大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

あっさりめの爆走兄弟 




栃木のじいじとばあばからもらったお小遣いで

ミニ四駆を買うんだ

オラ達をタミヤに連れてけ

って言うもんだから

散らかってるミニ四駆をなんとかしろ

ちゃんと片付ける方法を考えてから増やせ

と、お母ちゃん。


多少手助けしたにしても

キレイに片付けたもんだから仕方ない…。行くとするか。

すると長男、あとはお母さんの借りてきてるまんががいっぱいあるけど…

だって。

あっ!ごめんね。それは置いといて。(大人ってひどいでしょ。)



いつぶりだかわからないくらいにMナルドで腹ごしらえ。





春休みですね。



君は初めてだけどおにぎりあるからお茶だけね。






ごちそうさまと言った瞬間、タミヤへダッシュする爆走兄弟。

だけど残念、お目当のなんたらとなんたらはありませんでした。

お店の人に聞いてみる?とカウンターのところへ一緒に行くと

なんたらはありますか? と、長男。

こういうところ、小学生になってからの成長だなあと感心。

ちゃんとお店の人の顔を見てはっきりときけるんだもの。

でもでもやっぱり長男が欲しかったなんたらと次男が欲しかったなんたらも売り切れ中。

なんでも計画生産?中で、注文してもいつ届くかわからないんだとか。

じゃあ違うのでいいや。という爆走兄弟。

お母ちゃんさあ、何度かこういうとこみてきて聞き分けよくて助かるけど


え?ほんまに欲しかったん?!


て、なるよね。実際。


好きな女の子が出来た時はその辺もうちょっと頑張ってください。

しつこくても困るけど、もうちょっと粘ってみて?

気を惹きたいだけかもしれないのよ。

女の子って言葉通りじゃないからね。


なんてことを考えながらお母ちゃんが他のお店を見て回ってる間に

お会計まで済ませて待ってた爆走兄弟。

早く帰って組み立てたい〜!!

というので、お母ちゃんもまんがを買ってさっさと帰りました。



めでたし。








スポンサーサイト

春のトチギーノ 





大人の都合で予定が色々と変更されまして

小学生にとっては短すぎる春休みだというのに

突然三日間の予定が空いてしまった!



突然突撃トチギーノーーー!!

お邪魔しまーす!!


いつもGWに帰っているのでこの時期に帰るのは初めてかな?

つくしつくしつくし♡

ごま油とお醤油で食べてみたよ春の味。





案外お山には生えてないつくし。

田んぼの周りにはたくさん…のイメージだったけど

結局除草剤を撒いてあるところがほとんどのようで

おじいちゃんおばあちゃんが持ってる田んぼのところにしか生えていませんでした。


久しぶりのつくしにお母ちゃんのテンションがあがるあがる!

気づけばいつの間にか夢中にとっているのは子どもたち。

木の実拾いも山菜採りも人間のDNAに組み込まれてるんだから

夢中にならない子どもたちなんていません! 大人もね!



お天気が良かったので河原にも遊びに行きました。

本当に栃木の空は広い〜。 山が遠い〜。 気持ちが良い〜。


まろにっ はようまろにみかんをおくれてたも。





おばあちゃんが休憩しましょとおみかんを取り出した途端群がる男子……

見事にこの春からもうひとり参戦しとるわ。

食べ物に興味のない子は私からは生まれてこなかったな〜困ったな〜…アハハ。


いつものことだけどものすっごい食べた三日間でした。

たくさんたくさんおいしいもの、ごちそうさまでした。



最後に珍事件。


「迷インコ」





飼われていたインコが脱走して野生化しているものと思われるが

庭師の手にマヨインコ。


ほら。





かなり迷ってる。


春ですね。










チマの春休み 






テレビが断捨離されてから

本をよく読むようになったという朗報をお伝えしましたが

もうひとついい変化。


みんなお手伝いをよくしてくれるようになりました。

ぐちゃぐちゃでもいいのでお洗濯をたたんでもらって

お布団もしいてもらって

何度かやるうちに上達して。

お母ちゃんも楽ちん。



と、ここまでは素敵な良い話。








しかしだな



もともとお手伝い好きのチマは

とにもかくにもお料理が手伝いたくてしょうがない。

もともと食いしん坊ばんざいのチマは

おかし作りがやりたくてしょうがない。


やらせてあげたい…やらせてあげたいのだが…これも育児あるある……

気持ちの余裕と時間の余裕がないと料理のお手伝いってさせてあげれない…

料理のお手伝いだけは材料も無駄にしたくないし

「ぐちゃぐちゃになってもいいわ」、とは思えない作業でございますよ。


だけどテレビもない… だけど春休み… 読書だけではさすがに1日もたない…

まだ小学生の兄貴は学校に行かないといけないので


チマ・ヒマ!

