大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

かまって熱 





出ました出ました。


チマ吉くんの


「かまってお熱」!!







月曜日の夜に急に38.8度のフィーバー!

今回もちゃーんとくっきり二重です!

鼻水も出てない咳もしてない、

時期が時期なもんでインフルエンザもちょっと疑ったけど

これは…この感じは……


「お母さんかまって」熱!


本人は我慢してるつもりはなさそうだし

かわいいかわいいの連発で

三男坊にやきもちをやく感情までたどり着いてなさそうだけど

なんとなーく…

ようちえんの送り迎えはお母さんじゃないし、

なんとなーく…

お母さんと一緒に寝てるのは赤ちゃんだし、

なんとなーく…

今までとは違うお母さんとの距離の取り方に違和感?


その結果…フィーバー!

くっくっく…かわいいやつめー!


お熱が出ているときはそりゃあもうお母さんコール出しっぱなしで

夜中の授乳中でも

「おかあざーーん…こっちきてえーーー…ぎゅうしてええーーー」

って呼ばれたり、甘えたい放題でございました。


幸いお熱は一日で下がり、

フィーバー恒例の二重も一重に戻り、

今は至っていつものチマです。


見えないけれどどう?

チマの心の中は何か変わった?


お父さんもお母さんも末っ子だから経験したことがないのだけど

お兄ちゃんになるっていうのはとっても嬉しくってとっても大変なんだろな。


がんばれチマ吉ー!





スポンサーサイト

NOWなゲームです。 





………結局、

サンタが届けてくれたちっこいオセロはやりにくくて

(特に大人が相手しにくくってもう。)


どどん。




庭師がヤフオクで落とした日本オセロ連盟公認のオセロボードが届きました……。



またしても昭和の香りがプンプンのお品で





NOWなゲームです!

ほんでもって


ゴージャスなムード!!!!


確かに箱の写真はとってもムーディーーーー!!

ちょっとこんなゴージャスなゲーム、大福屋のお子ちゃまには早いんじゃないのー?!


なーんて、一生懸命やるもんで上達も早いです。

自分が負けてくるとすねたり泣いたりする人もいますけどね。


チマ吉とか、チマ吉とか、あとはチマ吉とか。








17日のこと。 





17日の朝、おしるしがありました。



長男は破水から、次男は陣痛から始まったので

おしるしからお産が始まったのは今回が初めて。






実は大福家のお兄ちゃんたちはみーんな17日生まれ。

三連休で産まれてこなかったので

ああもうきっとこれは17日を待ってるなという予感はありましたが

正に!

土曜日で庭師も居てくれるし、絶対に今日産んでやる! という気持ちになったお母ちゃん。

実際はおしるしがあっても陣痛は二日後にやってきたり、

その日がお産につながるというケースはまちまちだそうですが、

17日は予定日で検診日。

「前回内診しましょうかって聞いたとき、あなた17日まで産まれてなければ

 17日の検診の時でいいですって言ったでしょ? ああ、そういうことなんだなって思ったのよね。」

とは院長先生のお言葉。

いやもう今日でしょ。 

これは今日でしょ。

今日産むしかないでしょーーー!!

なんてさくらバースの助産師さんたちと打合せしつつ

その辺ぐるぐる歩き回っておいでーーーー!と言われ、

陣痛を促進するためにどしんどしんと足踏みしてショッピングモールを徘徊したのがお昼頃。

炭酸水も飲みつつ…

来ました来ました陣痛ーーー!

そうそう…子宮でもないしおなかでもない…

陣痛って…陣痛って……

腰にくるんだよなーーーー!!

と、ひとりでこれだわこれだわと納得しつつ、

すぐにお産になりそうにもなかったので一度家に帰宅。


まだ余裕のある陣痛だったのでいざという時のためのカレーを仕込みました。

その後はひたすら炭酸のんで足踏み足踏み。

「逃がさねえ… おまえ(陣痛)を逃がさねえぞ…… 逃がしてたまるか…… ゼーハー…」

ストイックなボクサー気分で陣痛と戦うこと数時間…


夕方の5時ごろ、そろそろ病院行っといた方がいいかな〜という痛みになってきたんですが

夜中の出産じゃないならなんとしてもお兄ちゃんたちに立ち会わせてあげたいという気持ちが強く

カレー食べたら行こうぜ!と決断したお母ちゃん。

きっとお母ちゃんも途中でおなかがすいたら電池切れで頑張れないし、

子どもたちはちゃんと食べさせてから、歯磨きして、

赤ちゃんが産まれたら庭師と帰ってきてすぐに寝れるようにしとこう!

