大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

いかめしくんのお食い初め 






いかめしくん、生誕100日おめでとう〜。


というわけで、お食い初め。



どどーん。






あ。 お箸の向きが逆やん。


こちらの赤いお椀のセットは長男がお宮参りした時に神社でいただいたもの。

なんとも可愛らしいサイズ感で気に入っているので

長男も次男もこのお椀たちに色々とお料理を並べてお食い初めをしました。


お赤飯を炊いて、お庭で石を拾ってきて、おかずをちょっとずつ乗っけて……

おなかいっぱいに食べるのが目的ではないので

ちょこちょこ盛り付けるのが楽しいんです。

小鯛が旬だということで今回初めて鯛の塩焼きなるものをこさえてみたんですが

お魚の下処理がへったくそなもんで鱗があっちこっちにとぶとぶー!

先ず出刃包丁も持ってへんし……。

お母ちゃん、悪戦苦闘してこさえましたよう。



ほれほれ。

ちょいとなめてみんしゃい。








いかめしくん、

これで君は一生食べるのに困ることはなかろう。



めでたし。






スポンサーサイト

母さんは心配性 






先週、小学校の新生活で知恵熱が出ちゃったけれど

学校にはとっても行きたいお兄さん。


寝てなきゃ治らないんじゃない?とお母ちゃんが言うもんで

仕方なくベッドの壁をドゴドゴと叩きながら横になりつつ退屈な土曜日を過ごし、

その甲斐あってか日曜の朝にはスッキリ。

月曜日にはまた嬉しそうに学校に行きました。


そういえば知恵熱が出る何日か前に、めでたく下の歯が抜けたんです。

ずっとぐらぐらしていた歯が朝ごはんの時にぽろっと抜け落ちて

大層喜んでおられました。


今日はもう一本ぐらぐらしていた下の歯が学校で抜けたみたいで

ちゃんと先生に報告しに行ったみたい。

「連絡帳袋に入れときなさいって言われたよ。」

おお〜。 ちゃんと先生に言いに行けるのか。 えらいじゃないの。



歯も抜けるし、知恵熱も割と早く出せたし、なんだか色々と成長を感じますよう〜。






あの………

お気づきかとは思いますが、
 


お母ちゃんはやっぱり第一子が一番心配!



ほんといちいち心配!

いちいち親の立場では初めてだからもうほんといちいちオロオロ!

そんなもんです!


ぷしゅー。









布オムツに挑戦 





ひとりめ、初めての育児で精神的にてんてこまい。

ふたりめ、ほとんど年子で体力的にてんてこまい。

どっちにしてもてんてこまい過ぎて手を出す気にもならなかった布オムツ。


ずっと憧れはあったのです。

布ナプキンで布の快適さを実感していたし、

毎回ゴミの日に捨てる紙オムツの量にもぞっとしちゃうし。

なんてったってあの布オムツ姿の赤ちゃんのおしりってとってもかわいいでしょう?!

いかめしくんの布オムツ姿なんて想像しただけで悶絶!


でもまあ今回だって産後に慣れないことを始めるのはしんどいし、

真冬で洗濯物は乾きにくいし…ってことでずっと紙オムツ生活。



お母ちゃんはあったかくなるのを待っておりましたーーー!




どどどん。







いやー

ようちえんのお母さまたちのサポート力半端ないっすわー

ここにいると日本社会の子育てへの風当たりの強さなんて忘れちゃうくらい

「子は国の宝」感半端ないっすわー。


「あったかくなったしー、ちょっと布に挑戦しようとおもってんだけどもー。」

…っと、つぶやいた翌日にどーーーんですよ。


「80のオムツカバーだけよそにあげちゃってないのよねー」

って、チャリ通やのにオムツバケツまで一気に持ってきてくれたお母さんAが呟いたら

翌日に電車で一時間かけて通ってるお母さんBが80のオムツカバーどーーーんですよ。


もーーーっ! 

すてきいいいい。涙

ありがとうございますううううう。涙

初心者ですけどがんばりますううううう。涙


せっかくなのでお気に入りのかごにセット!