CHI MA - HI MA!!


チマヒマなんは重々承知してるんやけども


毎食はムリ!!


ごめんね。

ムリムリ。

いやいや、結構手先も器用になったし

お手伝い自体はちょこちょこ手をかしてやれば前ほどえらいことにはならへんねやけども




チマ、めっちゃ喋るねん。




ペラペラペラペラ…… 上沼恵美子師匠か。

もうテレビないから師匠のトークも見られへんわ。


チマのおしゃべりクッキングはひたすら忍耐を要するため

1日に1回が限度でございます…

く…苦行…



そんなこんなで今日もおしゃべりクッキングという名の母の修行。



チマの型抜きクッキー!!イェーイ!!





おしゃれなチマは料理の時も首元のおしゃれを忘れません!

(※兄の手作りポンポンマフラー)



急だけどトチギーノすることになったのでおみやげ用に。






味見は最小限にとどめて

おじいちゃんおばあちゃん、チマクッキー持って帰るから楽しみにしててね〜!

チマがたくさんお話しに行きますよ〜!

ぎゃ〜!




……っと、ここまで書いて

もうチマじゃなくてチョロていうてたんやったって気づきました。

チマチョロチマチョロ〜。









大福家族インタビュウ 





1月に 移住&地域おこしフェア に行った様子が


JOINのHP にアップされていました。



センターを務めるまろがモッツァレラチーズみたいでオモロです。

とろけてベビーカーから落ちそうやねんけど。







みんなのランドセルをパシャリ 








先日、スタヂオ広報担当の庭師に(最後に庭師をつけるとやっぱりよくわからない)

大福スタヂオのギャラリー ページを作ってもらってウハウハなお母ちゃんです。







こちらはMちゃんのランドセル記念撮影より。




撮影するまでには

スタヂオのセットと合わせてどういう風に撮ろうかなあとイメトレイメトレ……

イメトレまでは家事育児と並行でできますが

イメージが固まってきたら練習練習。



現役小学生の長男に付き合ってもらいました。






ふざけるけど。

ありがとう。



準備すること、反省点を次回に生かすこと。

「予習、復習」って、中学生のころに繰り返し言われた事だけど

勉強の内容のことではないんだよ、と知るのは大人になってから…。ヒー。



さてさて来週は久しぶりのマタニティ撮影!

また脳内イメージを妊婦さんモードになおしまーす!

桜が咲くといいな。








オットカット 





Have a break, have a ....





オットカット!










年明けくらいに節約&自分スキル向上のため、

オットにカットしてもらう事に。



1度めは和田アキ子風。

2度目の今回は



日村風。



一回目よりも格段に上達しているオット!

子どもたちももちろんオットカット…チチカット……チチカカ湖。


オットをカットするのはオットなので、オットオット言うてます。





ああ日村風になったら言葉遊びが止まらんな。











ネコ型ロボット風な小さなおじさん 





いやーやまださんこんにちはー

今日はほんまにええ天気ですねえ。

え?

いやあもう昨日も午前様でお母ちゃんに大目玉ですわっはっは。

酒だけはやめられませんでなぁっはっは。






え?

パジャマ?

ええでしょこれ。

後ろ向くとほら、あれですわあれ。

ネコ型ロボットのあれですわ。







え?

ふわふわ?

まあ茶目っ気あってよろしいんちゃいますぅわっはっは。


え?

うわっはっはっは。

そらあきまへんわ やまださん!

そらあきまへんって!!

うわっはっはっは!!






あーもう

やまださんてほんまおもろいですねぇ。



よっこいしょっと。





ほな そろそろ行きますわ。

どこで油売ってたんやーいうてまたお母ちゃんに怒られますさかいにぃひゃっはっは。



あれ あれれ

まだ酒のこってんのかな

まっすぐあるけへんぞ






おっとっととぉっほわっはっは。







パンとタルトと。 





朝起きて

天気予報をチェックして

今日はあったかい日だなとふんだら



発酵日和!!

朝ごはん作る前に捏ねちゃおう!!