そんな苦渋の決断にイマイチ状況がわかってない長男が


まさかのカレーおかわりですわ。


いやいや、大好物だからね…知ってるよ知ってるよ知ってるけど 産まれるわ。

大急ぎで二杯目を平らげさせて歯磨き!

バタバタと準備して出発ーーー!!


……………。


ちょっと…待てよ…… みんな我先にと車に乗り込んでるけど…

駐車場まで階段も…坂道も…あるのに… 

もう結構痛いから…立ち止まりながらしか歩けねえのに主役置いていくなよ…

庭師よ…せめてリュック持って…く…れ……


あのね

ほんとにね

みんなお母ちゃんを丈夫だと思いすぎ。

無敵だと思いすぎ。 

陣痛の時くらいはもっといたわってもよくないですか。


まあそんなこんなで無事に病院に到着ですよ。

もう陣痛が来てる時にはまっすぐに立ってられないくらいだったので

助産院に着いた瞬間にお産の準備開始です。


どんどん陣痛の間隔が狭まって何かを握りしめたい衝動に。

チマ吉が手を差し出してくれたので痛みが強くなるたびにぎゅうっと握りしめていました。

やわらかくて温かい生命力に満ち満ちているチマのおててがなんだかとても心地よくて

がんばるでー!っていうエネルギーをもらえた気がします。

そう、今回の目標は「怒り」で産まない。

レメディも飲んだし、陣痛も落ち着いて待てたし、リラックスリラックス……


でもやっぱり最後は ムーーーリーーーーー


ちょっとでも気に入らないことは排除したくてわがままいっぱい言いました。

赤ちゃんが生まれた時に寒いからとエアコンをつけようとした助産師さんに

「エアコン気持ち悪いんでやめてください!!」

って言ったり、

「くつした脱がせてください!!」

って言ったり、

庭師には

「こないだみたいに頭おさえて…ゼーハー

 いや、今はおさえなくても大丈夫…やっぱりちょっとおさえて…ゼーハー…」

言いたい放題。笑

そら立ち会いたくなくなるわ。


確かに陣痛ピーク時に最後まで落ち着いてと言うのはムリでしたけど

兄ちゃんたちを産んだ時のような「怒り」の感情は湧きませんでした。

夫への怒り、女として生まれたことへの怒り、同じ痛みをまた経験しようとしていることへの怒り…

そんなのはなかったです。


そんなことよりも、ほんとのところ

素っ裸になってベランダに飛び出して

思いっきり寒い冬の空気を吸って吐いて産みたかった。


……言うてもそれはさすがに産まれてきた赤ん坊が危険だし、

暑いのは自分だけだから叶わないことだったのですけれど

痛みで理性がぶっ飛んでる時にはそんな気分でした。


いよいよ生まれるよという時、

四つん這いでも肩の方に高さを出さないといけなくて

(赤ちゃんが重力で下に降りてきやすいように)

助産師さんの方からご主人の背中につかまって!という指示がありました。

がばっとつかまったんだけど、

その時にご主人が着ていたもこもこフリースの肌触りがほんまにめっちゃ腹立って

「これ、いや!」

と叫んだお母ちゃん。

すぐにフリースを脱いだご主人ですが下に来ていたのは分厚いセーターで

その肌触りも絶対にいけ好かん感じでしてねぇ……

だって既に汗だくやのにそんな毛糸のもんにしがみつきたないでしょーーー?

