手でもこれなら楽しい!




編み物男子たち合作のマフラー、出来上がりが楽しみです。









台風の日曜日 





台風の日曜日。

ほんとは子どもたちも楽しみにしていた地区の運動会だったのだけど、

もちろん延期。

大雨やし、おうちで遊ぶしかないわ。


そんな日はやっぱり工作ですよね。




スチャッ!







スチャスチャッ!!








スチャスチャチャーッ!!






………トッキュ●ジャーでーす。

すこぶる弱そうで笑けます…。

兄の方は息がしづらいらしく、中から「ゼーハー」聞こえます。




チャッキーン!






ちゃんとキメ顔はアゴを引くものだというのを心得ていらっしゃる彼。

変身しなくてもおっとこまえだぜー。








メタセコイアでリースを作ろう。 





竹の子バザーと言えば、お部屋のデコレーション。



至る所にかけられる布の色彩には先生たちのこだわりがありまして

母たちの手帖にはバザー準備の日程はもちろん、

布かけシミュレーションの日も、装飾シミュレーションの日も書き込まれております。


毎日何かと打ち合わせしたり作ったりと忙しいのですが、

大勢でひとつのことを作り上げていくのはやっぱり楽しいです。


お母ちゃん、今年はクリスマスコーナーの装飾係。

売り物にもなるし、飾りにもなるしとリース作りを始めましたが

今回はメタセコイア…曙杉の実で作ってみました。







針金でねじってねじって繋げていきます。







小さいサイズならすぐ出来ちゃう。


実はご近所さんのおうちの玄関先に

かわいらしいメタセコイアのリースが毎年飾られていて

ずっと作ってみたいなあと思っていたのです。


しかも歩いて3分の梅林公園にはでっかいメタセコイアの木が……

こういうのって木の実を購入しなきゃいけないと大人のものだけだけど、

拾うところからだと大人も子どもも一緒に楽しめるからいいなって思います。



秋のお山は宝の山。

あの実がもう少し色づいたら取って帰ろ。

この木の実はなんていうんだろう…使えるやろか…。

リース作りを始めたら

お母ちゃんが一番真剣に宝物を探しております。








ハートのペアリング 





婚約指輪も結婚指輪もない大福屋のお父ちゃんとお母ちゃん。

「モノのつながりなんてどうでもいいんだよ!」

って、お母ちゃんの大好きなマンガの中のヒーローも言ってました。




でも………



息子が………



我が家のスウィートジェントルエンジェル長男が………





ハートのペアリング作ってくれたーーーーーー!!!








スウィーーーーートーーーーー!!!!


お母ちゃん感動しすぎて、あっちこっちに自慢しまくったったわ!!

うおおおおおおおん!!


ほしたらばね、お友だちがね、一周年は紙婚式っていうんやでって言うから

ちょっとウィキペディアで調べてみましたの。


  1周年:紙婚式
  2周年:藁婚式、綿婚式
  3周年:革婚式、糖果婚式
  4周年:花と果実婚式、(絹婚式、リンネル婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式
 5周年:木婚式
 6周年:鉄婚式
  7周年:銅婚式
  8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式
 9周年:陶器婚式
10周年:アルミ婚式、錫婚式
11周年:鋼鉄婚式
  12周年:絹婚式、亜麻婚式
  13周年:レース婚式
  14周年:象牙婚式
  15周年:水晶婚式
  20周年:磁器婚式、陶器婚式
  25周年:銀婚式
  30周年:真珠婚式
 35周年:珊瑚婚式
 40周年:ルビー婚式
  45周年:サファイア婚式
  50周年:金婚式
  55周年:エメラルド婚式
  60周年:ダイヤモンド婚式
  70周年:プラチナ婚式

 ※外国ではこの上に75年目が“ダイヤと金”、80年目が“樫”、85年目が“ワイン”と続く。



面白いでしょー。 85年目がワイン婚式だなんてオシャレですわねぇ。

結婚した日に高いワインを買って85年後までとっておくとか、やってみたいですねぇ。

お父ちゃんとお母ちゃんは5周年なので木婚式だから、ほんとなら木彫りの指輪かな?



でもでも、この折り紙のペアリングは一生大事にしますっ。 家宝ですっ。

ありがとーーーーー!!!

うおおおおおおん。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。