こだまちゃん使い切りたいのでまだまだこだまちゃん。

発酵はいつもよりも上手くいったけどナッツ類がまだまだ上手く混ぜれません。

均等にバラつかないでものすごく不平等なパン……

ごめんなさーい。



最近がんばってる男子ーズのためにイチゴタルトを。






美味しいイチゴをたくさんいただいたので

作りたい作りたいと思って朝を迎えること数回…。

イチゴ、腐るかと思ったよもー…。

育児あるあるですけれど

まろの寝かしつけで寝落ちする日々でやりたいことがなかなか進みません。


全粒粉がなかったのでタルト生地には糠を混ぜて

水切り豆腐が冷蔵庫にあったのでお豆腐クリームであっさりさっぱり。

スウィーツ初心者なのでもたもたと作りましたが

なんてったってイチゴが乗ってるビジュアルに男子ーズは釘付け。


やっぱり一瞬の出来事だったので大きなタルト型買っちゃおうかな。










まろはブーブが好きなのじゃ。 





1歳と2ヶ月のプー社長。

最近はぼんやり坊やにも意志が見られ

「まろ」と呼ばれています。



はようまろをだっこせい。

はようまろのおくちにおくれい。

はようまろにおぱいをくれい。



猫可愛がりされているのでこんなんなんかな。

のそのそもそもそ動いて

気づいたら他のお母さんのお膝にとすんと座ったりして

有難いことにいつでもどこでもまろは愛でてもらっています。



そんなまろが夢中なおもちゃ、

トミカ。






我が家は3兄弟とも見事に電車よりも車派。

遊び方がもう長男そっくり。


ごろんと寝ころんでタイヤがまわるのをじーーーーっと眺めたり

遊ぶっていうか研究している。


「まろはな、このまぁーるいのんをけんきゅうするのじゃ。」


男子って集中力すごいんやなあと思っていたら

大福家の特色のよう。

外見も中身も

みんなそれぞれの個性を持ちあわせつつ

共通項があっておもしろいのじゃ。


いつかお母ちゃんがごはんだよと言っても誰も集合しなくなるのであろうな。

ほんでそのうちどっかーんでゲーム機メッキョー!!か漫画ビリーーーッ!!ってなるんやわ。

ああ、スマホ、バッキーーーーっていうのもあるかもしれんな。





……実家の父が兄たちのファミコンを踏み潰してたのを思い出しました。




いろいろと怖いDNA。

ミトコンドリアの螺旋のように歴史は繰り返されるのであるのであるのじゃ。



ヒィー。







読書習慣 






断捨離男爵こと我が夫、庭師。

別名、匠。


もうなんでもええけど(ええんかい)