うっふっふー!

完璧じゃー!










やったぜフィーバー 






くっくっくっ………


でたよでたよでましたよ……



長男の知恵熱ーーー!



いやはや、

ほんとに誰一人知らない35人のクラスで3週間、よくがんばりました!!

お母ちゃん、あなたの知恵熱待ってたのヨーーー!!

ゴールデンウィークくらいかな~なんて思ってたから意外に早く出てくれてホッとしたわヨーーー!!



知恵熱、きっかけはなんともありがたや、チマ吉さまでした。

学校から帰宅していつものようにじゃれ合っていたふたり。

すると、いつもならそんなとこでそんくらいで泣かないでしょってところで泣き出した長男。

オイオイ、チマ吉~!ちょっと加減誤ったんやないの~?!と思ってチマ吉を叱っていたら

更においおい泣きだした長男。

えー?そんなに痛くないやろー? 怒られてるのチマ吉やしー……?

と、ここでお母ちゃんピーーーーンと来ましたよ!


こ…これは……… 一年生疲れのデトックス?!


おおおお!! 泣け泣けーーー!!

そうだよそうだよ、泣いていいんだよーーー!!

ほんとよくがんばったものねーーー!!


そのままお母ちゃんがぎゅうっとしていてやると、みるみる熱くなっていく長男。


もう体温計なんていりません。

布団入って早く寝な。


長男は布団で横になった途端、目に涙を浮かべながらもすうっと寝てしまいました。



ワハー。 お母ちゃんお赤飯炊いてあげたい気分だよー。

熱が下がったらどうなるかな? 一皮むけるかな? 

楽しみ楽しみ………くっくっくっ………












メタセコイア落ちてます。 





いいお天気、 お散歩日和。



近くの梅林公園では今年もメタセコイアがたくさん落ちてました。

去年に引き続きメタセコイアリースを作る予定なので

チマ吉くんに収集をお願い。




ほらほら。 おおつぶ。








見て見て。 お母ちゃんも。








さて、おなかすいたね。

いっぱい拾ったからお昼ご飯食べに帰ろっかー。








ぐふぅ♡






おとなしく待ってたんだから早くぱいぱいをくだしゃい♡











おはよう いってきます 





おはよう おはよう!


朝6時


お母ちゃんが布団から出ると

子どもたちも待ってましたと言わんばかりに起きて来る。


ほんとはお日様と一緒に目覚めているのだけど

お母ちゃんが動き出すまではお布団から出てこない子どもたち。







長男の小学校、

やっぱりまだお友達は出来ていないみたいなんだけど

とっても楽しいらしい。

周りの友達の会話を聞いて混ざっている気分になったり

遊ぶ様子を見ているだけで楽しくなっちゃうのが長男。

目に映るもの、耳にするもの全部が新鮮で

観察して分析して……

たぶん授業もすごく楽しいんだと思う。


なんだか親の方がやきもきしてしまう日々なんだけれど

腕の中にはほやほやのいかめしくん。



………うん。 そうね。 あなたには元気で大きくなってくれればそれで十分って思ってる。



一年生だって

元気に いってきます! と出て行って

ただいま! 楽しかった! と帰ってくるんだから

それでいっか。




母は「親」という漢字の通り、木の上に立って見守るとします。










救急トランク 





先日、ハッと気づいたんです。



我が家に無いもの。

そしてこれからきっと必要になるもの。





ハイ、開けますよー。








パカーーーッ!!






