大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

いちごがすごい。 





いやもう

ほんとに




いちごがすごい。








家庭菜園でこんなにすずなりになるんだねっていうくらい すごい。

庭師が百姓してるので嫁は食べるだけだから簡単なのだけど。

苗を植えたり種をまいてたくさん食べられるようになるまでは数年かかる。

でも、植えた年に「だめだったねー」と諦めないで

ほんっっっとに放っておくと、その土地に合わせて植物は順応してどんどん強くなっていく。

最初は色んな虫がついて全滅したかのようなイチゴさんだったのだけど

今年は葉っぱの生命力がすごい。

虫もいない。

大きな大きないちごが重さに耐えきれずに地面についてしまって

それに寄ってくるアリさんはたくさん見つけたけれど

葉っぱを食べてる虫が全然見当たらない。


すごいっ! 小さな小さな大福畑でも自然農法できとるー!!

そして感動的に甘い!!




ふと思い出す竹の子流いただきますのことば。

以前にも書いたことがあったと思うけれど。


「このたべものは つちからうまれました 
 
 おひさまが そだてました

 みずが そだてました

 つちさん、みずさん、おひさま、

 どうもありがとうございます

 いただきます」



そうそう、いちごに関してはみつばちさんが欠かせない!

みつばちさんも 

どうもありがとうございます。

いただきます。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://vnvnvn.blog.fc2.com/tb.php/1017-bd0145a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。