男爵が退職してから早速ポイしたものが


おテレビ。


噂で聞く通り、

おテレビが無くなると

子どもたちが本を読む時間が長くなりました。



追いつけ追い越せお兄ちゃんのチョロも

もうスラスラと1人で読むようになってしまって

男子の王道、ゾロリシリーズが大好き。








お友達に借りてきたばかりのドラえもんとコナンに夢中の図。







「家で本ばっかり読んでないで外で遊んでこーい!!」


と、男爵お父さんや癇癪お母さんにドヤされることもしばしばですが

これが逆でも


「外でばっかり遊んでないでたまには本でも読みなさーい!!」


って怒られるんだろうな。

親ってつくづく勝手だな。笑

ロボットを育ててるわけじゃないのに全部バランスよくなんて望んでしまってね。

あーやだやだもー。



いや、お母さんは知ってるんだけどさ、

チョロがしつこく外に誘ってもお兄ちゃんが行きたがらないんだよね。

そういう時に折れて相手に合わせるのってチョロだよね。


本当にある意味マイペースで曲げないよね。兄は。

行きたくないっつたら行きたくないし

やりたくないっつったらやらないね。



とにかくおテレビが無いんだから

漫画でも本でもたくさんたくさん読んだらいいさ。



図書館がもうちょっと近ければいいんだけどなー。






1年生のまとめ  




第一子にはついつい多くを求めがち。

ついつい良いところよりも頑張って欲しいところに目がいってしまう。


けど、

初めての小学校生活、

初めてのことがたくさんの一年間、

出来るようになったこと、本当にたくさんあったよね。


本読みが上手になったし

ついこないだの宿題の作文では字が上手になっていることに

本当に驚いた。





チマチマ作業が好きなお兄ちゃんのことだから

大きなマス目に書くよりも

少し小さめのマス目の方がバランスが取りやすいんだろうな。


図工で作った夢のおうち。





すべり台がたくさん付いていて、エレベーターもあって、

とっても大きな時計付きの夢のおうち。

絵を描くのはあんまり好きじゃないけど工作はずっと好き。

プー社長が生まれてからは

なかなかのびのびと工作させてあげるスペースが取れずに申し訳ないけれど、

本当は伸ばしてあげたいところ。


ミニ四駆いじりが大好きになったし

結構難しいガンプラを1人で組み立てれるようになった。

漫画も本もよく読むようになった。


やってみたい!と習い始めたダンスは残念ながら2月でやめてしまった。


お父さんとお母さんはもう少し外で遊んで欲しいと思っているけれど

人付き合いや学校生活でのストレスの発散方法を自分で選んでいるのだから

お母さんが出る幕ではないのかもと思う。



昨日は小学校が早く終わる日だったので

長男の幼稚園の同級生のお友達のおうちに行く約束をしていた。

ところが、家でお留守番をすると頑なに行きたがらない長男。

私は久しぶりにみんなに会いたかったので下の2人だけを連れて行くことに。


夕方、家に帰ると長男が坂道で描いたという写生画が。





寂しくなって外で絵を描いていたそう。


そういえば少し前まで昆虫の図鑑作りに没頭していたっけ。

チマチマと観察したり書き写すのも好きなんだな。

真性チマ吉はお兄ちゃんの方でしたな。



初めてのことばかりだった一年間

本当によく頑張ったね。

お留守番だってそう、一年生になってから平気になった。



春休みはどこかへ写生しに行こうかな。

大きなおにぎりのお弁当持って。











スコーンと巣と酢 







今日から幼稚園は春休みです。

春休みなのにおやつが何にも無いということで

紫芋のスコーンを焼きました。

紫というよりは桜色に焼きあがって春らしい。




デーツとアーモンドも入れて贅沢仕様。






もちろん今日もブリキオーブンで。



焼いてる途中に社長出勤してきたプーちゃん。

お母さんの「おいで〜♡だっこしよっか〜♡」をスルーして



吸い込まれるように巣へ。









大分とその場所がお気に召されたようですね。


あーっと。 それお酢ーーーー。 やめてーーーー。







それにしても社長のミッフィーパジャマがかわいすぎてツボです。

つい着せちゃう……






はじまりとおわり。 





もうすぐ年長さんが卒園してしまいます。

長男が年長の時には年中さんで長くお世話になったので

本当に寂しいし終わってほしく無いという気持ち。

自分が年長母の時には清々しい気持ちで涙なんてこれっぽっちも出てこなかったのに

送り出す側、残される側というのは切ないものです。

つくづく竹の子という世界は不思議。

子どものためにというよりは自分のために日々走り回って

部室に入り浸っていた学生の頃みたいに幼稚園の二階に居座って

今年度の「おわり」を惜しんでいます。


次男坊の幼稚園生活もあと1年なのだなと思うと全てがあっという間。

今後息子たちが思春期を迎えて荒れ狂っても

第1七年期に悔いは無いぜと言えそうなくらい

(こんなこと書いたら先輩母さんに「甘い!」ってドヤされそうや…)