そうでーす。

救急箱でーす。


箱でもないので救急トランクですねー。


このトランク、高校生くらいの時に万博のフリマで500円で買いました。

よく覚えてるー。

まだやってるんでしょうかね、万博のフリマ。

何度か出店もしたけれど、懐かしいなぁ。


買ってから今までずーーーっととっかえひっかえ色んな画材がごっちゃごっちゃと入っていたんですが

救急箱にちょうどいい大きさだったので中身をごっそりと入れ替えました。


さあ、これから君は救急トランクだよ。 

がんばりたまえ。







ツル兄弟 





チマ吉兄さん、

2年目のようちえん生活で慣れっこのはずですが

4月は先生たちも気合いが入ってるし、小びとたちも入れ変わったし、待機のお母さんたちはいるしで

ちょっと緊張気味。

とは言っても、先生たちとは生まれた時からのお付き合いだし、

お友達もお友達のお母さんとも長いお付き合い。

園舎自体にはもう何年通ってるんだか……



だけどそれでもやっぱりどきどき。

お兄ちゃんももういないしね。




で、作ったのが、







ツル。



ようちえんの折り紙は決まりきった形にならないよう予め多角形に切ってあります。



……じゃなくて、



おまえもかーーーーーー!!



5羽も折っちゃったよーーーー!!




もう…ほんまにどうしましょうかね…… 

このツル兄弟…






きみの名前はいかめしくん。 





チマ吉兄ちゃんのようちえんが始まりました。



久しぶりに三男坊に会った先生や竹の子母さんたち、

みんながでかいでかい、おでぶちゃんおでぶちゃんって………



ええ、もうすぐ三か月の彼はすっかりおでぶちゃんですよ。


でぶーん。






おなかのたぷたぷな感じがなんだかとってもイカ飯っぽい。

よーし。 今日から君の名前はいかめしくんだ。


今となっては全然体格の違うお兄ちゃん二人ですが

同じように生後三か月の時には通ってきた いかめしくんの道。



なんだかねー。 

我が家はみんなこんな感じなんですー。

でぶーん。








うわさのツル 





今日も休み時間に折ったという「ツル」を持って帰ってきました。








緑のが初日に。

オレンジのは三日目の今日に。



手持無沙汰な新一年生の休み時間、

先生が提案したのが 折り紙orお絵かき だったようです。


で、今日もブレずに 「ツル」。


まあ長男の数あるレパートリーの中では

休み時間の間に折り終わる手順でちょっと自慢できてポピュラーなのは「ツル」なんかなー…と。

色々考えてんだろなー。 いや、なんも考えてないのかなーーーー。笑


「だまし船」とか作って隣の子とコミュニケーション! 

なんてのはハードルが高すぎますよねー。 

そりゃあ折るのはツルの方が難しいけどもっ。 



明日から給食なので帰ってくるのは午後。





あーもー 待ちきれないよね! チマ吉くん!!


久しぶりに晴れたのでお散歩に出かけたらたんぽぽの綿毛〜。

お兄ちゃんまだかなーまだかなーっていいながら フーッ フーッ。

ほんとだねー。 お兄ちゃんおらんとほんまにチマ吉はやかまし…つまんないねぇ……。

いくら可愛くってもまだまだ三男坊じゃ役不足だものねー。

ようちえん始まっちゃうとそれはそれでお母ちゃんは忙しくっててんてこまいなんだけど…





えーい! もう始まってくれーい!!










護美箱でけた。 






入学式の次の日から雨つづき。




長男が小学校に行っている間


次男はぬりえ


三男坊は寝たり おっぱい飲んだり わさわさ動いたり


そしてお母ちゃんは産後初のあみもの。



ひさびさにどどん。






長男がハウスダストアレルギーで夜中によく鼻をかむので

ずっと作ってあげたかった 「護美箱」 。







ズビーッと鼻をかんだらここへポイ。


あったかい時には 

あー! 部屋全部掃除していらないもの捨てまくりたーい!

っていう衝動にかられておりましたが

また急に寒くなったから

一度しまったこたつを出してきて手仕事手仕事。


そうだ。

お隣さんとこに生まれた赤ちゃんに何か編んであげよう。 そうしよう。








ピッカピカのいっちねんせいっ 





大福屋のご長男はこの春からーーー……






ピッカピッカのいっちねんせいっ!











おまえはちがうっ!!





そんでどないしたんやそのカオ!!