ただその時には「いやです」と訴える前に助産師さんがご主人の肩にサッとバスタオルをかけてくださいました。

さすが助産師さん… わかっていらっしゃる……

「わかるわよ、わかるわよ。 お産の時にはちょっとした感触が嫌だったりするのよね。わかるわよー。」

といいながら背中をさすってくれる院長先生…

ううう…… 寄り添って下さる言葉が本当にありがたい……


いよいよ頭が出て来る時、

産まれる瞬間を見る!と言い張っていた子どもたちは場所を移動して見えるところへ。

産声が聞こえて、腰の周りに駆け巡っていた力がふーーーうっと抜けて

「はーーい! おめでとうございまーーす!!」 という院長先生の声が部屋に響きました。

それまで理性がぶっ飛んでいたのが嘘みたいにシューっと我に返るお母ちゃん。

すると急に心配になるのは上の子どもたちのこと。

へその緒を切りたいと言っていたチマ吉でしたが、やっぱり少し怖くなったみたいで

最後は助産師さんたちにお願いしました。

色々と処置が終わって、

薄暗い部屋で産まれたばかりの赤ちゃんを抱かせてもらったお兄ちゃんたち。

こわれてしまいそうなほど柔らかくて小さな小さなかわいい赤ちゃんの体温、重み。


貴重な体験をしたね。

各々何を思ったかな。


きっとゆっくり消化してまた忘れたころにぽつりと話してくれるでしょう。


お母ちゃんはね、大切な家族に見守られて、

自分が選んだ安心できる場所と人にサポートしてもらって、

これが人生最後のお産で悔いはないわと思えるいいお産だったよ。


それはすべて2015年、最初の17日のこと。

ちゃんとお兄ちゃんたちと足並み揃えて来るなんてさすがだわね、三男坊。

お誕生おめでとう三男坊。

元気いっぱいに産まれてきてくれてありがとう三男坊。










おっぱいの源は 





赤ちゃんが誕生してから一週間たちました。

すでに退院して母に寝てなさいと言われながらも

ついつい家にいると動いてしまう日々です。


今朝はオムツを替えている時におしっこを飛ばされててんやわんやという

なんだか懐かしいてんやわんやでてんやわんやでした。


さてと、

出産記録の前に今回も感動したさくらバースのごはんの話してもいいですか。


さくらバースでの入院中

赤ちゃんが寝ている間はヒマすぎてですね、

美味しい手作りごはんをひたすら待ちわびるという贅沢な時間をすごしたわけですけどもっ


一食一食が嬉しくて嬉しくてお写真におさめてしまいましたよう。




ある日は巻きずし…





ある日は釜めし…





そして寄せ鍋ー!


どれもこれもお出汁の味が絶妙で

ついつい 「おかあさーーーーーん!!」 と叫びたくなるごはんなんですー

いや、実家の母のお味とはまた違って美味しいのですけど…


とにかく毎回毎回きちんと正座して、

丁寧に丁寧に「いただきます」と「ごちそうさま」を言わずにはいられない心のこもったごはんなのです。


一口食べて「あーこの味だ…」と涙が出そうになったお母ちゃんですが、

それもそのはず、 次男の出産でお世話になった時と同じ笑顔で迎えてくれたごはん係のおばちゃん…

ごはんを運んできてくれる時にいつも赤ちゃんに一声かけていってくれるんですよねー


さくらバースのごはんは出産でがんばったお母さんと赤ちゃんへの最大のご褒美。

食べたくてまた産みたくなるくらい! ほんとよ!


こちらは退院する日の朝の祝い御膳。

鯛にお赤飯!











これが最後か…と、半泣きでゆっくりと味わっていただきました。



おばちゃーん! 

おかげさまで授乳も順調、赤ちゃんもすくすく育ってマース!

これからも美味しい美味しいおっぱいの源ごはんを作り続けて下さいねー!










産んだよ産まれたよ 





17日の夜

お兄ちゃんたちに見守られながら

赤ちゃん産みました、産まれました。



ちんまいのーーーーー。





抱っこした表情はすっかりお兄ちゃん。 ぷぷぷ。







3545グラム、男の子です。

髪の毛ふさふさ。



お見舞いにきたチマ吉くんは

お母さんどいてと言わんばかりに割り込んできて

ほやほやの弟を愛でております。







赤ちゃんが遊べるようにとライオンを折ってきてくれたのは一番上のお兄ちゃん。

お得意のユビワも。







ぎゃひーーーん。




いやー

ちっともうるさくねえわい。

泣きなはれ泣きなはれ〜。



取り急ぎ、ヤキモキしてくれていたみんなへ

大福屋の新しい家族のご報告でした!