子どもたちのことで埋め尽くされる日々になるでしょう。


え?!三男坊?!どうでしょうね…

いや、横浜におるんかおらんのかもわからんわ。



話は変わって。

お友達が

「春になったら竹の子に体験入会で行ってみようと思うんだけど」

と言ってくれていて、

竹の子に初めて体験入会した日のことはどんなんだったけなと思い出していました。


私も春に初めてお山を登りました。

引っ越しを決めたばかりで

何か大倉山の記念館でやっている子どもたちが遊べるサークルみたいなのは無いかなと探して

インターネットで竹の子を見つけて

新丸子から電車に乗って

長男は覚束ない足取りで歩いていて、次男はまだお腹の中でした。


お山で迎えてくれたのは窓口係りのM先生だったと思います。


「毎日大変でしょう。来るだけでも大変よ〜。ほんと、ママえらい。」


危うく泣きそうになってしまってこらえたこと。

今思い出しても泣けそうな

ああ誰かに言って欲しかったんだなと思ったこと。

本当はものすごく大変なのに誰にも認められないこと、

一番理解してほしい夫には見えないこと伝わらないことに

たくさんのお母さんが打ちひしがれていると思います。


でもうわべじゃなくて心からの「大変ね、えらいね」は

お母さんになった人じゃないと言えないことなんですよね。

同じように夫の仕事の大変さはわからないので

心を込めてちゃんと「おつかれさま」と言うことは難しいことです。


竹の子の教師以外のサポートの先生はみんな竹の子卒園生のお母さんなので

いつもサポートの先生たちの「大変ね、おつかれさま。」の笑顔には

「先生!」というよりは「先輩!」という気持ちで泣きそうになってしまうのです。


長男が一年生になった今も、お山に行けば笑顔で迎えてくれるM先生、

きっとたくさんのお母さんの心のオアシスなのではと思います。



はじまりとおわり。

暖かくなると

人は少し開放的になる。

外に出る。

外に出てみると 

何かに出会う。

出会ってしまうと 

いつかはさようならと言わなければいけないけれど


「無常」


最近お坊さんの漫画を借りたので浮かんでしまう言葉なのでした。









ブリキオーブンがやってきた 





やっぱり流れがきているようで

先日近くの公園で知り合った素敵お母さんに


うちオーブンがなくってオーブントースターで頑張ってるんやけど

一回にちょっとずつしか焼けへんねんションボリ。


と、つぶやいたところ。




どどん。







もろた。



なんでも彼女が海外でパン作りにハマった時に使っていたという思い出話つき。

ガスコンロの上にどっかんとのせて使う…日本では天火オーブン?というのかな?

いやもうビジュアルが好きすぎて

見せてもらって1秒で娘さんを僕にください!!っていうてもうた。

何このチープでロボな箱!!めっちゃかわいいやん!!ください!!ありがとう!!



焼くぞ焼くぞ〜!こいつでパンを焼くんだぞ〜!

まずはお掃除してからの〜 しまう場所を作ってからの〜…



こらこらこら。





随分と収まりがよろしいのですけれど

そこプーさんのおうちにされちゃうとブリキオーブンさんが行き場所失っちゃう。



さあさあ!

作ろう!

流れきてますね!







大福屋、春のパン祭り 





先日、ベテラン竹の子母さんから教わった

ホシノ天然酵母のパン作り。



たまたま家には白神こだま酵母があったので

こちらのパンは白神こだま。







オーブントースターで頑張ってます!


こだまちゃんが終わったらホシノデビューするぞー。

ホシノさんはお砂糖とか入れなくてもほんのり甘くてほんとに美味しい!

けど、

こだまちゃんに比べてご機嫌次第…お天気で発酵具合が大分違うみたい。

生きてるんですねぇ……


頑張ってこねて前日から発酵させても家族5人、一瞬の出来事です。

おやつにあんぱんとチーズパンも作ってみたんだけれどやっぱり一瞬の出来事。

おいしいおいしいといって食べてくれるけど

関西人のお母ちゃんにはイマイチ物足りないリアクション。

結局自分で作って自分が一番でかいリアクション。


こんなにうまいのに!!

もう自画自賛!!


大福家の男子ーズのみなさま、

焼きたて天然酵母の手ごねパンには

ちょっとイラッとするくらい、青空レストランの宮川大輔くらい、

ここ一番の「うまい!」を、おねがいします。













ねずみライオン 






ねずみのようなライオンさん。












でっかいまえばでチュー!!ガオー!!








出産祝いに頂いていたこのお洋服。

着せて10分くらい、かわいすぎて身悶えました。



そうそう、こちらのねずみライオンさん、

少し歩けるようになったんですよー。

一歩二歩と数えて、誰よりも喜んでいるのはチョロ吉なんですよー。


父も母も

「歩かなくて良いよぅ〜。ゆっくり大きくなりなよぅ〜。」

と 言うばかり。









終着駅は「太白ごま油」 





30過ぎて

三度の出産を経て

お肌もすっかり乾燥肌の曲がり角……


で、


いろんな人に聞いたり教えてもらったり

高すぎちゃ困る。不自然なものも困る。手間がかかるのも困る。手に入りにくいのも困る。

長い間オイル難民だったお母ちゃんは

さまよってさまよってさまよって


「太白ごま油」
 

で、落ち着きました。


食用です。700円くらいで800mlくらい。

現在食用の太白ごま油の瓶がどーんと風呂場においてある状況で

おそらく奇妙な光景です。



メイクをこれで落として洗顔せっけんはつかわずお湯でジャジャッとすすぎ

割とテカテカしたままお風呂からあがります。

タオルで普通にぽんぽんとふいてそのあとは何もつけません。


で、今季はこなふきたろうになりませんでしたっ!

