大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

夏休みダネ!フィーバー祭! 





小学生も夏休みが始まって

お母ちゃんも張り切っていたところ


末っ子がフィーバー。

その日のうちに長男がフィーバー。


翌朝、

次男がひとり元気でやっかいだなどうしようかなと思っていたら

次男もフィーバー。


3人が同時にフィーバーっていうパターンは初めてだけど

みんな寝込んでくれると楽といえば楽。

「看病」の1日にできるもんね。


みんな、ちょっと熱いかなと思ってから一気に39度超えて一気にやっつけた模様。

一番体力のない長男が一番苦戦した様子だったけれども

途中うえんうえん吐いたり唸ったり泣いたりしながらも

「遠くのものが近くに見えるよぉおおおお」

と言って泣いてお母ちゃんさすがに心配したけれども

フィーバーした順に回復に向かう。


今は最後にフィーバーした次男がもうちょっとで平熱というところ。


みんな同じ敵だったと思うのだけれど

やっぱり末っ子は強い。

次男は二重になるものの熱が上がる分おとなしくなるだけでかわいらしい。


厄介だったのは長男。

なんせ痛みに弱い。

寝室から聴こえてくるしくめそしくめそ…妖怪のような声。

あだまがいだいーーーきぼぢわるいーーーボエーボエーボエー。

最後には そんだけ喋れたら大丈夫や。寝とけ。と言われてしまう始末。(ヒドイ)

もともとの「からだ」の「ちから」が他の2人よりも細いんだろかな。



そんなこんなで昨晩は看病と授乳で細切れ睡眠だったのだけど

朝は長男の「おなかすいた」の声で起床。

熱も下がってる。


お腹が空いたならもうちょっとで全快だ。






2年前の大福梅干しでおかゆ。

1日絶食状態だったから少しづつね。


次男も早く回復しますように。

これでようやく夏の準備が整ったかな。


フィー!

お母ちゃんおつかれ!!












関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://vnvnvn.blog.fc2.com/tb.php/1032-f1df2a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。