またゆっくりと出産記録は書き記したいと思います!



でやっ













3学期が始まって。 






あ、ヤキモキさせてすいません。

まだ産まれてませんよ。


















なんだか偶然同時期に出産を控えていたにんぷさんが周りに何人かいたのですが

どんどん産まれていて~ うらやましい〜 ヤキモキヤキモキ~

みんなおめでとう〜!! おつかれさま〜!!

ああ!! そして新生児のかわいらしいことっ!!

もうちんまいちんまいっ!!

あー… ほんと出産通り越して授乳したいですー…

明日はいよいよ予定日なのでまた検診に行かねばなのですけどー…


さて! そんなことは言っても3学期が始まりました!

お弁当の準備と朝ごはん、掃除洗濯で朝はバタバタバタバターーー!

ようちえんに行って馴染みの顔を見てなんだか一安心。 

スイッチも入ります。


3学期はみんながひとつにまとまってきて、新しい芸術体験が始まる学期です。

長男は毛糸で指編みや布を織る手仕事を。

次男は水彩…ストーリーは兄の時と同じで池にスケートに行くという設定ですね。


心地よい緊張と集中力。

新しいことが始まるときの子どもたちのキラキラした顔。

いいな。 いいな。


3学期はほんとに楽しそうなのだけど、その分あっという間なのですよね。

大福庭の梅は早咲きなので、もうピンクの花を咲かせております。

まだまだ寒いけれど、どんどん春への準備が進んでいるのですね。



おなかの中のあなたもせっせと準備しているご様子ですけどいかがかしら。

支度を整えたらいつでもどうぞ。












夫のおもしろいところ。 





水曜日の朝に

夫がおもしろいことを話してくれた。


夫はあんまり自分から話をしたりする人ではないのだけれど

時々何かの考えがまとまったりすると話してくれる。


大体未来のプランの一部分の話なんだけど

ちんぷんかんぷんで反応に困ることもあるし

興味がなさすぎて期待に応えられないこともある。


でも

夫のプランをかき集めて広げてみたら

そのうちの半分くらいは

ああ〜 わたしもそう思ってたんだよ〜

と、わくわくしてくる。


何年か前にわたしが種を蒔いていて

そんなことを忘れたころに夫はちゃんと育てていて答えてくれていたりもする。

本人は全くそんなつもりはないだろうけど

話題にした時には聞いてんだか聞いてないんだかわからん反応だったりするのに

え?! その宿題今頃持ってきてくれたん?!