一日中ほっぺたとかピリピリしない!

図らずしも時短!

プルプル!!



あとはなるべくすっぴんですごして

お湯でパシャパシャってするだけの日も増やしました。


とにかくとにかく油が必要なんだから…と、石鹸は使わないようにしました。


食用のオイルではオリーブオイルやココナツオイルも試しましたが

乾燥する冬場は太白ごま油が一番合いました。無臭なところも。

(夏場はサラサラしたココナツオイルでも良さそうです。)


匂いやオイリー具合もあるけれど

我が家の風呂場においておくとオリーブオイルもココナツオイルも寒すぎて凝固してしまうので

ごま油が良かったというかごま油しか生きのこらなかったっていうか…。


どどん。





こんな具合。


寒い時期、誰も石鹸を使わなくなりましたが

それでも肌の弱い長男は時々カサついて痒そうです。

本当は冬なんて足湯だけにして、お風呂も三日に一回くらいでいいんだろうな。

三男坊なんて生まれてから一度も石鹸を使ってない気がするけど

お金も手間もかからなくてつるつるなんだからこのままでいいや〜。

ベビー用のボディソープを買ってせっかくの赤ちゃんの油を落とし、

ベビー用スキンケア用品を買って保湿してたなんて、

なんて無駄なことに時間と手間をかけていたんだろうと思います。



子育てをしてこの家に住み始めて

色んな固定観念に縛られた消費活動の輪っかから抜け出したいともがきはじめて

夫婦でひとつひとつ吟味してそぎ落としていく作業は

楽しいです。

ひとつそぎ落とせばどれくらい働かずに済むか考えて。


おそらく私がパートで稼げるお金は1時間に1000円くらい。

お化粧品は特別な時の為に少しだけ持って。

基礎化粧品はもういらないから買わない。

…うーん。

1日くらいは働かずに済むんやない?


ほら。

そしたら一冊好きな本が買えるかも。

本を読む時間もできるかも。



ああ、ありがとう、「太白ごま油」さん♡













コピーピートイレット 





お久しぶりの



登場!!






ディヤ!! ビフォア!!











アフタアアア!!








匠、休職中の求職中のうんぬんかんぬんで

一階のトイレをリフォーム!!


「見てみて! コピーピーみたいになった!!」


っていうから

あ、コピーピーって新丸子にある美味しいタイ料理やさんなんですけどね、

見てみたらほんまにコピーピーで


「ほんまや!コピーピーやん!!」


っていうたんですけど




アレ


アレレ



オチないなー。

この話オチひんなー。



みなさん、大福屋のコピーピートイレットを見に遊びに来てくださいね。



あーもー

オチないと「関西人のくせに」って匠に怒られるねんけどなー

弱ったなー


これにて「コピーピートイレット」おしまいでーす。




















ぼくのたからものは 





暖かな日差し

まだ冷たい風

お庭の梅はもう散って

急に身長を伸ばし始めたチューリップ

どんどん膨らむ木蓮のつぼみたち




もうすぐもうすぐ


もうすぐ春です。







今日、お出かけの帰りに素敵な黒い石を拾ったチョロ吉くん。

たからものにしようかなってかわいいことを言うもんだから


「お母さんのたからもの何か知ってる?」


って、コショコショ話で聞いてみた。


「お母さんのたからものはほーちゃん(チョロのこと)だよ。」


って、言い終わる前に


「ほーちゃんでしょ?」


って、自分のことを指しながらかぶせて言うてきよったから



ちっともかわいくねーな。 …って思った。(コラ)



ちょっと歩いて立ち止まって今度はチョロが聞いてきた。


「お母さん、ほーちゃんのたからもの何か知ってる?ウフフ…」


お?

お返しにほーちゃんのたからものはお母さんだよって言ってくれるんかなと思いつつも


「うーん。わからないなあ…。わかった!今日拾った綺麗な石でしょう?」


って、すっとぼけたふりしてみたら




「ううん!ちがうよ! お金!!!!」




って、返ってきたから

やっぱりちっともかわいくねーわ。…って、思った。(コラコラ)



チョロ吉改め銭ゲバにしてやろうかこのやろう。




春はもうすぐ。

銭ゲバ……次男坊はもうすぐ年長さんになります。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。