大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

疑いぶかいヒトと燃えてきたヒト 







日曜日、

ようちえんの超絶おしゃれで器用なママ友が

代官山の手作りイベントで出展するというので遊びに行ってきました。



5年以上訪れていなかった代官山は

おそろしくおしゃれな街でオロオロ。



メインの手作りイベントも超絶おしゃれでクラクラしておなかもすいて

イベントをやっていた建物の中にあるカフェに行くことに。

絵本がたくさん置いてあり、

サンドイッチもいちいち素材にこだわっており、

とてもとても美味でした。



ふと、

一緒に行ったお友達がチョロ吉が読んでる絵本のタイトル見てみなというので

のぞいてみると







すーきーだーよーーーーー



ものすごーく



すーきーだーよーーーーーー




さて、おうちで仕事中のお父さんにもおしゃれなおみやげでも…と振り返ると

長男の目が飛び出そうなくらいくぼんでいたので

さっさと大倉山に戻ることにしました。

人がいっぱい、大都会、疲れるよね。

お付き合いしてくれてありがとね。

お母ちゃんは久しぶりにおしゃれなとこを見て、うろうろして、楽しかったよ。



日付はかわって、昨日の夜の8時ごろ。

ふとんの上でゴロゴロとじゃれあってもうねるよーと電気を消したところ

ぐるんと背中を丸めてふとんに突っ伏したチョロさん。







「燃えてきたーーーーー!!!!」







いやいや、なんでやねん。

もう寝ろって。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://vnvnvn.blog.fc2.com/tb.php/1024-f9f1151b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。