みたいな感じ。


だからわたしは考えがまとまってなくても

思いつきで適当に色々べらべらしゃべっている。

夫が疲れている時なんかたぶん右から左〜なんだけど

全然違うところで変換して形をかえてスピードラーニングの要領で

なんでもいいから色々色々吹き込んでみる。



するとなんだかある日突然ポンッと跳ね返ってくる。



夫は何かの記念日にこじゃれたプレゼントを用意出来る人ではないのだけれど

こういう日が年に何度かあって

何か特別なプレゼントをサプライズでもらった気分になる。




そこが なんとも夫のおもしろいところ。














急かされにんぷ 





どうも こんにちは


まだかまだかと


急かされにんぷです。



先週は両家のヤキモキばあばたちから 

「生まれる前からお手伝いしに行こうか?!」 との申し出も。

ヤキモキさせてすいません。

産まれたら手伝いに来てくれる予定なのですが

いつ産まれるかもわからないのに

予定も入れずに待っていてくれるのかと思うと本当にありがたいなあと思います。









でもでも…


この三連休、お散歩したんだけども、炭酸も飲んだけれども、

産まれなかったーーー。



そりゃそうですよね。

狙った通りなんか出て来てくれないですよね。



今日のさくらバースでの検診では

足湯、陣痛促進のツボ押し、舟漕ぎ体操の復習と、フルコースでございました。

なんか疲れた…


でも足湯はやっぱり気持ちよくって

今週は幼稚園のスケジュールも入ってくるし、

家ではなるべくリラックスするよう心がけようと思いました。

お母さん業って三食準備してたらそれだけで動き回りがちやしね。




あわてないあわてない

ひとやすみひとやすみ
















オトボケへすぺろにくす 





やあ

どうも



へすぺろにくすくんだよ。








色の塗り方とか 地面を描いたりとか

長男の絵の描写力は年齢とともに進化していて

いつでもとても興味深いのですが


ずっと変わらないのが



おとぼけ顔。



何を描いても



おとぼけ顔。



今流行りのジバニャンを描いたって


なんだかとってもおとぼけ顔。



「わーー! 上手にかけたやーん! ………ぷっ。」

って笑ってしまうお母さんを許して。



少し天然な感じの長男の個性が出ているおとぼけ顔の絵が

とっても好きですよー。







しつこくおでぶにんぷ記録 





しつこくおでぶなにんぷの臨月記録日誌です。


いやだってもしかしたら人生最後のにんぷ生活かもしれないし

上のふたりの時の記録を残さなさすぎたし

やっぱり思い出そうとしても思い出せないことも多いから

記録しておかねば忘れてしまうんだなあと。

そして息子たちが結婚してそれぞれの家庭を持ったら

「お互いお疲れ様でした」って庭師と涙しながらこの大福屋物語を読むのですよぅ……

オウゥっ…オウゥ…


話がそれましたがー


昨晩は満月効果かとても強くおなかが張っていて

このまま激しく階段上り下りして炭酸とか飲んだらそのままいけるんちゃうかいと思ったのだけど

子どもたちももう寝ていたし、庭師とも連絡つきにくい感じだったし、

これは深夜にならないと帰れないコースなんだろなと思って


無理矢理寝ました。






そしたらねー

するっぽーんといつも寝ているベッドで産まれてきちゃう夢を見ちゃいましてねー

いくら助産院に電話しようとしても庭師に電話しようとしてもかけられなくてつながらなくて

救急車もどうやってもかけられなくて

なんでかどの番号も途中までで消えちゃうんですよーーー

ヒーーーー

なんて心理状態がわかりやすい夢ーーーー

長男は起きてきてくれたんですがチマは寝てるし

ヒャー どうすっぺどうすっぺ! 

とパニックになってしまって

そこでハッと目が覚めて



恐る恐るおまた触ったらおらんかってん………



夢で良かったっていうほっとした気持ちと

あーやっぱりあんなにするりとは出てきてくれないかーとがっかりした気持ちと

なんだか複雑でした…


あんだけ子どもも大きくなってあんしーんとかいって

いつでも陣痛オッケーってリラックスしてたはずなのに

夢見てからものすごソワッソワしてます……ヤダー


気張らないで3連休狙って産もっと…

よろしくたのむわ三男坊!












3分待ったら出来るんですよ。 




子どもが生まれる以前はパルシステムで時々買っていた

うどん、おそば、ラーメン2種類が5食ずつ入った

化学調味料不使用の即席麺ボックスセット。


いくら国産の小麦だと言っても化学調味料不使用と言っても

お味はどれもしょっぱくって大人仕様のため、最近は全然買ってませんでした。


今回久々に買ってみたのですよね。

冬休みだし、出産のタイミングがどうなるかわからないから

庭師が一人でもなんとか出来るように。


そんでもって今日のお昼ごはんに何気なく提案してみたわけです。

「昆布のおにぎりとー、ラーメン食べようか〜。」

そう言うと、

「え!? お母さんラーメンおうちで作れるの!?」

「…いや、まあお母さんお湯注ぐだけやけども…作れるよ。」

「え?!お湯を注ぐだけなの!?」


オヨヨヨ?? なんだこの食いつきようと新鮮な反応……


そうか……

もしかして……



君たちは一度もカップラーメンを食べたことがないのか!!




袋から麺を取り出して器に入れて、かやくを入れて

お湯を注いで、はい、ここから3分待つんだよ!


目をキラキラさせながら見ていたおふたりさん。


「3分?! お母さん3分て何?!」


えーと… 時計の一番細ーい針があるやろー?

それが3回同じところに戻ってきたら3分や!


