大福屋物語

ある家族が大倉山に越してきて、喫茶店を開く予定…が脱線中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ボウズ3兄弟 





夏休み直前

ようちえんの先生が突然

「下の2人にも坊主人形をこさえてあげなさい」

と、おっしゃったので…



どどん。







こさえました。



久しぶりの針仕事は進まなくって進まなくって。

それでも竹の子の先生が突然つぶやく助言というかお告げというか…は、

その時はピンとこなくてもあとでじわじわ効いてくるので

何が何でも実行してみるのです。

なぜ今?!坊主人形!?

なんてことは教えてもらえません。自分で考えること。

お母さんは全て直感の世界。

先生たちからは経験と直感からのヒントをいただいて。



そしてボウズ3兄弟、並べてみました。

長男、ああ、あったねと懐かしむ。

次男、自分のためのものだから喜ぶけれど遊びはしない。

三男、興味もない。



それでも作ります。考えます。



わたしのためだったのかな。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://vnvnvn.blog.fc2.com/tb.php/1034-447cd20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。