あまりにも式が長くてつまんなかったため(チマ吉にとって)こんなカオです。

でかいし、スーツ着るってきかないしで、一年生に間違えられます。

もー…自分が主役だと本領発揮出来ないくせに

兄貴ばっかりスポットが当たる時はおもんないんよねー。

わかるけどねー。


入学式は結構長くて、教室でのお話も結構長くって、

荷物も三男坊も重くって

庭師も私もヘトヘトに疲れたんだけれど、本番は今日から。


実は昨晩、入学式の夜、

お母ちゃんがお風呂に入ってる間に事件があったそうな。


「おかあさーーーーんっ!!」


と、寝たと思ったはずの長男が泣きそうになりながらお母さんを呼んだそうな。

お父さんは、寝ぼけてるんかなと思いながら

「お母さんは今お風呂だよ。どうしたの。」

とベッドに行ってあげたそうな。

すると

「明日…どこの階段から登ったらいいのかわかんなくなっちゃったぁ…」

と、複雑な表情で我慢してた長男は結局うわーんと泣いたそうな。

翌日の為の小学校・脳内シュミレーション中にパニックになったんであろう…。

その後、一緒におふとんに入って

「大丈夫だよー。みんな同じ一年生ばっかりだからきっとわかるよー。
 
 わからなかったら聞けばいいんだよー。」
 
と、なだめてあげて一件落着だったそうなのですがお父さんだって小学校父兄の一年生。

急に心配になったよう。


そりゃあお母ちゃんだって初日ですもん、

そんな長男号泣の話を聞く前から色々と心配だったけど、

もう先回りして手を貸すのは息子の為にならんと思って信じて送り出そうと思ってたんですよ。



そしたら朝から完全にオロオロしているおっきい人がひとり……


お…おとーさーーーーーん。







朝ごはんのあと、学校から配布された交通安全の冊子を熟読して

さあいくぞ!とランドセルを背負った息子を抱きしめて

「本当に大丈夫? お母さんについてきてもらわなくてもいい?」

と、オロオロオロオロ。


おいこら。 

そんなに心配ならお父さんが行きなさいよ。 まだ会社行くまで時間あるやないですか。

近所のお兄ちゃんに一緒に行ってもらえるようにお願いしたんだから大丈夫だよ。

助けを促したらせっかく頑張ろうとしてる心が折れちゃうじゃないのよ。


そんなこんなで家族そろって一年生な朝でしたけれども、

送り出したらもう信じて待つしかないのですから。


もちろん、元気に帰ってきてくれましたよ。

「疲れたー!」 といいながら、でもどこか自信がついたような晴れやかな表情で。

お友達は出来なかったし、隣の子の名前も覚えてないらしいんだけど

休み時間にツルを折ったら先生がほめてくれたそうです。

長男の最大のコミュニケーションツール… 「ツル」

なんとも長男らしさ満開……


マイペースにがんばってくれてるようなのでお母さんもマイペースに見守ろう。



ピッカピッカの一年生、めいっぱい楽しんでっ!








コングラッチュレーション・メモ 





コングラッチュレーション。








大好きな友達の結婚が決まりました。



こんな色とりどりのトランスパレントみたいに 強くて繊細な女性。

ほんとに嬉しい。

おめでとう おめでとう おめでとう。


丁度彼女が入籍したというその日の夜に

庭師が 「夫婦仲良くやっていく秘訣は何?」 と。


寡黙な庭師から話題をふられるなんてめずらしい。


ちょっと考えて嫁談。


「(これまでにつけた知恵は)いっぱいあるんやけど、

 お互い、相手に理解してもらってるなんてことは思わないこと…かなぁ。」



庭師、笑う。



なんでわかってくれないの? なんでそんなこともわかんないの? って

話しても100%はわかりませんが、話さないともっとわかりませんので話し合うしかない。

相手を理解しているっていうことも思わない方がいい。

理解したいという気持ちだけあれば、受け入れることにつながると思うので

何年経っても個々の人間同士、尊重しあう姿勢で。

話し合いの結果別れることになったら、仲良くやっていく秘訣ってことにはならないけれど

その答えに行き着くまでに何度も何度も向き合ってきたのかっていうことなんではないか。
 


庭師談も聞いてみました。




「当たり前のものだと思わないことかな。」




初心忘れるべからず。

いつも家族へ感謝の気持ち。







コングラッチュレーション!!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。