「ええー!! そんなすぐに出来るの?! すごいねお母さん!!」


初めてだと大分エンターテイメントな食べ物なんですねお湯を注いで3分のラーメン……

すごい発明品だほんと…





お汁はしょっぱいから全部飲まないほうがいいよー。


おいしーーー





でもやっぱりしょっぱかったみたいで

お水がぶがぶ飲みながらのお昼ご飯でした。

子どもにはかやく半分でも良かったかも…

お母ちゃんでも最近は滅多に食べないからしょっぱく感じて

おにぎりと一緒に食べればよかった〜と、後悔したほどだもの…



冬休みの

なんだか楽しいお昼ご飯でございました。

チャンチャン。




にんぷーおでぶーひでぶー 




5日の満月、

まんまるで煌々としていてとてもきれいやった〜



が、陣痛は来ず。


先週よりもずっとお産が近いんだろうなという兆候はあって

年明け最初の検診ではもうエコーでお顔が見られないくらい

下に降りてきてはいるのですが…来ず。

まあこんなに家の中が寒かったらおなかの中の方が気持ち良かろうねぇ……


なーんてことを考えつつもちゃんと出てきてもらわにゃ病院送りの薬投与だわいね!

ひー! やだやだやめてー! 母と子のタイミングで産ませてーーー!


今日は午後から雨だというので

急いで近くのスーパーまで歩く歩く!







……もうペンギンのような姿のお母ちゃん。

お正月も順調に食べ続けてトータル13キロ増ですわい。 ひでぶ!


スーパーから帰る途中にご近所の方とばったり会ったのですけれど


「お顔がふっくら丸くなって誰だかわからなかったわ〜。」


って言われてしまいました。 

ひでぶぅ…


言われなくてもまんまるだしどすこいだし

今やナインじゃなくて期間限定ボインやし

授乳が始まったらこの蓄えがないとやっていけねえんだってわかっちゃいるけどーーーーっ


ド直球で言われるとやっぱりちょっと傷つくんですね人間って……


ヨヨヨー……ボヨヨーン。









新年・バトミントン部 




お母ちゃん、

陣痛促進をかねて

片道徒歩30分くらいのブックオフまで

一人でえっちらおっちら行ってきたんですが

本は20パーオフやし、子供服とレディースは半額やし、


めっちゃ楽しかった。


だって大体1000円以下に値付けされた質の良いお洋服が

その半額で買えちゃうのだよ?!

ユニクロよりもずうっとお安いのだよ?!

もう楽しい楽しい。

いやー あそこには一日居れますよー。

最寄りのブックオフはほんとに大きくて

食器や楽器、赤ちゃん用品も結構な品揃えで本当に便利。

もしも最寄りの巨大ブックオフがなくなっちまったら

たぶん最寄りのショッピングモールがなくなるよりも困る……


ハイ、というわけで子どもたちにも買っちゃいました。

スポーツ用品コーナーにて、

欲しがっていたバトミントンを発見!


ヤッフー!

お正月って言ったらバトミントンやろーーーーー!!





もちろん気合い十分な割にラリーはちいとも続きません笑。


お父さんのご指導が入ります。


素振り素振り。





子どもたちの出来る遊びがどんどん増えていくのは楽しいですねー!

早くドッチボールとか本気でやりたいわっ。


家族が増えて

みんな小学生くらいになったら

体育館貸し切ってバトミントン大会やろうなっ!!



なっ!!









庭師のお正月休み 






新年明けて

初詣に行ったり子どもたちと戯れつつも

ひたすらお庭仕事に明け暮れていた庭師。



裏庭の剪定をしたり

芝生の雑草抜きをしたり

斜面に階段を増やしたり






そんで手伝うわけでもなく木登りしたりうろちょろしたりしている息子たち。

ばあちゃんちに行きたいなあ…とぼやきつづけていたおふたりさんです。

ごめんねえ。

赤ちゃんが産まれたら来てくれるからねー。



捨てようか迷っていた椅子を解体してなんか作り始めた庭師。







見て見て。







ロッキン座椅子!!





こたつで座っていると腰に負担がかかるので

これがあると胡坐がかきやすいんだとかー。


お母ちゃんも座ってみましたが………


臨月のポンポコリンでは何をどうやったって

こたつで座ってんのはしんどいってことがわかりました。

寝ころぶしかない…けど、寝ころぶと寝ちゃう……ブー。


そんなこんなでずうっと大福屋近辺で過ごしたお休みも昨日で終わり。

三食作り続けて冷蔵庫は空っぽですわ!

お母ちゃんやりきった感がありますわ!


さあさあ今日から仕事始めですね。

今年も元気にいってらっしゃーーーい!











庭師のペンケース 






まだ冬休みに入る前のこと


庭師がお仕事で使うペンケースを編みました。















夏場にはちょっと暑苦しい素材だと思うから

麻とかでもうひとつ作ってもいいのかもしれないけど

夏に手仕事をする気にはならないだろうから



ハイ、きっとこのままでしょうね。




それにしても最近の百均の毛糸すごいっすね。

ウール100でしかも素朴な色合いのものが揃っていたり。

手芸屋さんで良い毛糸買っちゃうとそりゃあもうかわいく仕上がりますけども

ほんなら買ったらええやんかっていう話になってしまうお値段。

せっかく時間をかけて作るならお得感がないとやだものー!


…でも そんなお安い毛糸ってどうやって作られているのでしょうかねー……

育ててる時の違い? 紡いだり染める工程での違い?

ひつじさん…だいじょうぶかな……

ああ…ひつじ年つながり。

メェー。


いつか ターシャテューダーおばあちゃんみたいに

刈り取って紡ぐところからやってみたいなあと

手仕事への想いも膨らむ冬です。


そういや庭師にアルパカを庭で育てたいっていう相談をしたことはあるんですけど…







出産アイテム 





安産祈願の時に大原神社でいただいていた

子安箸と子安砂のことをすっかり忘れていました。


出産が近づいたらこのお箸でごはんを食べるんですよ。

出産が近づいたら砂を枕か布団の下に敷いて寝るんですよ。


はい、そのように致します。








そしてご近所の竹の子先輩お母さんから

チャイルドバースのレメディーキットが!





人それぞれ性格や出産の傾向が違うため、

一度の出産で使い切れるものでもないようで

何人かの竹の子にんぷさんたちの間で回ってきているようです。


お母ちゃんの場合、

二度の出産で共通しているキーワードが

出血が多いことと陣痛時の「怒り」。


普段レメディーを常用しているわけではありませんが

お産の兆候があれば今回は使ってみようと思います。


どんぴしゃだと陣痛の時でも落ち着いていて、産後がとても楽なんですって。

……う〜 一度でいいから冷静に産んでみたい…




さあて、今日はお天気だし、舟漕ぎ体操やらねばーーー!








明けましておめでとうございます。 




明けましておめでとうございます。


とてもとても寒いお正月で

洗濯機が回せません。


凍結して。


あ、大丈夫です。 お昼くらいには溶けますので。


昨日はこちらでも雪が降りまして

庭師に出産禁止と言われました。

舟漕ぎ体操中止です。

子どもたちだけは 「積もるかなあ〜積もるかな〜」 と、

わくわくしていたけれど

残念、積もる前に止みました。


今日もとても寒いけれど

お日さまは出ているので初詣に行こうかなと話しています。







振り返って


2014年はカフェ開店の目標まで到達できませんでした。

この家も土地も好きだけれど 見えない敵に対してどうしたらいいものか… 

意識が外へ外へと向いていきました。

働き方や暮らし方… 子どもと過ごすようになって、この家に住んで

夫婦そろって考え方が大分変わりましたが、

同じ方向に変わっていっているのでいい変化なのだと思います。

そして赤ちゃんを授かり、また内へ内へと意識が向き出しました。

出産が終わったらまた、

庭師が作ってくれたカウンターのカフェが土日オープンできるよう、

準備していきたいと思います。


というわけで今年の抱負

「意識はしっかり向けて 少し手放す」

小学校入学を控えている長男に対して一番言えることかもしれませんが

幼稚園や家の環境とかも色々…… 

許して受け入れて 少しずつ手放して


毎日丁寧に生きたいです。



さあ、今日も一日、しゅっぱーつ。


どーーーーーーん!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。